今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞の大罪

Category: 反日  

南京ホラ話

f:id:jjtaro_maru:20100103160742j:image


 1937年の南京事件 を蒸し返したのは日本のマスコミ で、朝日新聞の本多記者の

「中国の旅」(昭和46年)が出発点となっています。

マスコミ 知識人 が「南京大虐殺 」を叫びはじめます。

東京裁判 GHQ による日本弱体計画として南京大虐殺 でっち上げ ましたが、

今度は中共 プロパガンダ として取り上げ、対日外交カードおよび愛国教育 に使われたのです。

南京大虐殺 中共 の教科書に記載されたのは1979年(昭和54年)です。

(81年とも)南京事変は1937年のことですから、62年間支那人 は知らなかったのです。

朝日新聞によってそのことを教えられたのです。

それまで国民党 が30万殺したとか教えていたそうです。


<支那の教科書変化>「日中再考」古森義久記者 ~ 「南京事件 の探究」より

 80年 日本の南京占領の残虐性を描写

 82年以降変化

 92年 「南京大虐殺 」という項目が設定される

 95年 残虐場面を描く挿絵が新たに添付


 「中国の旅」に疑問を持って鈴木明氏が「南京大虐殺 のまぼろし」(昭和48年)を出版しています。

鈴木明氏は「百人斬り」にも疑問を呈しています


 こうした中、私は南京大虐殺 はあったと疑問を持たずに育ちましたから、

GHQ の日本弱体化計画がしっかりと根付いた中、中共 情報戦 が追い討ちをかけて日本人の心に自虐意識を浸透させたのでしょう。


南京大虐殺 のまぼろし」の声を掻き消して教科書を書き換えた

中共 日本支部である大新聞の威力は強大です。


 1997年にはアイリス・チャン 「ザ・レイプ・オブ・南京」が登場し、

これで一気に南京大虐殺 ホラーが世界中に広まってしまいます。


南京虐殺 を否定する本が出版されたことがニュースになったのを覚えていますが、

「そんなことを言う人がいるんだ」ぐらいに思ったものです。

しかし、あるとき南京虐殺 の特集をTVでやっているのを見て兵士の証言が不自然なことに気がつき、

やがて南京大虐殺 はウソだったことに気づきました。


 

中共 はウソを悪いこととは思っていません。


政治にすべてが優先するのです。


歴史のウソも許されるのです。


「政治掛帥」というのだそうです。



中共 では弁偽学という学問があり、何がウソで何が正かを研究する学問です。


中共 の正史(官書)というのはすべて偽史の書であるといえます。


中共 知識人 は心の中では南京大虐殺 なんてありはしない、


あるいは虐殺の支那の歴史の中では大した話ではないと思っているはずです。


南京虐殺 」は中共 にとっては単なる政治の道具に過ぎません。






正直で生真面目でお人よしの日本人はこの人たちからすれば


「カモ」&「ネギ」な存在なわけです。





関連記事

Comments

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。