FC2ブログ

今日ボクが見た風景

乙未事変

Category: 韓国・朝鮮  

1885年10月、李氏朝鮮の第26代国王・高宗の王妃であった


閔妃 (ミンビ、びんぴ)が殺害されました。乙未事変 (いつびじへん)といいます。




 下関条約 の調印から半年がたった1985年10月、その前月に井上馨 に代わり朝鮮公使 となってソウル に入った退役中将 ・三浦梧楼が指揮をとり、早朝、日本軍 守備隊と民間の壮士たちが朝鮮王宮に乱入、王妃・明成皇后を惨殺します。政治の実権をにぎる皇后の一族がロシアに接近していたのを断ち切り、日本軍 の駐兵を引き続き確保するため、参謀本部 が密かに立案、政府も黙認して決行した。近代国家 としての恥も外聞もかなぐり捨てた恐るべき蛮行でした(詳細は金文子『朝鮮王妃殺害と日本人』2009年、高文研、参照)。




このあたりはNHK の番組「坂之上の雲」で捏造シナリオがあったので

堂々と捏造歴史を語ることができるのでしょう。テレ朝でも捏造番組を作っていました。




日本軍 守備隊と民間の壮士たちが朝鮮王宮に乱入


 うまく「日本」だけ印象づけるように「民間の壮士」と書いてごまかしていますが、

禹範善率いる朝鮮の訓練隊です。三国干渉 に日本が屈服すると閔妃 とロシアとが結託して

親日 政権 を倒し、親露派で朝鮮を支配しようとしていました。

訓練隊は「反閔妃 決起」の志を日本人志士達と通じて接近し、日韓有志の連合ができたのです。

朝鮮政府が訓練隊の解散、武装解除 を通告され、

三浦梧楼が指揮して訓練隊と日韓有志が大院君を擁して王宮に入り混乱の中、

閔妃 が殺害されました。


参謀本部 が密かに立案、政府も黙認して決行


 『朝鮮王妃殺害と日本人』を参考にしていると思われますが、

はて、こんな話は聞いたことがありません。

 WikiPediaによると「実際の暗殺の真の首謀者、実行者は誰であったかについては、

日韓外交 資料、梅泉野録、アジア歴史資料センター による公文書

ロシア参謀本部 中佐の「朝鮮旅行記」による記述の検討がなされているが、

真相はいまだに明確ではない」となっており、


「殺害現場にいた純宗の言で『乙未事件ニ際シ、現ニ朕ガ目撃セシ国母 ノ仇、

禹範善』となっているだけでなく、『禹ハ旧年王妃ヲ弑セシハ自己ナリトノ意ヲ漏セリ』と

自ら犯人であることを漏らしている」とあります。


 Wikiには以下のような記述もありますが、

閔妃 を連れ去ったり殺害したところを見ているわけではありません。


 Seredin-Sabatinは以下のように記録している


「王妃の居住する王宮の一角には、おおよそ20人から25人程度の日本人が詰め掛けていた。

 彼らは奇妙なガウンを羽織っており、サーベルで武装していた。

 そのうち何人かはサーベルを鞘から抜いていた。

 …複数の日本人兵士が宮殿のあちこちを捜索し、他の者は女王の居住区域になだれ込み、

 その場で見つけた女たちに襲い掛かっていた。

 …私は…日本人が王妃の居住区域で物をひっくり返したりしているのを観察し続けた。

 二人の日本人が女官たちの一人つかんで建物から引きずり出し、

 そして彼女を引っ張って階段を駆け下りた…

 また、日本人のうち一人は、私に向かって、英語で『王妃はどこだ? 答えろ!』と繰り返し聞いてきた。

 …私が謁見の間を通り過ぎたとき、私はその場所が日本人兵士と将校

 そして韓国人の高級官僚の協力によって包囲されていることが分かった。

 しかし、その中で何が行われていたのかは、私には知る由も無かった」


 殺害現場にいた純宗(閔妃 の息子、後大韓帝国皇帝 )の証言と禹範善の自白からいって

 禹範善が犯人といってほぼ間違いないでしょう。


 高宗も「王妃を殺したのは、不貞の私の部下だ」と証言しています。

 (1906年 統監代理長谷川好道韓皇謁見始末報告(國分書記官通訳并筆記))


 まったく、こういう史料 を無視して日本人を犯人だと決め付けるのですから、

 酷い話です。ちなみに梅田 氏は閔妃 を「明成皇后」と書いていますが、

 これは諡号 (しごう)と言って高貴な人に死後おくる美称です。


 事件の黒幕と見られる大院君は閔妃 を死後平民に格下げしましたが、

 特命全権公使井上馨 の尽力によって贈り皇族 に戻しています。


 韓国人学者はこのことを知らないそうで、

 朝鮮総督府 が明成皇后という称号を奪って閔妃 と呼んで卑しめたと思っているのだそうです。

 

 

関連記事

Comments

« »

01 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク