FC2ブログ

今日ボクが見た風景

日章旗

Category: 日本国民の心得  

「日の丸」は、先年(1999年)の「国旗及び国歌に関する法律」の第一条において「国旗は、日章旗とする。」として、正式に国旗として定められました。



今日ボクが見た風景


この日章旗ですが、国旗国歌法で、旗の形は縦が横の3分の2の長方形、日章の直径は縦の5分の3で中心は旗の中心、色は地は白色で日章は紅色、と決められています。

そうなのですが、近年、「国民の祝日」に国旗を掲揚している住宅をほとんど見かけません。我が家でも、揚げたことがありません。子供の頃は、自宅で玄関先に日の丸を揚げていました。竿も竿頭につける金色の玉もありましたし、玄関脇と軒先に竿先を支える金具なども取り付けられていました。
結婚して子供が小さかった頃に住んでいた社宅(集合住宅)では、階段通路の狭いスペースには、竿を取り付けることもできませんでしたから、掲げている家庭はありませんでした。その後、子供が小学校に上がる頃、現在の戸建住宅に住むようになってからも、それまでの延長線上で国旗を揚げたことはありません。日章旗が国旗であるということは自分としては好ましいことで、特に「揚げない」という積極的な理由は無いのですが。隣近所の様子を見ても、この10年くらいの間に、掲揚されていた「古い家」(建物が古いだけでなくて、この土地に長年住み続けておられるという意味での古い家)でも、建て替えられたり、代が替わったりで、掲揚されなくなったようです。

近所というほど近くはないのですが、比較的よく通る道路沿いに、「住化バイエルウレタン株式会社」があります。ドイツ・バイエル社の日本におけるグループ会社の一つだそうですが、玄関横のポールに、いつも日章旗とドイツの国旗が掲揚されています。これは、ドイツ・バイエル社の社風、その背景にあるドイツ国民の国旗に対する考え方が反映されているのでしょうか?。

日章旗を法律で国旗として定め、国家的なイベントであるワールドカップやオリンピックでの日章旗の波は当たり前の光景になりましたが、何故か家庭で国旗を掲揚するという慣習は廃れてゆく傾向があるように思えます。何故なのでしょう?

関連記事

Comments

« »

09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク