FC2ブログ

今日ボクが見た風景

神功皇后 西征の令

Category: 日出処ノ天子  

神功皇后 西征の令


神功皇后の「西征の令」・「西征の軍令」(後述)から,当時の外交・軍事に対する考え方に触れる.

西征の令では特に,国の大事にあって責任と功績の所在がどこにあるのか.

昨今震災後の対応の検証などで,首脳側が言った言わないと責任を官僚に押し付けたりしているが,果たして日本の国柄としてどうなのだろうか.



神功皇后

西征の令 仲哀天皇九年

夫れ師を興し衆を動すは,國の大事なり.安危成敗,必ずここにあり.今征伐する所有むに,事を以て群臣に付(さづ)く.若し事成らずんば,罪,群臣にあらむ.是れ甚だ傷ましきことなり.吾婦女にして,加以(また),不肖なり.然れども暫く男貌(だんばう)を假りて,強いて雄略を起し,上は神祗(あまつかみくにつかみ)の靈(みたま)を蒙(かうむ)り,下は群臣の助に籍(よ)り,兵甲を振(おこ)して嶮浪(けんらう)を度(わた)り,艫船(ろせん)を整へ,以て財(たから)の土(くに)を求めむとす.若し事就(な)らば,群臣共に功あらむ.事就らずむば,吾獨り罪あらむ.既にこの意あり.其れ共にこれを議せよ.

  • 師・・・軍隊,出師とは軍隊を繰り出すこと,出兵
  • 衆・・・兵
  • 安危・・・安全と危険
  • 成敗・・・成功と失敗
  • 不肖・・・愚か
  • 男貌・・・男装
  • 雄略・・・雄々しいはかりごと
  • 兵甲・・・武器,兵力
  • 嶮浪・・・嶮き浪,荒い波の意
  • 艫船・・・共に船
  • 財(たから)の土(くに)・・・新羅國

神功皇后とは

神功皇后は第九代開化天皇の玄孫,氣長宿禰王の娘で第十四代仲哀天皇の皇后.第十五代応神天皇の母でもあります.

仲哀天皇は神のミコトに随わなかったために仲哀天皇九年に崩御されます.そこで皇后は,その祟った神を知り,その神が教えてくれた宝の国を求めようとします.これが所謂「三韓征伐」です.

今回の「西征の令」「西征の軍令」は三韓征伐に際しての詔になります.

西征の令から「責任と功績」

  • 臣下の責任でなく,神功皇后御自ら指揮をとる.
  • 負ければ私の責任だが,勝てばお前たちの功績である.
  • お前たちでよく討議しなさい


関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク