FC2ブログ

今日ボクが見た風景

巨人・ラミレスが極秘被災地入り

Category: 世界  

「自分は日本の文化で育ててもらった選手 だから今こそ恩返しがしたい」


巨人・ラミレスが極秘被災地入り、宮城女川町で野球教室


http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20110620-OHT1T00194.htm

巨人のアレックス・ラミレス外野手(36)が20日、東日本大震災の被災地を極秘で訪問した。
津波の被害を受けた宮城県女川町を訪れ、女川第二小の生徒らと野球教室などで交流。
1日だけの休養日を利用し、強行日程で被災者を元気づけた。5月2日にも極秘で同所を
訪問していたことも判明。支援活動を「日本に育ててもらった恩返し」と考え、「(被災地の)
子どもたちを東京Dに招待したい」というプランも明かした。

再会を待っていたのは、子どもたちだけではなかった。ラミレスは午前11時過ぎに宮城県
女川第二小に到着。車から降りると、待ちきれない様子で生徒の元へ歩み寄った。
「僕のこと覚えてる? 元気だった? 今日はプレゼントを持ってきたんだ」。優しく頭をなで、
肩を抱き、喜び合った。

3月11日の東日本大震災から100日余り。女川町は津波の甚大な被害を受け、復興のめどが
立っていない。2階建て住宅の屋上には、トラックが横転したまま。女川町対策本部の
阿部清人さん(45)は「校内の児童の99%は家が流され、避難所で生活を送っています」と説明した。

主力選手のシーズン中の被災地訪問は異例だが、ラミレスは5月2日にも女川第二小を極秘で
訪問していた。関わりはなかったが、関係者に相談し、被害の大きい女川に注目した。変わり果てた
景色を見て「僕に出来ることは何だろう」と自問自答した。リズ夫人のアイデアも聞き、2度目の
訪問を決断。約半月前から計画を練った。21日は東京・よみうりランド内のジャイアンツ球場で
全体練習があるため、許された時間は1日だけ。19日の西武戦後、協力者がいる山形県へ入り、
20日の早朝に車で宮城県女川町へ向かった。

専属マネジャーの亀田恭之氏(39)や、アドバイザリー契約を結ぶ用具メーカーZETT社、
米国の友人の力も借り、約2000枚のオリジナルTシャツ、野球道具一式をプレゼントした。
各教室を回り、前回の訪問で撮影した集合写真をパネルに入れて、一人一人に手渡した。
グラウンドでは、持参したグラブ、ボール、バットを分け、試合形式で野球を楽しんだ。
滞在時間は2時間ほどだったが、「子どもたちのうれしそうな顔を見られてホッとしたよ」と
充実の笑顔を見せた。

シーズンは50試合を消化し、疲労がたまる時期だが、ラミレスは「体を休めることも大事だが、
こういう行動も自分らに与えられた使命だと思う」と強行軍の理由を熱弁。さらに「自分は日本の
文化で育ててもらった選手。だから今こそ恩返しがしたいんだ。いつの日か(女川が)復興したら、
みんなを東京Dに招待したい」と温めている計画まで明かした。明るい未来を信じて、
ラミちゃんの応援は続く。


(*´ω`*)ラミミ~♥


ラミレスは日本球界史上に名を残す優良助っ人外国人だな。

実力といい、人気、マナー、ファンサービス…挙げればキリがないな




ラミちゃんはガチだからな
義援金も100万ドルも送ってるし



デビ夫人とか、みんな外人は逃げたのにまゆゆは何で逃げないの?
外人は危ないから早く逃げろよ


なんか泣けるな





もう5番は永久欠番で。





感動したので、来年の総選挙はまゆゆに投票することに決めた!





一方祖国から卑怯者のゴミ虫呼ばわりされている
兵役にもつかない日本語しか話せない在日朝鮮人は被災地で強姦と窃盗を繰り返すのでした

関連記事

Comments

« »

03 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク