FC2ブログ

今日ボクが見た風景

放射性物質吸い取る細菌 タンザニアで発見

Category: 事件  

放射性物質吸い取る細菌 タンザニアで発見


http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20110527102.htm


>田崎和江金大名誉教授は26日までに、タンザニアの首都ドドマ近郊で、ウランなどの放射性物質の濃度が高い土壌中に、同物質を吸着する細菌が生息していることを発見した。福島第1原発事故後、放射性物質で汚染された土壌の処理が大きな課題となる中、「微生物が放射性物質を固定して拡散を防ぐ『ミクロ石棺』として役立つ可能性がある」としており、今月中に福島県で土壌調査を実施する。
 2009(平成21)年3月に金大を退官した田崎名誉教授は、昨年11月にタンザニア・ドドマ大に赴任し、今年4月まで地質学担当として教べんを執った。講義の傍ら、世界的なウランの大鉱床があるドドマ近郊約50キロの町バヒで、これまでまとまった研究がなされてこなかった土壌中の放射性物質濃度などの調査に乗り出した。

 手始めにタンザニア全土の約100地点で計測し、バヒと周辺で放射性物質濃度が顕著に高いことを確かめた田崎名誉教授は、バヒの水田土壌を採取して調査した。

 電子顕微鏡による観察では、体長数百マイクロメートル(マイクロメートルはミリの1千分の1)の細長い糸状菌の生息が確認された。菌体の周りには粘土鉱物の塊が多く付着しており、この粘土は周りの土壌に比べて極めて高濃度のウランやトリウムなどの放射性物質を含んでいた。

 福島第1原発事故の後、現地周辺では、放射性セシウムなどが高濃度で検出された土壌の除去、保管の方法について議論されている。田崎名誉教授は、土壌中の微生物の生息状況を調べるため、今月中に福島県飯舘村などへ入って調査を始める。

 田崎名誉教授は1997(平成9)年のナホトカ号重油流出事故後、石川県沖における調査で石油分解菌の海水浄化作用を確認した。08年には北國新聞社の舳倉島・七ツ島自然環境調査団副団長として、輪島市沖の七ツ島・大島で、大気汚染物質を取り込む微生物被膜を発見している。

 福島での調査に向け、田崎名誉教授は「自然の中にはもともと大きな環境修復能力が備わっている。微生物の力を生かした汚染土壌処理の可能性を探りたい」と意気込んでいる。(5月27日)』





これは朗報だ


こんなのもあったね↓


チェルノブイリで放射線を食べる菌が見つかる

デジタルマガジン 2008年03月03日 11:14 より引用
http://digimaga.net/2008/03/fungus_eats_radiation

史上最悪の原子力発電所事故を起こしたチェルノブイリで
凄いものが見つかった。
なんと有害な放射線を食べて成長する菌が生まれていた。
彼らは生き残るために、放射線を食べることを選んだのだ。

その菌はチェルノブイリ原子炉の壁に育っているのを、
ロボットによって回収された。
チェルノブイリはいまだに汚染から回復しておらず、
人が入り込めるような環境ではないのだ。

回収された菌は豊富にメラニン色素を含んでおり、
その表面を紫外線から守っていた。それはどの菌においても同じだった。

科学者は3種類の菌で、ある実験を行った。
通常、植物は葉緑素によって光エネルギーを吸収して成長する。
実験では回収した菌に日光の代わりに、有害な放射線を与えた。
すると菌たちは驚くことにこれらを吸収し、成長していった。

人間にとって放射線は有害なものだが、
菌たちにとっては無害どころか有効なものとなっていたのだ。
普通では考えられないことだ。

この発見は宇宙技術の前進に大いに役立つことになるだろう。
宇宙は有害な放射線で溢れているため、
メカニズムさえ解明できれば菌を無尽蔵の食料として食べることができ、
そして他の惑星に移住する際にも頼ることができる。

チェルノブイリ原子力発電所事故は人類にとって深刻な被害をもたらしたが、
有益な一面も見つけることができた。



関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク