FC2ブログ

今日ボクが見た風景

「相手がぶつかってきた」漁船衝突事件の船長、香港紙に

Category: 中国  

「相手がぶつかってきた」漁船衝突事件の船長、香港紙に

2011.5.23

23日付の香港紙、明報は、昨年9月に発生した尖閣諸島付近の中国漁船衝突事件の詹其雄船長との単独インタビューを報じた。船長は「相手がぶつかってきた」「日本の当局者に棒で強く殴られた」などと主張している。

 明報は事件以来、初の単独インタビューとしている。今月初旬に行ったといい、場所は明記していないが、福建省の船長の自宅とみられる。

 船長は、尖閣諸島は「中国の領土だ」とあらためて主張。衝突は自分からではなく「彼ら(海上保安庁の巡視船)が突然、向きを変えてぶつかってきた」と述べた。

 さらに「乗り込んできた日本人に棒で首の後ろを殴られ、左の膝をけられた」と当時の状況を説明。「膝はまだ痛い」と訴えた。(共同)





中国逆ギレ「映像は日本の俳優が演じているに違いない」


2010.11.6


中国船の不法行為の証明に中国側は逆ギレ-。尖閣ビデオの流出映像について中国外務省は5日、「真相を変えることはできず、日本側の行為の違法性は隠せない」との談話を発表した。これまで「巡視船からぶつかってきた」と主張してきた官製メディアも勢いを増し、中国国民の反日感情は一層高まっている。(夕刊フジ)

 「小舟がどうして故意に大きい船に衝突する必要があるのだ!?」

 「(映像は)日本の俳優が演じているに違いない!!」

 中国のインターネット上には、こうした日本非難の書き込みが相次いでいる。「信憑性を問えば問うほど、本物と証明された場合には、自分たちの首を絞める結果になる」との冷静な意見も散見されるが、大多数は日本への罵詈雑言だ。

 中国ジャーナリストの富坂聰さんは、「政府から一般国民まで、事件に対する彼らの思想は『あくまで領海侵犯した憎き日本巡視艇を、勇敢なる同志漁船船長が体当たりして懲らしめた』というもの。独善的思想が支配する以上、映像流出も日本政府の陰謀としか映らず、もっと強烈な証拠映像を突きつけても反応は変わらない」と話す。

 また、YouTubeでは、流出映像をコピーした中国人が再投稿したとみられる動画のアクセスが急上昇。タイトルは英語で、《日本の船が中国の船を攻撃》とされている。日本と中国の区別がつかない欧米人に、日本の悪質さを訴えかけるために、わざと中国漁船と海保の巡視船の立場を入れ替えたとみられる。

 沈静化しつつあった内陸部の反日デモが再燃する兆しがある。中国政府は、国際法を守るよう求めた米国政府に対しても「何の根拠もない」と反論。「関係ない第3国が口をはさむことを希望しない」と態度を硬化させている]




中国反論「日本側に賠償請求の権利ない」 漁船衝突事件

2011.2.12

中国外務省の馬朝旭報道官は12日、第11管区海上保安本部(那覇市)が、沖縄・尖閣諸島沖で起きた漁船衝突事件で逮捕、釈放された中国人船長に対し損害賠償を請求したことについて、「日本側は深く反省すべきであり、損害賠償を求める権利はない」との談話を発表した。(北京 川越一)



関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク