FC2ブログ

今日ボクが見た風景

妨害以外にも範囲を拡大 国歌斉唱不起立訴訟

Category: 教育  

妨害以外にも範囲を拡大 国歌斉唱不起立訴訟

2011.5.30

卒業式での国歌斉唱時の起立命令を合憲とした最高裁判決は国旗掲揚・国歌斉唱の徹底に拍車をかけ、学校教育の正常化に大きく寄与しそうだ。全国で係争中の同種訴訟で請求が認められる余地は一層狭まった。国旗・国歌訴訟に対する憲法の判断基準はこの判決で事実上確立したといえ、現場の混乱に終止符が打たれることが期待される。

 過去の国旗・国歌訴訟では、国旗を引き下ろして隠すなど積極的な妨害行為が主に断罪されてきた。しかし、今回の判決は不起立という消極的行為に踏み込んで、職務命令は妥当と判断。国歌のピアノ伴奏を命じた職務命令を合憲とした平成19年2月の最高裁判断に続き、より合憲の枠組みを広げた形となった。

 訴訟の争点は職務命令の合憲性に絞られた。つまり、教諭に起立を命じることが憲法19条で規定された思想、良心の自由を侵害するかどうか、という点だ。

 類似訴訟とされるピアノ伴奏訴訟では、国歌の伴奏を拒否した女性教諭の考えを「歴史観や世界観」と位置付けた上で、「職務命令で伴奏を命じても、教諭の考えを否定するものではない」などとして合憲の判断を導き出した。


判決ではこうした判断を踏襲しつつ職務命令について「思想、良心の自由を間接的に制約する面はある」との“留保”を示した。

 教育現場に一定の配慮を求めたとの見方も可能だが、一方で地方公務員を「住民全体の奉仕者」と位置付け、「法令や職務上の命令に従わなければならない立場にある」「教育上、重要な節目となる行事では秩序を確保して円滑な進行を図るべきだ」とも指摘しており、「制約」の拡大解釈は厳に慎むべきだろう。

 教職員による不起立は国旗・国歌に対する反対闘争の手段として用いられてきたが、もはや風前のともしびとなった。大阪府の橋下徹知事が率いる地域政党「大阪維新の会」は、国歌斉唱時の起立を義務付ける異例の条例案を議会に提出している。今回の司法判断で、こうした流れが今後、加速しそうだ。(上塚真由)



判決骨子 国歌斉唱不起立訴訟

2011.5.30 21:07

 一、職務命令は、個人の思想および良心の自由を直ちに制約するものと認めることはできない


 一、職務命令は、個人の思想および良心の自由についての間接的な制約となる面はあるものの、上記の制約を許容し得る程度の必要性および合理性が認められる


 一、命令は儀礼的行動を求め、秩序の確保や式典の円滑な進行を図るもので、憲法に反しない




「非常に残念」 原告側は敗訴判決に硬い表情 国歌斉唱不起立訴訟

2011.5.30

「(不起立は)憲法に認められた範囲の抵抗だと思っていたが、認めてもらえなかった」。国歌斉唱時の起立を命じる職務命令を合憲とした30日の最高裁判決。東京・霞が関の司法記者クラブで会見した原告の元教諭、申谷(さるや)雄二さん(64)は硬い表情で述べた。

 会見には申谷さんを支援する元教え子や保護者らも駆けつけた。申谷さんは「政治的な圧力によって、教育の現場が変わるということはいけない」「私は石原(慎太郎)知事よりもこの国を愛しているという風に自負している」と、起立を義務づけた都政に疑問を投げかけた。

 原告側代理人も「非常に残念」と落胆した様子。平成19年の国歌伴奏をめぐる最高裁判決に続き、原告側が敗訴したことで、係属中の同種訴訟についても「影響は大きく及ぶと思う」と述べた。







GHQの呪縛がまた一つ解ける

関連記事

Comments

« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク