FC2ブログ

今日ボクが見た風景

韓国史を高校生の必須課目に…「周辺国の歴史歪曲を認識させる」

Category: 韓国・朝鮮  

韓国史を高校生の必須課目に…「周辺国の歴史歪曲を認識させる」

韓国の高校で2012年度入学生から韓国史が必須科目になることが分かった。韓国教育科学技術部の李周浩(イ・ジュホ)長官が22日、「歴史教育強化方案」についての共同記者会見で明かした。韓国メディアは、「周辺国の歴史歪曲(わいきょく)に対する教育も強化される」などと伝えた。

  教育科学技術部と国史編さん委員会および歴史教育過程開発推進委員会は共同で記者会見を開き、「歴史教育の強化方案」を発表した。人文・自然・芸術など系列に関係なく、来年度の新入生から従来の選択教科ではなく必修教科として韓国史を履修(りしゅう)することになった。歴史認識を高めるとともに、暗記中心の既存の授業を分かりやすくおもしろく改善するなどの内容が盛り込まれた。

  李長官は記者会見の冒頭で竹島問題に触れ、「国民の正しい歴史認識の重要性がこれまで以上に高まっている」、「学生たちがわが歴史に誇りをもてるよう画期的に改善する必要がある」と歴史教育の重要性を強調した。

  韓国メディアは、韓国政府が歴史教育を強化した背景には「領土問題」、「周辺国の歴史歪曲」などがあると分析。「歴史教育を強化し、日本の竹島(韓国名:独島)領有権主張と中国の東北工程など周辺国の歴史歪曲の事実を正しく認識させる」と伝えた。

  韓国では2010年までの入学生は高校1年の時に必須教科として韓国史を履修したが、11年度から選択教科になったばかり。竹島問題をめぐり韓国では韓国史を選択教科にしたことへの批判も多く、「歴史教育をおろそかにしたとの世論が勘案され必須教科になった」との見解を示すメディアもある。(編集担当:金志秀)





地震義援金42億円以上も、竹島をめぐる対立で足踏み=韓国

韓国の募金団体の集計によると、未曾有(みぞう)の被害をもたらした東日本大地震の被災者への義援金が4月14日までに556億ウォン(約42億3000万円)に達した。韓国の複数メディアが相次いで報じた。

  東日本大地震発生直後、韓国では大韓赤十字社をはじめ、複数の機関・団体が義援金を募った。4月14日までの約1カ月間で約556億ウォン(約42億円3000万円)の義援金が集まった。そのうち、大韓赤十字社だけで392億ウォン(約29億6000万円)に達した。大韓赤十字社は5月13日まで募金を続けるという。

  これまでに集まった義援金総額は2010年1月に発生したハイチ地震への義援金を上回っており、募金団体の関係者は「日本が韓国と近い隣の国であるため、ハイチより多くの義援金が集まったとみられる」と述べた。ただ、「募金額が大きく増えることはない」と予想、竹島問題をめぐる対立が原因であるとの見方を示した。

  東日本大地震直後から、ペ・ヨンジュンさんをはじめとする韓流スターたちの寄付が相次ぎ、韓国では支援の輪が広がっていた。しかし、3月30日に発表された中学校社会教科書検定の結果を受け、日本が竹島(韓国名:独島)の領有権主張を強化したことに反発、義援金を慰安婦支援やほかの支援に回すべきとの声も少なくない。(編集担当:金志秀)






関連記事

Comments

« »

10 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク