FC2ブログ

今日ボクが見た風景

婚外子訴訟、国など争う姿勢 東京地裁

Category: 政治  

婚外子訴訟、国など争う姿勢 東京地裁

2011.6.2

事実婚で生まれた次女(6)の出生を届ける際に「非摘出子」(婚外子)と記入することを拒否したため、住民票が作成されなかったのは違法として、両親と次女が国と居住地の東京都世田谷区に、住民票作成と計80万円の慰謝料などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が2日、東京地裁(川神裕裁判長)であった。国と区は「『嫡出』か否かの区別は合理的で、違憲ではない」などとして、訴えの棄却などを求め、争う姿勢を示した。

 国は答弁書で、法律婚制度を採用する民法の規定について「最高裁で合憲性が重ねて確認されている」と主張。法律婚制度の詳細については「憲法に一義的な規定はない」と指摘した上で、「広く国民の間で議論されるべき問題であり、立法政策は国会の裁量に任される事柄」とした。




関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク