FC2ブログ

今日ボクが見た風景

日本が破産すれば、IMFの管理下に入る

Category: 日本国民の心得  


日本の財政破綻を見越して、既にIMF(国際通貨基金)は、日本再建プログラム=ネバダ・レポートを作成しています。
2002年2月14日に開催された第154回国会の予算委員会で、民主党の五十嵐文彦議員(当時)が質問の中でネバダ・レポートについて触れています。

その驚くべき内容は以下の通りです。


① 公務員の総数の30%カット、及び給料30%のカット、ボーナス全てカット

② 公務員の退職金は100%すべてカット

③ 年金は一律30%カット、

④ 国債の利払いは、5~10年間停止

⑤ 消費税を20%に引き上げ

⑥ 所得税の課税最低限を年収100万円まで引き下げ

⑦ 資産税を導入して不動産には公示価格の5%を課税、債権・社債については5~15%の課税、株式は取得金額の1%を 課税。

⑧ 預金は一律1000万以上のペイオフを実施し、第2段階として預金額を30%~40%財産税として没収する。


日本が破産すれば、IMFの管理下に入る。IMFの最大出資負担国はアメリカ。国連分担金などはまともに払わないアメリカは、IMFでの支配権だけはしっかり握り締めている。したがって、日本が破産し、IMFの管理下に入ることは、実質的にはアメリカに占領されるのと同じ事。アメリカは日本が破産をすれば、IMFという形で日本を占領する。既にIMF(国際通貨基金)は、日本再建プログラム=ネバダ・レポートを作成。IM...
日本が破産すれば、アメリカ=IMFに占領される。

関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク