FC2ブログ

今日ボクが見た風景

決断できない日本政府に米側が不快感

Category: ブログ  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110090000/441f5957435537c7af5f56a29e9cb5ff_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

訪米延期で普天間問題先送り 「震災」を言い訳に 決断できない日本政府に米側が不快感
2011.5.27

「今年前半」を予定していた菅直人首相の訪米は、26日夕(日本時間27日未明)のオバマ米大統領との首脳会談の結果、9月上旬に先送りされた。(ドービル 酒井充)

 原因は昨年5月に日米両政府で合意した米軍普天間飛行場(沖縄県宜(ぎ)野(の)湾(わん)市)の同県名護市辺野古への移設について、日本政府が実行に移す決断をしなかったことが大きい。首相が訪米までに「県内移設」で地元・沖縄を納得させられる見込みもなく、訪米先送りは単なる問題の先送りになりかねない。

 首相の訪米先送りは、菅政権の行く末に対する米国の不信感の表れとも受け取れる。だが、福山哲郎官房副長官は首脳会談後、「今年前半」が守られなかった理由について「東日本大震災の状況があった」と記者団に説明した。

 首相の今年前半の訪米は昨年11月、オバマ大統領が横浜での日米首脳会談で提案した。首相は直後の記者会見で「来年春ごろ」と前のめりに解釈していた。

だが、昨年5月、それまで「最低でも県外移設」と訴えていた鳩山由紀夫首相(当時)が、自民党政権時代の辺野古移設案に回帰したときから、沖縄県側は一貫して反発を続けてきた。鳩山氏の後を継いだ菅首相も、積極的に説得することもなくズルズルと決断を先送りしてきたため、3月11日の震災発生前から「春ごろ」の首相訪米は困難視されていた。福山氏のいう「震災対応」は単なる言い訳にすぎない。

 昨年5月の日米合意では、普天間飛行場の移設先の具体的な位置や工法を次回の外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)で決めることで一致していた。今回の首脳会談で確認した6月下旬の2プラス2では滑走路2本を建設するV字案の決定を目指すが、政府高官は「次回の2プラス2で決めるとはかぎらない」と言葉を濁し、煮え切らない態度を取り続けている。

 首相は今回の主要国(G8)首脳会議(ドービル・サミット)で、自然エネルギーの発電割合を2020年代の早い時期に20%に引き上げることや、原子力安全に関する国際会議を来年後半に日本で開催することもぶち上げた。

 だが、野党側は29日の首相の帰国後に内閣不信任案を提出する構えのため、首相の政権運営がますます厳しくなることは必至だ。一連の国際公約が「空手形」に終わる可能性もある。



関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク