FC2ブログ

今日ボクが見た風景

「嫌韓・嫌中」について 

Category: 日本国民の心得  

「嫌韓・嫌中」について 


「嫌韓派」の人達を、「外国人嫌い」「歴史に無知」「自分自身も知らない」などと

批判するだけでは、意味がない


ある対象を嫌うと言うことは、極めて感情的なことであり理性は通用しない


いくら理性的に、論理的に説いたところで

「嫌韓派」「嫌中派」の人達には受け入れられない



そう考えてみると、「嫌韓派」「嫌中派」を嫌う側の態度も

感情に支配されている


「嫌韓派」「嫌中派」を「差別主義」「レイシスト」「ナショナリズム」などと言う言葉は

かなり感情的な響きを持っている



 2005年に、韓国の人気歌手、趙英男(チョ・ヨンナム)氏が、「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」という本を書いたところ、韓国国民の激しい反発を買い、凄まじい非難を浴びて、テレビで13年間続けていた番組の司会を下ろされてしまった。
 趙英男(チョ・ヨンナム)氏はその本についての朝鮮日報とのインタビューで、「親日宣言という言葉で韓国社会が持つ何らかの固定観念を壊したいと思ったのか。」という問いに対し、



「そうだ。韓国で親日という単語はひどい意味が盛り込まれている。親日という単語には“売国”の意味が含まれている。しかし、60年経った今も過去と同じような意味で使うべきかというのが私が提起したい質問だ。勇気を振り絞ってその単語を使い、本当の意味、親しいという意味としての親日の言葉が広く使われることを希望した」



と答え、さらに、

「本を通じて伝えたかったメッセージは何か。」という問いに対して、



「米国を行けば日本という国が違って見える。私が大げさに言っているのかも知れないが、米国で見た日本は一等国民だ。しかし、韓国だけは唯一、日本を最下位に評価している。この部分を誰かは指摘すべきだと考えた。過度に日本を低評価するのは大きな問題だ。われわれは商売をし、利益を得なければならない国なのに、このような姿勢ではあまりにも損が大きい。誰かがこれを指摘しなければならないが、政治家や知識人はこのようなことを恐れている。しかし、私は道化師なのだから、こんなことを言っても別に・・・」
と答えている。(朝鮮日報)



この程度のことを言った趙英男(チョ・ヨンナム)氏に対して、インターネット上では、
「国民の税金で運営する公営放送で親日派が司会を務めるのは国民の感情に反する。どんな弁解も許されない」
「国の自尊心を踏みにじった」
「趙氏はこうした言葉を口にしながら、果たして日本大使館の前で沈黙デモを行っている元慰安婦女性を考えたことがあるのか。情けない」
「趙氏の発言は韓国国民の感情に火をつけるかのようなとんでもない話だ。大韓民国の国籍を捨て日本へ出て行け」
 などと言う激しい非難が溢れ、氏はテレビの司会を下ろされ、歌手としての仕事も干された。





反日が存在するのだから

それに対し「嫌韓・嫌中」があっても

なんら不思議ではない


その逆も然り

だが、そこに「嘘」を用いる方が信用を失う

それだけの話です




関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク