FC2ブログ

今日ボクが見た風景

女性7人レイプ犯「織原城二」の正体

Category: ブログ  
ルーシーブラックマン事件の真相


ルーシーさん含む、女性7人レイプ犯「織原城二」の正体





ルーシーさんら女性を乱暴し、1名を殺害した織原城二被告
マスコミがこの事件に報道規制をかけるのには理由があります




イギリス人女性、ルーシーブラックマンさん殺害事件の真相
 平成13年2月、当時行方不明だったイギリス人女性「ルーシーブラックマンさん(21歳)」の遺体が神奈川県三浦市で発見され、この女性を殺害したとして、貸しビル会社代表織原城二容疑者が、準強姦致死と死体損壊、遺棄の疑いで逮捕されました。
 報道によると織原被告は平成12年7月、この英国人女性を誘い出し、神奈川県逗子市の所有マンションで薬物入りの飲み物を飲ませて強姦し、薬物中毒で死亡させ、その後遺体を切断、同市の洞窟に遺棄したとされています。
  マスコミは当初、織原容疑者の所有する高級リゾートマンションにヘリコプターを飛ばしたり、連日ワイドショーで取り上げるなど、過熱的にこの事件を取り扱いますが、彼が元在日韓国人=「金聖鐘」(キム・スンジョン)と分かってからは突如報道が鎮静化に向かいます。
 2004年12月10日と05年5月25日に、被害者ルーシーさんの殺害及び、被害者を含む7名の女性に対する婦女暴行、準婦女暴行容疑事件の公判が行われ、ルーシーブラックマンさんの父親(ティム・ブラックマン)さんも来日しました。

 裁判傍聴のため、ティムさんが来日した2004年12月10日の公判ではイギリス、アメリカで大きく報じられたのにも関わらず、日本では、すべてのテレビ局が報道することを自粛しています





 このように朝鮮半島や、「在日」及び「韓国・朝鮮人」のイメージ悪化につながる報道には
大きな制限・規制がかけられたり、場合によっては事件を全く報道しないことがあるため、
国民の多くは事実を知らないことが多く、これらの事実ですら、わずかに伝わってきた
情報から偶然判明したものだけなのです。.



ルーシーさん事件は氷山の一角


日本国内で強姦事件を起こし、検挙される多くの韓国・朝鮮人。
しかし、これらがテレビで報道されることはほとんど有りません。



目白通り沿いの連続婦女暴行事件では19人の女性が強姦された後、
防犯カメラに映った犯人の姿が大きく報道され、テレビでも特集が組まれました。
しかし、韓国人の「宋治悦」が逮捕された途端、マスコミはこの事件に一切触れなくなりました。




「金允植」という韓国人は韓国で強姦事件を犯して指名手配され日本に逃げてきました。
しかし、マスコミはこの事実を知っていながら『日韓友好』に配慮し、一切報じま

せんでした。

強姦される女性たちを見殺しにしたのです。

金允植が逮捕されたのは、約2年間で80人以上の女性が強姦された後でした。
しかも、「金允植の逮捕」を報道したのは『産経新聞のみ』だったのです。



2006年夏、大阪で逮捕された韓国人「金平和」容疑者は、一人暮らしの女性宅の
窓ガラスを破って侵入し、帰宅した女性を強姦しました。そして乱暴後、手足を縛ったまま


大型のバッグに閉じ込めて自宅に持ち運び、2日間強姦を繰り返しました。


DNA鑑定から、30名以上の女性が被害に遭っていることが分かりました。

性的暴行は女性にとって命を奪われるようなものです。

しかし事実を報道したテレビ局は『日本テレビ』と『ABC放送』のみだったのです。


『NHK』では「山元平和(やまもとひらかず)」と別の名前で報道し、韓国人であることを隠しました。


同様に『読売新聞』『朝日新聞』『毎日新聞』の大手新聞社でも韓国人であることを隠しました。


犯罪者が「在日」や「韓国人」であることが分かると、
日本のメディアは事実を隠そうとするのです。



関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク