FC2ブログ

今日ボクが見た風景

モンゴル人を見下す漢族

Category: 中国  

第6世代の若きエリートは蒙古族を弾圧できるか

漢族によるひき逃げ事件~中国株式会社の研究



菅直人内閣に対する不信任決議案の「茶番」をテレビで見ながら、この原稿を書いている。政治の「一寸先は闇」とはよく言ったものだが、日本政治の混乱を横目で見つつ、筆者はふと中国の若き政治家、胡春華・内モンゴル自治区党書記のことを考えていた。

 現在、内蒙古ではちょっとした騒動が起きている。ことの始まりは5月11日に内モンゴルで起きた蒙古族牧民の「轢死事件」だ。漢族石炭開発業者による牧場破壊に反対していたメルゲンという男性が漢族ドライバーの運転するトラックに轢き殺された事件である。

 胡春華書記は中国共産党指導者第6世代の出世頭の1人だ。彼の「領地」内で起きた混乱をうまく解決できるか否かは、胡春華という政治家の将来を左右するだろう。今回はこのような観点から内モンゴルで起きている抗議活動について考えてみたい。

内モンゴル自治区、デモ拡大恐れ警戒強化

当局が警戒を強化している中国・内モンゴル自治区のシリンゴル地区の中心都市シリンホト〔AFPBB News


モンゴル人を見下す漢族

 今回の騒動につき中国の国営メディアは事実関係をほとんど報じていない。情報が限られる中、「南モンゴル人権情報センター」(SMHRIC、Southern Mongolian Human Rights Information Center)が外国メディアの重要な情報源となっている。

 電話番号から見て本部は米国にあるのだろうが、このサイトには英語はもちろん、モンゴル語、中国語、日本語版まである。この言語的多様性こそが、逆に「大モンゴル主義」の限界を示しているようにも思えるのだが、この点は後で触れよう。

 SMHRIC情報や内外報道から浮かび上がってくる事実関係は概ね次の通りだ。様々なメディアが多言語で報じているせいか、一部の固有名詞について情報が混乱している点はご容赦願いたい。


●5月10日、中国内モンゴル自治区のシリンゴル(錫林郭勒)盟・西ウジュムチン(西烏珠穆沁)旗で、漢族の炭鉱開発による牧場破壊に反対する約40人の蒙古族牧民と約100人の漢族業者との間で争いが起きた。


●翌11日未明、この抗争の蒙古族側リーダーの一人であったメルゲン(莫日根)が漢族石炭運搬業者の運転するトラックの下敷きとなって150メートルほど引き摺られ、他のトラックの隊列により繰り返し押しつぶされ、轢き殺された。(現場写真はこちら


●これら漢族運転手たちは極めて粗暴、傲慢であり、「自分たちのトラックには保険が掛けてあり、臭いモンゴル牧民の命なんて4万元(約50万円、実際の発言は「40万元」だったとする説もある)にしかならない」と言い放ったとされ、蒙古族を憤慨させた。


●5月23日、事件の原因究明と蒙古族の人権尊重を求めるデモが始まり、24日には西ウジュムチン旗で住民約1000人の抗議行動が、翌25日にはシリンホトの市庁舎前で蒙古族学生約2000人による抗議行動がそれぞれ発生した。


●27日には、事件が起きたシリンゴル盟で牧民、高校生など数百人のデモ隊と300人以上の武装警察が衝突し、40人以上が連行された。


●31日、区都フフホトで蒙古族の権利擁護を訴える数百人規模の街頭デモが発生。その後も抗議行動を訴える呼び掛けが出回っており、現在も混乱が続いている模様。


大モンゴル主義は夢また夢

内モンゴル自治区、デモ拡大恐れ警戒強化

シリンホトで、パトロールする武装警官〔AFPBB News

 モンゴル人の嫌中感情については以前ご紹介したが、これはあくまでモンゴル(外蒙古)国民の話であり、中国国内の内モンゴル自治区の蒙古族はちょっと状況が違う。

 そもそも、現在モンゴルという国家である外モンゴルのモンゴル人と、中国の自治区である内モンゴルに住む蒙古族では部族が異なり、話すモンゴル語も微妙に異なるそうだ。また、蒙古族の中にもモンゴル語が喋れないか、喋れても訛りのある人が少なくないという。

 内モンゴルの蒙古族は自治区総人口2400万人の2割に過ぎない。歴史的に中国領内に取り込まれた蒙古族は、生き残るために「漢族よりも漢族らしく」振る舞う必要があったのだろうか。これまで内モンゴルではウイグルやチベットのような騒乱は起きていない。

 また、蒙古族の中には似非「モンゴル系」も少なくないという。少数民族は2人以上の子供を持てるからだ。さらに、外モンゴルのモンゴル人は内モンゴルの蒙古族に対し意外に冷淡だとも聞いた。どうやら蒙古族も、南北の「モンゴル人」も決して一枚岩ではないようだ。

 ちなみに、報道では蒙古族の「遊牧民」が轢死したとされているが、蒙古族は基本的に定住して近くの草原に家畜を放牧しているので、正確には「遊牧民」ではなく、「牧民」と呼ばれるらしい。この意味でも、外蒙古と内蒙古では生活様式が微妙に異なるようだ。

政治家・胡春華に対するテスト

 以上のように、内モンゴル自治区はこれまで比較的安定しており、少数民族問題はあまり深刻ではないと考えられてきた。そこに派遣されたのが胡春華だ。この第6世代のホープの経歴については以前書いたので、ここでは繰り返さない。

 続いて、今回中国当局が取った措置を関連報道に基づき簡単にまとめてみよう。


●シリンホト、フフホト両市内に戒厳令を敷き、省都フフホトに大量の軍隊を投入した。


●モンゴル語チャットサイトを閉鎖し、外国記者の立ち入りを厳しく規制した。


●「内モンゴル」といった言葉がネット上で検索できないようにした。


●ネット、携帯電話を遮断した上、大学を封鎖し、学生は外出が禁止された。


●特に、シリンホトの高校生を学校に集めたまま、夜帰宅させずに“軟禁状態”に置いた。


●24日、牧民を轢き殺したトラックの運転手らを逮捕した。


●地元の弁護士会会長は「主犯は最も厳しい懲罰を受けるだろう」と指摘した。


●27日、西ウジュムチン旗・党委員会の海明(ハイミン)書記を解任した。


●29日、内モンゴル自治区政府は、少数民族支援策に788億元(約9800億円、前年比で54%増)以上の資金を今年中に投入することを決定した。


●同自治政府は、鉱山開発に伴う環境破壊の補償制度や草原を通行する大型トラックの管理強化などを検討している。


●中国政府は、鉱業業界が環境と住民生活に与える影響を調査し、トラックなどの関連車両から草原を保護し、鉱山作業員の訓練・管理を改善する措置を講じると表明した。


●27日、胡春華書記は西ウジュムチン旗の教師・学生らと面会した。その中で同書記は
-「最近の事件が世論の大きな怒りの引き金となった」
-「われわれは法の尊厳と犠牲者とその家族の権利をしっかりと擁護する」
-「容疑者らは法的手続きに従って直ちに厳しく罰せられる」と強調した。


●31日、環球時報社説は、「事態は沈静化に向かっている」「蒙古族の要求には合理的な部分もある」「蒙古族住民の一部が、鉱山採掘の影響をはじめ工業化の波を前に不安を抱いていることは理解できる」と述べた。



要するにアメとムチの組み合わせである。党中央も今回の騒動にはかなり気を遣っているようだ。来週は天安門事件22周年の6月4日が来る。7月1日は中国共産党創立90年記念日だ。ここで胡春華を潰すわけにはいかない、とでも考えたのだろうか。

 1983年7月に北京大学を卒業した胡春華は、自ら志願してチベットに向かった。優秀卒業生として人民大会堂大学新卒大会に参加した胡春華は、チベット行きにつき次のように述べたという。


●中国は多民族国家であり、少数民族の自治区は総面積の6割を占めるが、その大半は辺境にあるやりがいのある場所だ。


●漢民族だけが近代化を果たしても、中華民族の近代化とは言えない。少数民族が近代化して初めて、中国は近代化を果たしたと言えるのだ。


 理想は素晴らしいが、現実はこんな綺麗事だけではない。

 内モンゴル自治区はレアアースで有名なだけでなく、ここ数年の間に重要な石炭産地となり、確認埋蔵量は7300億トンを超える。轢死した蒙古族牧民は炭鉱開発へ向かうトラックの一団を阻止しようとしたグループの1人だった。

 漢族による炭鉱開発は長年牧民が使用してきた牧草地を汚しただけでなく、住民たちのモンゴル人としての尊厳をも傷つけてきた。恐らく今回、胡春華は学生時代の理想に反してでも、少数民族を厳しく取り締まることによって出世コースに留まろうとするだろう。

 しかし、状況はそれほど簡単ではない。もし今回の一連の騒動で、これまで「漢族よりも漢族らしく」なろうと努めてきた「蒙古族」の若者が漢族に裏切られたと感じ、封印されてきた「モンゴル人」としてのDNAを再発見するきっかけとなれば、内モンゴルの少数民族問題は将来一層深刻化するに違いない。

 民族問題にいつも過剰反応し、将来の民族問題の種を撒いて、逆に問題を悪化させる。こうした過ちを、懲りずに何度も繰り返してきたのが現在の中国共産党だ。今回の内モンゴルでの対応が新たな過ちの種とならないことを祈るしかない。

関連記事

Comments

« »

04 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク