FC2ブログ

今日ボクが見た風景

中国人の遺伝子中「統合失調症起こしやすい部分」確認=米中研究者

Category: 中国  

中国人の遺伝子中「統合失調症起こしやすい部分」確認=米中研究者



中国科学院昆明動物研究所の宿兵実験室主任は21日、
中国医学科学院と米国のバージニア州立大学の研究者が共同研究した結果、
中国人の遺伝子にある統合失調症を発生させやすい部分を確認したと発表した。
中国新聞社が報じた。

これまで、欧州人やアフリカ系米国人について、
CMYA5という遺伝子が統合失調症のリスク遺伝子になることが分かっていたが、
中国人にかんする研究はなかった。

そのため、米中の研究者が共同で、北京市と雲南省で統合失調症患者5605人の遺伝子を調べたところ、
CMYA5との相関関係が欧州人よりさらにはっきりしていることが分かった。

宿主任によると、英国、米国、日本の研究者によるチームも、
一部の遺伝子が大脳の発育に関係することを突き止めるなどの成果をあげている。
これらの研究は統合失調症の治療法に関連して、新たな注目点になっているという。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0622&f=national_0622_106.shtml



ちなみに、この遺伝子は脳疾患につながる変異が多い事が、科学的に証明されている

原因はカプサイシン

一部の国ではカプサイシンの摂取量を制限してるとこもある

これマジです

このカプサイシン説、つまり外部要因説は、

朝鮮系が自分らのイメージをむしろ守るために広めてるデマの可能性が高い。
同じ異常ということでも、キムチさえ食わなければわれわれは正常に育つ遺伝子を持ってるんだ、

という方がイメージダウンは避けやすい。
彼らはとくに「血」を大事にする。それが現代的に遺伝という概念と置き換わりつつあるが、

血統を大事にするのは変わってない。


だから、血統そのものに重大な欠陥がある、という見方は受け入れがたいものなんだ。
なかでも朝鮮民族の選民思想を、さらに妙なこじらせかたをしてる在日や帰化人、日本に限らず諸国にちらばってる朝鮮系にとって、韓国の食文化など、遺伝的欠陥という重大性を隠蔽するためなら、放棄するにあたってさほど躊躇はないだろう。

カプサイシンになんら作用がないということではなく、朝鮮系に特有の遺伝性疾患は、

環境に関係ないだろうという、朝鮮人にとっては絶望的な事実を、また彼らと不幸にして接触せざるを得ないわれわれにとっても重要な認識をしっかりみすえるべき、ということです。


日本人はおっとり遺伝子かよ。大人しすぎるやろ

関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク