FC2ブログ

今日ボクが見た風景

「凛として愛する国に」

Category: 歴史  

東條由布子さんのHP「凛として愛する国に」より 全文




はじめまして。東條英機の孫にあたります、東條由布子です。

日本が昔、アメリカと戦争をしたことをご存じない世代も出てきているそうですが、私は、その、アメリカと開戦したときの首相である、東條英機を祖父に持っています。

今、私は日本だけでなくさまざまな国々で活動しています。これは、単に、A級戦犯である祖父の汚名返上名誉挽回のためではなく、日本の将来のために必要だから行っているのです。

また、のちにも述べますが、A級戦犯、という言葉も私は適当でない、と考えています。後ほど詳しく述べたいと思いますが、よろしくお願いいたします。

まず、いわゆるA・B・C級戦犯と呼ばれるものは、俗に言う東京裁判で決められました。

ということは、この東京裁判について知らなければ、AもBもCも、そもそも戦犯という言葉の意味からして違ってきてしまいます。どこかで誤解されている方もいらっしゃるでしょうから、未来に向けたメッセージとして、ここでまずは東京裁判について語りたいと思います。

東京裁判は、実は戦争中に行われました。皆さんご存知ですか?講和条約を結んでいない以上、戦争状態が続いています。当時の日本が受諾したのはポツダム宣言です。ポツダム宣言を受諾、ということですが、これは休戦協定というべきものです。ポツダム宣言に述べられている条件を守ってくれるなら、日本もとりあえず武装解除しますよ。というものです。当然ですが、条約として、国際的に効力のあるものですが、ポツダム宣言に書かれた、いわゆる連合国側自らが謳った条件をやぶり、違法・脱法・無法的に行われた裁判でした。

ちなみに、私の祖父である東條英機は、今上天皇ご生誕日である12月23日に処刑されています。これは、連合国側の嫌がらせであることは言うまでもありません。祖父は、陛下の忠臣であることを至上としておりました。また、陛下も、祖父に対しては大きな信頼を寄せていただいておりました。こういうことを知っていた上での嫌がらせです。

さて、そんな違法裁判を行っていた連合国軍のトップであるマッカーサーは、のちに、アメリカ議会できちんと宣誓をしてから、次のような証言をしています。

Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.

これを日本語に訳すと

したがつて彼らが戦争に飛び込んでいつた動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだつたのです。

となります。

祖父は、敗軍の将として、国内的には責任を取る、というつもりでしたが対外的には、あの戦争は自衛戦争だった、と繰り返し述べています。日本を守るために行ったと。

ちなみに、マッカーサーは、昭和26年5月3日にアメリカ合衆国議会上院の軍事外交合同委員会でこのような証言をしています。

祖父が処刑されて半年も経たないうちに。

これで、お分かりでしょう。東京裁判とは、白人社会が世界を動かしていた近代における、最後の強権発動だったのです。彼らがこれまで行ってきた国際政治の手法から、振り上げたこぶしは必ず振りぬかねばならず、また、それをもって他国に対してのけん制とするわけです。そういった、彼らの論理のために、日本の自衛戦争が侵略戦争に捻じ曲げられ、かつ、その流れの中で戦犯が生まれました。

この事実ひとつで、東京裁判がいかに恣意的だったかお分かりいただけるでしょう。

戦犯と言われるものものも、いかに根拠が薄く、また、恣意的なものかがお分かりいただけるかと思います。

くれぐれも誤解していただきたくないのは、これは、すべて、祖父の名誉のために行っているわけではなく、こういうことをはっきりさせなければ、過去と向き合わなければ日本にとって不利益だ、と思うからです。

日本の未来にとって必要なこと。それは、連続した歴史をしっかりと噛み締めて生かしていくことです。

そのために、このようなお話をしていることをご理解下さい。

さて、続いては、いわゆる戦犯というものが、戦後どのように扱われ現在に至るのかについてのお話です。

いわゆる『戦犯』というものについては別項目でお話しするとして、戦後、日本国民が『戦犯』をどのように考え、扱ってきたのか、についてお話します。

まず、意外に思われるかもしれませんが、戦後すぐ、戦犯釈放を願う署名運動を、なんと社会党がはじめました。

そして、当時の日本の人口は7000万人ですが、あっという間に4000万人もの署名が集まったのです。これを受け、日本国内的には戦犯という汚名は完全に返上されました。国際的にも、東京裁判が違法だった、とは言えない連合国側の面子の問題もあり、ふれないようにされていますが、一部の国を除き、もはや戦犯と取り上げることはほとんどありません。

祖父は、敗軍の将は、敗戦の責任を取らねばならない、と言っておりました。そういった意味で、国内的に誰かが責任を取らねばならないとしたら、開戦当時の首相である自分だ、と自ら自覚しておりました。しかし、戦犯という、不名誉な汚名は、いまやすでに、社会党からすら認めない、という結論が出ているのです。

安倍首相は保守的な方として信頼に足る人物だと思います。今後にも非常に期待したいと思います。その安倍首相は、村山談話を、閣議決定というプロセスを経たものとして、尊重すると発言しています。それならば、4000万人もの署名を集め、戦争犯罪人というわけのわからない汚名を返上した日本国民の決定も、ぜひ引き継いでもらいたいものです。

繰り返しますが、かつて、東京裁判という恣意的な舞台で決められた戦犯というものは、戦後すぐになくなっているのです。





東條由布子さんのHP 「凛として愛する国に」



みなさん、是非ともご覧下さい。




関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク