FC2ブログ

今日ボクが見た風景

民自幹事長「大連立」で足並み

Category: 政治  

民自幹事長「大連立」で足並み、岡田氏「2年後まで」、主導権争いも

2011.6.6

民主党の岡田克也、自民党の石原伸晃両幹事長は5日、フジテレビの「新報道2001」やNHK番組に出演し、東日本大震災の復興を急ぐため、両党を中心に与野党が大きな政権の枠組みに参加する「大連立構想」を進めることで足並みをそろえた。両党幹事長が「大連立推進」を明言するのは初めて。菅直人首相の退陣時期が前倒しになりつつあることで、実現性が高まったと判断した。今後、与野党間で協議を本格化させることになりそうだ。


今日ボクが見た風景

各党幹事長が出席したテレビの討論番組を終えた自民党の石原伸晃幹事長=5日午前、東京都千代田区

岡田氏は5日、フジテレビの番組で「震災の復興、税と社会保障の一体改革など大きなテーマを与野党が協力して乗り越えることが必要だ。大連立までいった方がいい」と強調。期限を決めて大連立を組んで政策課題に取り組んだ後、衆院解散・総選挙を行うべきだとの考えを示した。

 石原氏も「閣内、閣外といろんな協力の仕方がある。そういう絵を描いていかなければならないところにきている」と同調した。

 大連立をいつまで続けるかについて岡田氏は、民主党も自民・公明両党も参院で過半数がないとした上で、2年後の次期参院選まで大連立を続ける可能性に言及した。2年後は現在の衆院議員の任期と重なるため、大連立後に、衆参ダブル選挙に踏み切る可能性に触れた発言とみられる。

 ただ、石原氏は「大連立政権は3カ月でも半年でもいい」と述べ、原子力発電所事故の収束など、震災対応が一段落するのを待って、速やかに衆院解散・総選挙に踏み切るべきだとした。

 大連立への与野党協議では、子ども手当など「バラマキ4K」政策を、自民党の求めに応じて民主党が見直すかどうかが最初のハードルになりそうだ。だが、こうした政策は、前回衆院選のマニフェスト(政権公約)の見直しになるため、民主党内で深刻な路線対立を招く可能性がある。

関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク