FC2ブログ

今日ボクが見た風景

性犯罪者GPS装着の知識

Category: 事件  

性犯罪者GPS装着の知識


宮城県及び大阪府が、性犯罪者に対してGPS端末の携帯を義務付ける条例の制定を検討していることをご存じでしょうか。(※1)

性犯罪は、被害者の心身に深刻な影響を及ぼす許されざる犯罪です。特に、子どもを対象にした性犯罪は、撲滅が強く望まれます。産経ニュースが行ったアンケート調査でも、性犯罪者へのGPS装着義務付けに9割が賛成との結果が出ました。(※2)

当記事では、女性のみなさんにとっても関心が高いであろう性犯罪防止策の基礎知識についてまとめてみました。

■国によって対応は区々

性犯罪の防止は、国ごとに様々な施策がなされています。たとえば、アメリカでは、半数以上の州で性犯罪前歴者にGPSの装着を義務付けているほか、性犯罪者の氏名や住所などの個人情報が一般に公開され、インターネットでも照会できるという制度があります。(※3)

また、韓国では、性犯罪前歴者に対し、足首に電子アンクレットの着用を義務付けているほか、専用サイトで前歴者の情報を照会できるようになっています。このうち、電子アンクレットについては、実施2年間において、装着者810名のうち再犯者が1名と、高い効果が現れています。(※4)

このほか、性犯罪は、性依存症という性的衝動のコントロールが利かなくなる状態によって引き起こされることもあるため、認知を矯正するプログラムや、薬物療法など、精神医学面からの再犯防止策がとられることもあります。(※5)

なお、再犯率が高いことが、性犯罪前歴者規制の根拠にされることがありますが、再犯率そのものは、性犯罪よりも薬物犯罪や窃盗などのほうが高いです。ただ、被害者への影響が甚大であるという点、そして日本が海外とくらべて対応が遅れているという点などを考慮すれば、何らかの措置が急務であることは間違いないでしょう。(※6)

■実は問題点も?

冒頭で紹介したアンケート調査の結果にも現れているように、多くの人がGPS監視の導入を望んでいますが、問題点がないわけではありません。たとえば、上智大学教授の田島泰彦氏が、宮城県の条例に対し、懸念を示しています。(※7)

何が問題なのかというと、まずはGPS装着者の人権です。性犯罪者は、刑期を終えたあとも、公権力によって行動を監視されるということが、プライバシー権侵害につながるというのが、GPS監視の問題点です。

たしかに、「犯罪者の人権ばかりを擁護して、被害者の人権はどうなるのだ」という意見もあるでしょう。性犯罪を犯したような人間の人権は、ある程度制約されてもやむをえないのかもしれません。しかし、こうした制度がひとたび導入されると、なし崩し的に監視の範囲が広げられるのではないかという意見もあります。もちろん、理由もなしに監視されるわけではありませんが、「●●だから監視しなければならない」という何らかの理由さえあれば、公権力の監視下においてもOKというふうになりかねないのでは……というのが、条例反対論者の見解です。

あなたは性犯罪者へのGPS装着義務付けに賛成ですか? 反対ですか? 当記事が、性犯罪者規制についてみなさんが考えるきっかけになれば幸いです。







強姦 は大抵1回じゃ済まない

人を犯した者の人権など糞喰らえだ

法は良識を守ればいい

常識だ


変な人権主張してるバカどもなら

大反対するだろうけどなw


個人的には去勢しちまえって思うけどな

関連記事

Comments

« »

09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク