FC2ブログ

今日ボクが見た風景

今度はベトナム探査船に実力行使 南シナ海で中国

Category: 中国  

今度はベトナム探査船に実力行使 南シナ海で中国

2011.5.30

【シンガポール=青木伸行】南沙諸島(英語名・スプラトリー)などの領有権が争われている南シナ海で、中国が今度はベトナム探査船の調査用ケーブルを切断するという実力行使に出ており、緊張を高めている。

 国営ベトナム通信などによると、中国の妨害があったのは26日。現場は海南島の南600キロ、ベトナム・ニャンチャンの東方120キロの海域で、ベトナム国営石油会社ペトロベトナムの石油・天然ガス開発鉱区。

 同社の探査船が活動中、中国の監視船3隻に妨害、威嚇され調査用ケーブルを切断された。同社幹部は「ケーブルは水深30メートルのところにあり、これを切断するには機材が必要で、切断は用意周到に計画されたものだ」と非難した。

 ベトナム外務省報道官は29日、海域は国連海洋法条約に基づく排他的経済水域(EEZ)、大陸棚であり「そこでのベトナムの通常の調査活動を妨害する中国側の行為は、重大な主権侵害だ」と非難。「ベトナム海軍は主権、領海保全のために必要ないかなる行動もとる」と強く牽制(けんせい)した。

 さらに、中国は領有権問題の「平和的解決」を呼びかけながらも、実際の行動は情勢をいっそう複雑なものにしていると批判した。


これに対し、中国外務省は「中国が管轄する海域での正常な海洋取り締まり活動だ。この海域でベトナムが石油・天然ガスの(探査)活動を行うことは、中国の権益を損なう」と実力行使を正当化している。

 両国はベトナムが今月、国会議員選挙を南シナ海の実効支配地域でも実施したことをめぐり対立していた。また、中国は3月、南沙諸島でフィリピンの石油探査船を妨害。アキノ大統領は今月23日、中国の梁光烈国防相とマニラで会談した際、「南シナ海の緊張が高まれば軍拡競争を招くと」と牽制している。




「南シナ海問題」初の言及 ASEAN国防相会議共同宣言

2011.5.19


今日ボクが見た風景

19日、ジャカルタのASEAN国防相会議で写真撮影に応じる各国国防相ら(AP)



東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会議は19日午後、インドネシアの首都ジャカルタで閉幕、一部加盟国が中国と領有権を争う南シナ海問題について、同海域での「航行の自由」や「上空の飛行の自由」の重要性の再確認などを盛り込んだ共同宣言を採択した。

 2006年に始まったASEAN国防相会議の共同宣言のなかで、南シナ海問題が言及されるのは初めて。「2国間での解決」を主張する中国側の圧力が強まる中、15年のASEAN政治・安保共同体創設を控え、ASEAN各国の一致団結を示した形だ。

 共同宣言では、ASEANと中国が南シナ海問題の平和的解決を目指して02年に署名した「行動宣言」についても、実効性がないため、法的拘束力のある「行動規範」への格上げを求めて協力することを再確認した。(共同)



ASEANと中国の国防相らが朝食会開催 南シナ海問題を協議か

2011.5.20

東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国の国防相らは20日、中国の梁光烈国防相とジャカルタのインドネシア国防省で朝食会を開催した。

 ASEANの一部加盟国が中国と南沙(英語名スプラトリー)諸島などの領有権を争う南シナ海問題などについて話し合うとみられる。ASEANは19日、ジャカルタで国防相会議を開催。これに合わせ梁国防相がインドネシア入りしていた。

 ASEANと中国は2002年、南シナ海問題の平和的解決を目指す「行動宣言」に署名。しかし実効性がなく、ASEAN側は法的拘束力のある「行動規範」への格上げを求めているが、中国は消極的で「2国間での解決」を求めている。(共同)


今日ボクが見た風景

20日、インドネシア首都ジャカルタで、ASEAN加盟国の国防相らと話し合う中国の梁光烈国防相(中央)
(共同)
関連記事

Comments

« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク