FC2ブログ

今日ボクが見た風景

橋下維新に接触、公明が副議長 大阪市会の議長選連携不発

Category: ブログ  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110088000/3659582bfcbf074a4756866c36fc808a_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

橋下維新に接触、公明が副議長 大阪市会の議長選連携不発
2011.5.18

大阪市議会の議長ポストをめぐる動きで17日、第1会派の大阪維新の会が議長ポスト、第2会派の公明市議団が副議長ポストを獲得する見通しとなった。公明が「第1会派の民意を尊重したい」とし、独自の議長候補擁立を断念。公明・自民・民主系の3派の統一候補擁立も見送る公算となったため。維新は大内啓治市議の擁立を決めており、大内氏の議長就任が固まった。また、関係者によると、副議長には公明の青江達夫市議の名前が挙がっているという。

 この日は19日の議長選をめぐり各会派内の会合や会派間協議が断続的に開催。議長ポスト獲得に意欲を見せる自民は公明、民主系との連携を模索したが合意できなかった。

 一方、公明は17日夕から維新と接触。市議選出の2人の監査委員を1人にする維新の提案に反対姿勢を示したほか、議員報酬削減や定数削減などを協議することで各派合意していた議会改革の検討会議を開く前に、維新が条例改正案の提案を準備していることにも反発。「不信感がある」と迫った。

 維新は「報酬と定数の条例改正は公約なので譲れない」と撤回に応じなかったが、市議選出の監査委員を減らす提案を取り下げる妥協案を提示して譲歩。その後、公明が議長擁立の見送りを決めた。

 維新の美延映夫幹事長は「開かれた議会運営をやっていきたい」とほっとした表情。公明の高山仁幹事長は「さまざまな意見があり苦しい選択をした」と語った。一方、自民の荒木幹男幹事長は「予想だにしなかった結論で残念だ」と厳しい表情だった。
関連記事

Comments

« »

09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク