FC2ブログ

今日ボクが見た風景

IMFにサイバー攻撃 外国政府が関与か金融市場混乱に懸念も

Category: 世界  

IMFにサイバー攻撃 外国政府が関与か金融市場混乱に懸念も

2011.6.12

11日、ワシントン市内にあるIMF本部の入り口の看板(ロイター)

 米メディアは11日、国際通貨基金(IMF)のコンピューターシステムが過去数カ月にわたり、大規模なサイバー攻撃を受けたと報じた。米金融・経済情報サービスのブルームバーグは、関係筋の話として「外国政府とつながりがあるとみられるハッカー」が攻撃し、電子メールや文書が消え、データも盗まれたと伝えた。

 国際金融の安定を担うIMFは、各国の金融や財政などに関する機密情報を保有しており、こうしたデータが外部に流出すれば金融市場の混乱を招く懸念がある。

 IMFは8日、理事会や職員に被害状況を報告、被害の程度や内容については「現在調査を進めている」としている。ロイター通信によると、米連邦捜査局(FBI)が捜査に着手した。

 今回のサイバー攻撃について、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は「大規模で高度」と報道。ロイターは、情報セキュリティー専門家の話として、ある国がネットワーク上で影響力を高めることのできるソフトを組み込むことが目的だった可能性があるとした。(共同)



関連記事

Comments

« »

04 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク