FC2ブログ

今日ボクが見た風景

ボンバー中国トマトと豆板醤追加(爆)

Category: 中国  

トマトが“爆発”…買って水洗いしたら次々に=中国報道


2011年5月20日


中国の一部メディアは20日、福建省福州市で、朝市で買ったトマト6個を水洗いしたら、次々に“爆発”する現象が発生したと報じた。トマトを買った男性が「スイカ爆発事件」を思い出し、膨張促進剤の影響ではと心配になり、メディアに連絡したという。

 “爆発”といっても、トマトに大きな亀裂が走って割れて中身があふれ出した程度という。

 トマトを調べた福建省農業科学院の専門家は「必ずしも、膨張促進剤の影響とは言えない」との考えを示した。収穫前に雨が多かったので、自然に亀裂が走った可能性があるという。同専門家は「トマトの膨張促進剤は開花時に、花の中に直接注入する」と説明した。

 中国では多くのメディアが「スイカ爆発」を報じ続けている。「飲酒運転とスイカ爆発、どちらが危険か」(中国青年報)など、論説記事も多い。「スイカ爆発」で、多くの人が「食の安全」に対する不安を改めて募らせることになった。(編集担当:如月隼人)



豆板醤爆発…四川のスーパー、買い物客が手に取った瞬間

四川省成都市のスーパーで7日午前、女性買い物客が棚にあったプラスチック製瓶入りの豆板醤(とうばんじゃん=唐辛子みそ)を手に取ったとたん、爆発していたことが分かった。女性客にけがはなかったが、豆板醤を頭からかぶり、目に入るなどで騒ぎになった。スーパーと客は17日、損害補償などで合意した。四川新聞網などが報じた。

  自分の頭より高い商品陳列棚の上部にあった豆板醤の瓶を取ったとたんに爆発した。一緒に買い物をしていた別の女性によると、少し離れた場所にいたが「バン!」という音が聞こえ、「早く来て! 目、目が…」と、叫び声で呼ばれたという。駆けつけると、瓶の内容物を浴びた女性が手で顔を覆っていた。

  爆発した豆板醤は、油なども使った加工品で、女性の衣服や周囲の商品、床に、豆板醤や唐辛子、赤い色の油が飛び散っていた。

  上半身に瓶の内容物を浴びた女性を洗面所に連れて行き、水で何度も目を洗ったところ、約10分後に痛みはやわらぎはじめたという。女性に、その他のけがはなかった。

  女性が店に損害補償を求めたところ、20元(約250円)しか支払わないと言われたので紛糾した。最終的に、店とメーカーが計200元を支払うことで客側と折り合った。

  爆発したのは、成都鵑艶食品有限公司が製造した1.1キログラム入りの紅油豆板醤。容器が透明なプラスチックだったので、破片が飛び散ることはなく、女性客にけががなかったと考えられる。

  同公司は、「極めて珍しい現象だが、内容物や容器の品質に問題があったのではなく、製造過程で発酵状態を正確に把握していなかった。気温の関係もあり容器内で発酵が進み、気体が発生して内部圧力が高まった」、「お買い上げ後に同様な事態が発生した場合、お取り換えいたします」と説明した。



ぼぼぼぼーん



◆解説◆
  豆板醤はソラマメなどで作ったみそ。唐辛子を入れた場合、正確には「豆板辣醤」と呼ぶが、実際には唐辛子を使ったものが多く、簡単に「豆板醤」と呼んでいる。

  最近では、豆板醤と油、調味料を合わせて瓶につめて売っている商品が多い。瓶詰めの商品の場合、加熱により発酵を止める。瓶の中で発酵が進んで爆発したことは、加熱が不十分だったことを意味する。加熱が不十分な場合、人体に有害な細菌などが増殖する可能性も否定できない。

  はかり売り、またはビニール袋などに詰めて売る豆板醤は、発酵が進行中のものが多い。中国では、ニンニクや細かく刻んだトマトなどを加えてさらに発酵させ、自家製の唐辛子みそを作る家庭もある。(編集担当:如月隼人)



その他にも・・・


豆乳製造機が爆発…江蘇省蘇州市呉中区の飲食店でぼーん


マントウの蒸し器が爆発=北京でぼーん


北京市内のうどん屋が爆発でぼーん


ガスボンベと爆竹が同時爆発=福建でぼーん


火を噴く電化製品・爆発する電球=四川でぼーん


「謎の地下室」も爆発=武漢でぼぼぼぼーん


wwwもうやめてあーおなか痛いwww

関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク