FC2ブログ

今日ボクが見た風景

裏社会を知る

Category: 日本国民の心得  

大韓航空テロ爆破事件、長崎市長殺人事件、英国人女性殺人事件、皆共通してますよ。

ぜひ、暴力団、テロ対策をお願いしたい。

やくざの6割を同和関係者3割を在日韓国・朝鮮人が占めている

北朝鮮や、中共などの闇の国家テロに繋がっている。
暴力団を使った、暴力団殺人実行犯の証拠隠滅作戦

「日本人は死んでも良い。」と平気で言う若者達を「反日教育で育てている国々」がある事を忘れてはならない。
必ず米国内や、インターネットで日本人の事を「JAP」と呼ぶマナーの悪いアジア人、彼等の「日本人叩き」は執拗で気味が悪い程だ。



暴力団は凶器で民間人を恐喝、暴行、殺害する国家テロである。
米国同様、国家情報機関を通じて徹底的に追求し、撲滅しなくてはならない
政界の要人、在日大使館職員、在日外国人、青少年が巻き込まれ、殺害に到るケースが、増加している。
特に九州福岡、神戸、京都、大阪、青森、北海道で東京都にて多発。

青少年、外国人は夜の外出等には十分注意
が必要である。

日本は、今や隣国テロで安全ではない

国家テロ対策として、容疑者、暴力団体はブラックリストとして厳しい措置、
国外出国禁止または、強制送還再入国禁止措置をとり、
世界のG8情報機関と資料交換、連携
すべし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・

日本を知るには裏社会を知る必要が有る

公安調査庁調査第二部長講演(東京・外国特派員協会)

 東京(10月19日)―元公安調査庁調査第二部長が、19日、外国特派員協会で講演し、やくざ(暴力団構成員)が単なる犯罪組織にとどまらず、日本の政治経済と密接にかかわってきた歴史や現状について語った。
「やくざの活動と、日本の表の活動である政治、経済、外交は、複雑な絡まり合いのなかで運営されているのが現状。日本の本当の姿を知るためには、裏社会の問題について十分な知識がないと正確な分析はできない」と述べたたうえで、
日本の裏社会の構成要素として「やくざ・同和・在日」の3つを挙げた。また、やくざの6割を同和関係者、3割を在日韓国・朝鮮人が占めていると明らかにした。
 警察白書(平成17年版)によると、暴力団構成員・準構成員の総数は96年以降増加傾向にあり、その数は8万7千人にのぼる。山口組、稲川会、住吉会の主要3団体で構成員総数の7割を占めるなど寡占化が進んでおり、最大規模の山口組の収入は大企業に匹敵する。5代目山口組・渡辺組長の時代には、当時のトヨタ自動車の純益が1兆円だったのに対し、山口組は8000億円の収入を得ていたという。
92年に「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」、いわゆる「
暴力団対策法」が制定されたことにより、賭博、覚せい剤、競馬・競輪からの収入など伝統的な収入源が「完全に絶たれた」。その結果、近年はその経済活動が巧妙になっており、ITベンチャーから産業廃棄物処理事業まで一般企業に活動の場を広げていると言う。
また、暴力団対策法はFBIがマフィアを撲滅した例をもとに「日本に機械的に適用」したもので、法律施行後は、山口組のように全構成員に警察との接触を禁止する組も出てきており、「警察がやくざの問題について、ほとんどわからなくなってしまった」実態を明らかにした。
暴力団が日本の社会に浸透している背景について、「やくざは日本の文化の一端を担ってきた組織。神社のお祭り、相撲、芸能界といったものはやくざと渾然一体となって日本の社会で育ってきた」ことや、「トラブルシューターとしてだけではなく様々な仕事ができるやくざを、日本の社会は必要としてきた」ことを要因として挙げた。
公安調査庁は、設置当初、共産主義勢力を調査するのが主たる目的だったが、共産主義運動の衰退やオウム事件の機に、仕事の重心が国内の治安維持に移ってきた。その結果、対外情報機関としての能力は低下したことについては、「北朝鮮問題や拉致について、第一次情報を持っているのは外務省でも警察でもなく、公安調査庁」と述べ、対外情報機関としての存在意義を主張する。
また、外国による諜報活動に対抗する日本のカウンターインテリジェンス(対工作防衛)について問われた「日本はスパイ天国。脆弱なんてものじゃない、何もない」と指摘し、日本の伝統的な縦割り行政・セクショナリズムや法律の不備がその背景にあると述べた。


2006年10月19日.プレスクラブ

関連記事

Comments

« »

06 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク