FC2ブログ

今日ボクが見た風景

ニューワールドオーダー

Category: ブログ  
NWO(ニューワールドオーダーNew World Order)は、世界政治の潮流である。これは否定しようがない。潮流と言うより、アジェンダ(政治日程)と言うべきである。

 彼のジョージ・H・W・ブッシュ(現ブッシュ大統領の父親)が、議会演説で公言して有名になった。重要である割には、あまり詳しく知られていない。長く、隠されていたからである。近年、公言されるようになったのは、アジェンダ(政治日程)がそこそこ成熟したと考えられるようになったからであろう。正体を顕したというべきである。正体を顕したのを見ると、そこここそのオーダーはちりばめられているのが分かる。


 あらゆる国際機関がそのオーダーによって成り立っているのが分かる。その歴史は古い。近代でも、『シオンのプロトコール』などは、その世界では金字塔と言うべき謀略文書であろう。その他流れをくんだ書簡、名言は数多い。しかしながら、系統的に歴史を知る機会は少ない。系統的に知ると言うことは、客観的に知ることに繋がる。


遠大な偽善の企みと判断している。偽善は打ち破らなければならないと思っている。打ち破られるだろうと思っている。人間の正義が試されていると思っている。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/233.html OUT OF EDENより


クリックすると元のサイズで表示します(自動翻訳に少し修正を加えていますが完璧ではありません)1773 - Mayer Amschel Rothschild assembles twelve of his most influential friends, and convinces them that if they all pool their resources together, they can rule the world. This meeting takes place in Frankfurt, Germany. Rothschild also informs his friends that he has found the perfect candidate, an individual of incredible intellect and ingenuity, to lead the クリックすると元のサイズで表示します
organization he has planned – Adam Weishaupt.
-M・A・ロスチャイルドは彼の最も有力な友人のうちの精鋭12人を集めて、彼ら全員が一緒に彼らの資源を共同出資するならば、彼らが世界を支配することができると彼らに信じさせます。この会議は、フランクフルト(ドイツ)で行われます。ロスチャイルドも、彼が完璧な候補(素晴らしい知識人と発明の才の個人)が彼が計画した組織を導くとわかったことを彼の友人に知らせます – A・ヴァイスハウプト。
クリックすると元のサイズで表示します

May 1, 1776
1776年5月1日 – Adam Weishaupt (code named Spartacus) establishes a secret society called the Order of the Illuminati. Weishaupt is the Professor of Canon Law at the University of Ingolstadt in Bavaria, part of Germany. The Illuminati seek to establish a New World Order. Their objectives are as follows:
– A・ヴァイスハウプト(スパルタクスというコードネーム)は、Illuminatiの勲位と呼ばれている秘密結社を設立します。ヴァイスハウプトはバイエルン(ドイツのパート)のインゴルシュタット大学のキヤノン法の教授です。IlluminatiはNew World Orderを設立しようとします。(:トーマス・ジェファーソンは彼の生徒)彼らの目的は以下の通りです:

1) Abolition of all ordered governments
1)すべてのきちんとした政府の廃止
2) Abolition of private property
2)私有財産の廃止
3) Abolition of inheritance
3)遺産の廃止
4) Abolition of patriotism
4)愛国心の廃止
5) Abolition of the family
5)家族の廃止
6) Abolition of religion
6)宗教の廃止
7) Creation of a world government
7)世界政府の創設

「1.ワンワールド政府と新世界秩序を樹立する。同時に、それらの指揮のもとで、統一された教会と統一された通貨システムを作る。ワンワールド政府は、1920年代と30年代に彼らの教会を設立し始めた。彼らは、信仰は人間に固有のものであり、はけ口が必要であることに気づいたからである。よって彼らは、自分たちの望む方向に人類の信仰を向けるような“教会”組織を設立した。

2.あらゆる国家のアイデンティティーと、国民の誇りを完全に破壊する。これは、ワンワールド政府の概念を機能させる場合に、最も重要な課題だとされていた。

3.宗教、特にキリスト教を破壊する計画を巧みに作り、実行に移す。しかし、彼らが作った上述の宗教だけは例外である。

4.マインド・コントロールと、ズビグニュー・ブレジンスキーがテクノトロニクスと呼ぶものによって、すべての人間をコントロールする能力を確立する。これは、人間のようなロボットを作り、フェリクス・ジェルジンスキーの赤色テロなど、子供のお遊びのように感じられるような恐怖のシステムを作り出すものである。

5.“脱工業化ゼロ成長社会”と彼らが呼んでいるものを作り、あらゆる工業化と、原子力発電を終焉させる。その例外は、コンピューター産業とサービス産業である。残っているアメリカの産業は、メキシコのように、奴隷労働が豊富に利用できる国に輸出される。これは、1993年に北米自由貿易協定(NAFTA)が可決されたことでもわかるように、すでに事実となっている。工業が破壊された後に、アメリカでは雇用不可能の人たちが出るが、彼らはアヘン・ヘロイン、またはコカインの常習者になるか、あるいは“余剰人口”を抹殺する“グローバル2000”というプロセスの対象の1人となる。

6.麻薬の使用を促進し、最終的には合法化する。ポルノを“芸術”とし、広く受け入れさせ、最終的には非常にありふれたものとする。

7.カンボジアのポル・ポト体制が行った“試行実験”に従って、大都市の人口を減らす。なんと、ポル・ポトのジェノサイド計画は、ローマクラブの研究財団に所属する1人の人物がアメリカで立てて、国務省高官のトーマス・エンダーズが監督したものである。さらに面白いことに、現在この委員会は、ポル・ポト派の虐殺者集団をカンボジアで再び政権につけようとしている。

8.イルミナティが有益だと思っているものを除いて、あらゆる科学の発達を抑圧する。特に狙われるのは、平和利用の核エネルギーである。特に嫌悪の対象になっているのは核融合実験で、これは、イルミナティとそのジャーナリズムの手先によって、軽蔑され、あざけられている。核融合技術が進歩すると、イルミナティが流している「天然資源には限りがある」という概念が吹っ飛んでしまうからである。核融合技術は、正しく利用されれば、最もありふれた物質からでさえも、無限の天然資源を作ることができ、現時点ではまだ開発されていない天然資源も作ることができる。核融合技術の利用法は無限で、一般人にはまったく理解されていないような方法で、人類に恩恵を与えることが可能である。

9.2050年までに、彼らが“ムダ飯食い”と呼んでいる30億の人たちを殺す。その手段は、先進国では限定戦争、第三世界では飢えと病気である。三百人委員会(イルミナティ)は、サイラス・ヴァンスに依頼して、どのようにこのジェノサイドを進めるかというテーマで、論文を書かせた。この論文は“グローバル2000レポート”という名前で発行され、元大統領ジェームズ・アール・カーター、当時国務長官のエドウィン・マスキーに受諾され、実行に移す承認を得た。このグローバル2000レポートに基づいて、2050年までにアメリカの人口を1億人減少させる予定になっている。

10.人々の道徳性を弱め、失業者を大量に出すことによって、労働者階級のやる気をなくさせる。ローマクラブが作った“脱工業化ゼロ成長政策”のために、仕事がどんどん少なくなっているので、グローバル2000レポートでは、「張り合いがなくなり、やる気を失った労働者は、アルコールや麻薬に浸るようになる」と述べている。若者たちは、現状に反抗するロック音楽と麻薬によって勇気づけられる。このようにして、家族を徐々に崩壊させ、ついには破壊させる。三百人委員会は、タヴィストック研究所に依頼して、以上のような目的をどのように達成するかという計画を作らせた。タヴィストック研究所は、スタンフォード調査センターに命令して、ウィリス・ハーモン教授の指揮のもとに、その仕事に着手させた。この仕事は、のちに“水瓶座の陰謀(Aquarian Conspiracy)”という名で知られるようになった。

11.次々と危機を作り出すことによって、世界中の人々が、自分の運命を自分で決められないようにし、それらの危機を“管理”できないようにする。人々は混乱し、意気消沈し、あまりにも多くの選択肢に直面して、多くの人が無感動に陥るようになる。アメリカの場合は、危機を管理するための機関がすでに準備されている。この機関は、“連邦緊急事態管理庁(FEMA)”と呼ばれている。私は1980年に初めてこの存在を把握した。

12.新しいカルトを導入し、すでに機能しているカルトをもっと盛んにする。これには、ローリング・ストーンズ(ヨーロッパの黒い貴族が大いに引き立てているギャンググループ)などのロックミュージック・ギャングや、タヴィストック研究所が作り出してきたビートルズ以降のすべてのロックグループが含まれる。

13.イギリスの東インド会社の召使いダービーが始めたキリスト教ファンダメンタリズムのカルトを増強し続ける。このカルトは、“神に選ばれた人々”という神話を通して、ユダヤ人と同一化することによって、シオニスト国家イスラエルを強化するために悪用されるようになる。また、彼らが“キリスト教を促進する宗教的運動”だと間違って信じているものに対して、巨額の金を寄付することによって、イスラエルを強化する。

14.ムスリム同胞団、イスラム原理主義、シーク教などの宗教カルトを広めさせる。また、ジム・ジョーンズと“サムの息子”のタイプのマインド・コントロール実験を実行する。故ホメイニは、イギリスのMI6が作ったものだということは特筆すべきである。この詳細な研究では、アメリカ政府がどういう手順でホメイニを政権につけたかについて詳しく述べてある。

15.“宗教の解放”という概念を世界中に輸出する。これは現存する宗教、特にキリスト教を破壊するためである。最初に行われたのが、“イエズスの解放の神学”である。これは、ニカラグアのソモサ一族の支配を終焉させ、現在では、エルサルバドルを破壊しつつある。エルサルバドルは、すでに25年間も内戦が続いている。コスタリカとホンジュラスにおいても、イエズス会士の扇動によって、革命活動が盛んに行われている。いわゆる“解放の神学”に精力的に携わっている団体の一つに、共産主義志向のメリノール・ミッションがある。数年前に、エルサルバドルでこの団体の4人の“修道女”が殺されたが、その事件が広範囲なマスコミの注目を集めたのは、このためである。4人の修道女は、共産主義破壊活動家で、彼女たちの活動は、エルサルバドル政府によって多くの証拠を握られていた。エルサルバドル政府は、メリノールの修道女たちが、エルサルバドルでどういう活動をしていたかを証明する大量の証拠書類を保有していたが、アメリカの新聞とニューメディアは、それについて一切報道しようとしなかった。メリノールは、多くの国で活動を行っており、ローデシア、モザンビーク、アンゴラ、南アフリカ共和国に共産主義をもたらすために重要な役割を担っている。





 開放の神学その1

 開放の神学その2

16.世界の経済を完全に破壊し、政治を完全な無秩序状態にする。

17.アメリカの対外政策と国内政策を支配下に置く。

18.国連、IMF、BIS、国際司法裁判所などの超国家機関を徹底的に援助する。そして、地域的な機関は、段階的に廃止したり、国連という隠れ蓑の下に入れることによって、できる限り勢力の縮小化を図る。

19.あらゆる政府に浸透して転覆を謀り、政府が持っている“国家主権の尊厳”を政府の内部から破壊する。

20.世界的なテロリスト組織を作り、テロ行為がなされた時には、テロリストたちと交渉する。ここで思い出されるのは、ベッティーノ・クラクシである。クラクシは、イタリア政府とアメリカ政府を説得して、アルド・モロ首相とドジャー将軍を誘拐した“赤い旅団”のメンバーと交渉させた。余談だが、ドジャーは、彼の身に何が起こったかについて、厳しく口止めをされている。もし彼がそれについて口外するようなことがあれば、彼は間違いなく、ヘンリー・キッシンジャーが、アルド・モロ、アリー・ブット、ジア・ウル・ハクにしたようなやり方で、狂気じみた“ひどい目”に遭わされるだろう。

21.アメリカの教育を完全に破壊する目的を持って、アメリカの教育を支配する。1993年には、この政策が十分な影響を与えていることが明らかになりつつあった。この影響力は、初等・中等教育において“結果主義教育(OBE)”が始まった時に、もっと破壊的なものとなるだろう」。括弧内はここから転載・解説

1782年7月 – – Illuminati軍団は、Wilhelmsbad会議でフリーメーソン団と力を合わせます。コントデVirieu(会議の出席者)は、明らかに振りまわされていました。彼が「悲劇の秘密」について尋ねられると、彼は答えます:「私は、あなたに打ちあけることは出来ません。記録係によると会議の出席者(コントデVirieu)のみ恐怖とともにフリーメーソン団について語ることができるということです。私は、あなたが考えているより、こういうことが全くもって深刻であるとだけ言うことが出来ます。」
クリックすると元のサイズで表示します
Illuminati の勲位のinsignaは、1933年に最初に米国の1ドル札の裏側に現れました。人は、13階のピラミッドがベースで、1776年(ローマ数字の MDCCLXVI)を読むことができます。四方八方に放射している目は、ヴァイスハウプトによって設立されたテロリストやゲシュタポのような)機関を象徴している「すべて見渡すホロスの目」です。ラテンの語「ANNUIT COEPTIS」は新社会秩序を意味し「我々の陰謀は、成功を授けられましたの意味です。」、下の「NOVUS ORDO SECLORUM」は「新しいSocial Order」または「New World Orderの意味です」。

「イルミナティとはLUCIFERを崇拝する悪魔主義者のことである。米国一ドル紙幣の裏側の左側に”裏の国璽(こくじ)”を見ることが出来る。ところがアメリカはこの国璽(Seal)で何も捺印(Seal)しなかったし,そのつもりもなかった。この国璽は実は秘密の暗号なのである。アダム・ヴァィスシャウプトによって作られたこの印章は,1933年連邦準備制度理事会(FRB)によってドル紙幣につけられた。ロスチャイルド法廷の頭石とルシファーの”万物を見通す目”とピラミッドがイルミナティの組織構造である。NOVUS ORDO SECLORUMとは”新世界秩序”または”世界統一政府”という意味である。ANNUIT COEPTISは”我らの事業(陰謀)は成功の冠を受けた”である。ピラミッドの基底部にあるローマ字はアメリカの独立記念日であるとされているが,それにしては1776年7月4日ではなく1776年5月1日である。これはアメリカイルミナティの誕生日なのである。アメリカのコインに書かれているIn God We Trust(我らは神に委ねる)という”神”は決してイエス・キリストを言っているのではない。オカルトの神,サタンであるルシファーを指しているのである」<管理人よりの補足

1785 ;
Ratisbonの町を通って馬の背に乗って旅行している間、Lanzeという名のIlluminatiメッセンジャーが稲妻に打たれて、死にます。バイエルンの当局が彼のサドルバッグの中身を調べるとき、彼らはIlluminatiの勲位があることをを発見して、来たるべきフランス革命の計画をを詳述しているのを発見します。バイエルンの政府は差し迫った災害のフランスの政府に警戒を促そうとします、しかし、フランス政府はこの警告に気付くことはありませんでした。バイエルンの当局は彼らが見つけることができるIlluminatiのすべてのメンバーを逮捕します、しかし、ヴァイスハウプトと他のメンバーは地下に潜伏し、見つかることはありませんでし。

1796 ; フリーメーソン団は、アメリカ合衆国での大統領選挙の大きな問題になりました。ジョンアダムズはMasonryに反対することによって選挙に勝ちます、そして、彼の息子(ジョンクインシーアダムズ)はフリーメーソンのLodgesによって配置された国に対する恐ろしい脅威を警告します:「、私はフリーメーソン団の勲位が最も大きな道徳的,政治的な悪の一つであると真面目に、そして、心から思っています、」

1797 ;
– ジョンロビソン、(スコットランドのエジンバラ大学の博物学の教授)は 、A・ヴァイスハウプトが彼を入会させようとしたことを明らかにする「陰謀のの証明」と題される本を出版します。彼は、Illuminatiの悪魔のような狙いを世界に晒すことになりました。

1821 ; ジョージW. F.ヘーゲルは、いわゆるイルミナティの目標が達成されるヘーゲルの弁証法を明確に述べています。ヘーゲルの弁証法によると、正+反=合ということです。言い換えると、最初に、あなたは危機を起こします。それから、一般の人たちはその問題について何かなされなければならないと考えます。当初人々がいやいやながら受け入れるようにあなたは解決の糸口を提供すればよいのです。

1828 ; – イルミナティに資金提供しているM・A・ロスチャイルドは、彼のような国際金融資本家を管理しようとする中央政府を意に介せず:「我に通貨の発行権を与えよ。そうすればいかなる法律が出来ようが構わない」ということです。

 イルミナティとは.....はここをクリック

1848 ;
モーゼモルデカイマルクスレヴィ(別名、カールマルクス)は、「共産党宣言クリックすると元のサイズで表示しますを書きます。」、マルクスはJustの連盟と呼ばれているIlluminati 正面組織のメンバーです。経済擁護団体と政治変革だけでなく彼は、同様に道徳的で精神的な変化を主唱します。彼は、家族が廃止されなければならない、そして、すべての子供たちが中央当局によって育てられなければならないと信じています。彼は神に対して彼の態度を表明します:「我々は、国の愛国心,宗教についてのすべての考えに対して戦わなければならない。神についての考えは、異常な文明の基調です。それは破壊されなければなりません。」
クリックすると元のサイズで表示します

Albert Pike
アルバート パイク

アルバート・パイクは何者か?参照

1870年1月22日 ;1875 – ロシアの神秘主義者ヘレナH・P・ブラヴァッキーは、神智学協クリックすると元のサイズで表示します会を創設した。。ブラワツキー夫人は、Himilayas(その人を、彼女はWisdomのマスターズと称します)のチベットの聖人がテレパシーによってロンドンで彼女と情報交換したと主張します。彼女は、キリスト教徒が全く後方にそれを持つと主張します – そのサタンはよく,そして、神は凶悪です。彼女は書きます:「キリスト教徒と科学者は、彼らのインドの上司を尊敬させられなければなりません。インド(彼女の哲学と達成)のWisdomは、ヨーロッパとアメリカで知らされなければなりません。」

1884 ; – フェビアン協会は、社会主義を広めるために、大英帝国で設立されます。 フェビアン協会は、ローマのファビウスマキシマス将軍から、その名前をとります、 そしてその人はハンニバルの軍と戦いました。

1889年7月14日 – クリックすると元のサイズで表示します– アルバートパイクは、世界の23の最高Councilsに、指示を出します。彼は、誰がフリーメーソンの崇拝の本当の対象であるかについて明らかにします:「あなた(Sovereign Grand Instructors General)にとって、我々はこの(あなたが第32のBrethrenにそれを繰り返すかもしれないために)第31で第30の位階を言います:フリーメーソンの宗教は、高い位階の私たち一同入門者によって、真のLuciferian教義が維持されなければなりません。」

 「彼が1871年8月15日付けで、イタリアのグランド・オリエント・フリーメイソンのトップで「イタリア建国の父」であるジュゼッペ・マッチーニ(イタリア・マフィアや「ヤング・アメリカ」の父でもある)に送った書簡には、(我々にとって)恐るべき「未来計画」が書かれていた。

 それによると、まず、「世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ」と書いてあり、「1回目はロシアを倒すために、2回目はドイツを倒すために、3回目はシオニストとイスラム教徒がお互いに滅し合い、いずれ世界の国々もこの戦争に巻き込まれ、それが最終戦争に結びつくだろう」と書かれていた。

いわく、

「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」
              <↑さてはてメモ帳>より

1890~1896 ; セシルローズ(ジョンラスキンの熱心な学生)は、英国植民地当時の南アフリカの首相です。彼は、豊富な南アフリカの金とダイヤモンドを利用して、支配することができます。彼は、エリートを支配することによって世界のすべてに住める部分を持つために働きます。そのためには、彼は有名なローズ奨学金を確立するために、彼の莫大な富の一部を使います。(:セシルはロスチャイルドの南アフリカでの代理人)

1893 ; – 神智学協会は、シカゴでの世界宗教会議を支援します。会議の目的は、ヒンズーと仏教概念(例えば輪廻に対する信頼)を西側に伝えることです。

1911 ; 大英帝国の社会党は、彼らがはっきりキリスト教の彼らの位置を述べる「社会主義と宗教」と題されるパンフレットを出版します:「社会主義がが宗教の天敵であることは、したがって、広い意味で真実です。キリスト教の社会党員は、実際反社会党員です。キリスト教は、社会主義のアンティ・テーゼです。」

1912 ; E・M・ハウス大佐、ウッドローウイルソン大統領の親しいアドバイザーは、「フィリップDruを発表します:彼が「カールマルクスによって夢見られた、社会主義」を進めるためです」。

1913年2月3日 ; – 米国憲法第16の修正は、連邦政府が進歩的な所得税を課すことを可能になるよう批准されます。 「共産党宣言」のマニフェストは、進歩的な所得税を求めました。(カナダでは、戦争運動に融資する「当面の方法」として、所得税が1917年に導入されます。)

1913 ; ウッドローウィルソン大統領は、「ニューフリーダム」を発表します、そして彼は明かします:「私が政界に入ってから私は主に個人的に私に打ち明けてくれる男性の意見を聞きました。アメリカで最も偉大な商業と製造の分野で男たちの何人かは誰かを恐れ何かを恐れていました。彼らはその力がとてもうまく組織されてとても微妙で,注意深くつながっていて彼らを非難することはしないほうが良いと分かっているのです。

1913年12月23日 ; – 連邦準備制度理事会(それは私的な機関です)がつくられます。それはJekyl島で1910年に密会で計画されました。そして、ジョージアが、一団の銀行家と政治家によって、コロラドハウスを含めました。これは、アメリカの政府から私的な銀行家グループにお金を生み出す権限を委譲することになる。連邦準備法は、クリスマス休暇の直前に急いで可決されます。 連邦議会議員チャールズA.リンドバーグSrは(有名な飛行士の父) 警告します:「この行為は、この世で最も巨大な信用を確立します。大統領がこの行為に署名するとき、金融支配(マネートラストInvestigation のそばに存在するために証明される)による見えない政府は合法化されます。」

 FRBはここを参照

世界最悪のギャングFRB(英文)

1916 ; – 法律に連邦準備法に署名することの後の3年、ウッドローウィルソン大統領は、自戒します:「私は、とても不幸な男性です。私は、私の国を無意識に滅ぼしました。偉大な工業国は、信用のそのシステムによって支配されます。信用の我々のシステムは、集中されます。したがって、国の成長とすべての我々の活動は、 2、3の男性の手の中にあるです。我々は、支配される最悪の場合のうちの1つ、最も完全に制御されたもののうちの1つと文明世界の支配された政府になりました。自由な意見(大多数の確信と票による政府でなく、少数の男性の意見と強要による政府になってしまった。」

1917 ; クリックすると元のサイズで表示します– 援助がニューヨーク市とロンドン(V. i.レーニン)の融資者からにあってロシアの政府を倒すことができます。レーニンは、後で著名な資本主義者と共産主義の関連の見た目の矛盾についてコメントします:「また、もう一つの同盟が存在します – 最初は、見知らぬ人(驚くべきもの)をそらしてください – しかし、あなたがそれについて、実際考えるならば、よく地上に釘づけにされて理解するのが簡単であるもの。これは、我々の共産党員リーダーとあなたの資本主義者の間の同盟です。」(ヘーゲルの弁証法を覚えています?)

クリックすると元のサイズで表示します

へーゲル。Thesis資本主義+AntiーThesis共産主義=New World Order

1919年5月30日
– 有能な英国人とアメリカ人が王立国際問題研究所を設立し アメリカのインターナショナルAffairsは、コロラドハウスによって合意しました; 有名な経済学者ジョンメイナードケインズを含むいろいろなファビアン社会主義者出席のも設立された。


英国のウィンストンチャーチルは、イルミナティとロシアでのボルシェビキ革命の関係を了解していました。彼は、観察します:「スパルタクス-ワイスハウプトの日からカールマルクスのそれらまで、トロツキー、ベーラ Kun、ローザルクセンブルクとエマゴールドマンのそれらにとって、文明の打倒のための、そして、閉塞性(うらやましそうな悪意としようのない平等の)を基礎とした社会の再結合のためのこの世界的な陰謀は、着実に成長していました。それは、フランス革命の悲劇で、明らかに認識できる役割を演じました。それは19世紀の間のあらゆる破壊的な運動の主動力でした。
1920-1931
ルイスT.マクファデンは、Bankingの上の下院委員会の議長です、そして、 Curency. 連邦準備制度理事会に関して連邦議会議員マクファデンは記します:「連邦準備法が可決されたとき、これらのアメリカ合衆国の人々は世界銀行システムがここで設立されていると認めませんでした。彼ら自身の喜びのために世界を隷属させるために一緒に行動している国際金融資本家と国際的な実業家によって監督される国際政治機構。あらゆる努力はその力を隠すために連邦準備制度理事会によってなされました、しかし、真実はそうです – 連邦準備制度理事会は、政府を奪いました。それはすべてをここで支配します、そして、それはすべての我々の外交関係をコントロールします。それは、自由に政府を作って、壊します。」、大恐慌とFDRのニューディールは意のままです。彼は断言します:「それは、事故でありませんでした。それは、慎重に計画されていたのです。国際金融資本家は絶望的条件を突きつけ我々みなの統治者となるかもしれないのです」

コロラドハウスは英国王立国際問題研究所の米国外交委員会(CFR)への再編をします。過去60年間8割の高位のポストは民主共和を問わずこの組織によって牛耳られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
December 15, 1922
1922年12月15日 – The CFR(管理人注:オバマはここのメンバー) endorses World Government in its magazine “Foreign Affairs." Author Philip Kerr states: “Obviously there is going to be no peace nor prosperity for mankind as long as the earth remains divided into 50 or 60 independent states, until some kind of international system is created. The real problem today is that of world government.”
– CFRは、その雑誌「Foreign Affaires」で、世界政府を支持します。アーサー・フィリップカーが述べます:「何らかの国際的なシステムが作成されるまで、明らかに、地球が50 または60の独立国家に分けられている限り、平和も繁栄も人類のためにはないだろう。本当の問題は、今日、世界政府のそれです,と。」

クリックすると元のサイズで表示します
 いよいよ俺の出番か?.........お願いします♪



関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク