FC2ブログ

今日ボクが見た風景

対馬は韓国領土

Category: 韓国・朝鮮  

対馬は韓国領土証明する文献多数

~「歴史的根拠は明白、積極的に返還運動を」


「対馬という島は本来、鶏林(ケリム)(新羅の別称で慶尚道(キョンサンド)を示す)に属した我が国の土地だ。
これは文書にも記録された明白な事実だ。」<朝鮮世宗実録>

去る11日、ニュデイリー・イ・スンマン研究所が主催した第3次イ・スンマンフォーラムでキム・サンフン大佐が「対馬を明白な大韓民国領土」と主張したのに続き、これを後押しする歴史的な資料が多数発見されている。

対馬は総面積が鬱陵島(ウルルンド)の約10倍に達する708平方キロだ。
釜山から49.5キロ離れ福岡との距離は138キロに達する。位置は北緯34度42分から北緯34度5分の間で経度は東経129度30分から東経129度10分に位置する。

桓壇古記高句麗王の伝記は「九州と対馬は三韓が分割して治めた場所で、本来、倭人が世居した所ではなく」と「対馬は三加羅に分かれたので佐護加羅という新羅に属し、仁位加羅という高句麗に、鶏知加羅いう百済に属した」と記述している。

三国時代初期には対馬を津島と呼んだという記録もある。
また、高麗恭愍王の時は対馬州は高麗から地方武官職の万戸位を受けたことが記録されている。

朝鮮初期、申叔舟(シン・スクチュシ)など17人が通信使として日本旅行で残した「海行摠載」には「三国時代にすでに日本に住む倭人たちは対馬を外国と見たし、対馬の人々は自ら半朝鮮人で呼んだ」と記録されている。

また、朝鮮世宗実録には「対馬という島は本来、鶏林に属した我が国の土地だ。
これは文書にも記録された明白な事実だ。
ただし土地がとても狭いうえに海の真ん中あって往来が不便な関係で国民が入って生活していないだけだ。」と記録している。

1719年朝鮮通信使として日本を訪問した申維翰(シン・ユハン)は「海遊録」で「対馬は朝鮮の一村に過ぎない。
太守が朝鮮王室から印鑑を貰ったし朝廷の禄を食んで多様なことに命を求めて受けたから我が国について藩臣の義理がある」と話した。

このように対馬は明白な朝鮮領土と認識されるが、日本が近代国家再編過程で日本領土に編入した。
当時、朝鮮は鎖国政策で列強の開放要求に対抗してこのような国際情勢に積極的に対処できず、対馬の日本支配を防ぐことができなかった。

これと関連して各界では「歴史的な根拠が明白なだけに、対馬について私たちの土地という主張を積極的に広げる必要がある」と声を高めている。

ソース:ニューデイリー(韓国語) 世宗実録「対馬は私たち慶尚道の土地だ」
http://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=78888



ウリナラファンタジー



歴史的事実があるから
朝鮮半島は中国に返還だなw


とりあえず朝鮮半島を中国に返還してから話は聞こう

あと、ハングル訳でない朝鮮王朝実録読め、
"日本國對馬島"って書いてあるから


2009年にもこんなのありました


【韓国】 偽書論争続く「桓檀古記」~本当なら世界文明の始源が韓民族に


偽書論争が続く古書は多い。最近出版されたキム・ジンミョン氏の小説「千年の禁書」は紀元前18世紀の韓国古代史に文明の進んだ国が存在したという根拠として「檀君世紀」という本をあげている。どういう本であろうか?

世に知られてから数十年の間真偽論争が続く本が「桓檀古記」だ。同書は4つの部分から構成されている。「三聖紀」「北夫余紀」「太白逸史」問題の「檀君世紀」がそれだ。桓檀古記はその本自体が制度圏(訳注:社会制度を脱しない領域や範囲の意。ここでは学会を指す。)と在野を分ける基準と認識れている。制度圏史学者らがほとんど例外なしにこの本を「偽書」と見ており、本自体を取り上げて論じること禁止されている。いったいなぜ?

この本が紹介する私たちの古代史の姿は想像を絶する。韓国史の出発点が1万年前近くさかのぼる。その領域も非常に広い。世界文明の始源が韓民族にあると見なされるほどだ。

2009070301102_1.jpg
▲中国吉林省汪清に立てられた熊女の石像。檀君神話に登場する桓雄の夫人で檀君の母である
熊女は「桓檀古記」では「ウン氏の娘」「熊族の首領女性」と記録されている。/朝鮮日報DB

三聖紀によれば檀君神話で檀君の祖父として登場する桓仁が天海東側に桓国をたてた。領土が南 北5万里、東西2万里であり12カ国から構成された連邦国家であった。「浅い海」をバイカル湖に、12 カ国の中の一つの須密爾国を世界最古の文明を産んだシュメールと見る人々もいる。三聖紀は7人 の桓仁が在位する間、桓国は3301年または6万3182年間持続したと書いた。

桓国晩年に息子の桓雄が太白山神檀樹に下りて熊氏の娘と結婚して民を教化し倍達(ペダル)国を たてた。倍達国は18人の桓因が1565年の間治めた。その中で14代慈烏支桓雄がまさに蚩尤天王
だ。蚩尤天王は中国神話で三皇五帝のひとりの黄帝として登場する軒轅と73回の戦争を行って、すべて勝った。檀君世紀は以後、檀君王倹が倍達国を継承した新しい国をアサダルに開いて国名を朝鮮(古朝鮮)としたと記録する。朝鮮は合計47人の檀君によって2096年間存続した。当時、韓半島と中国東北大部分の地域が朝鮮の領域だった。

2009070301102_2.jpg
▲(左側) 「桓檀古記」を扱ったある放送番組で「桓国時代の領土」として紹介したもの。(右側)「レッドデビルス」の象徴、蚩尤天王。「桓檀古記」で第14代桓雄として出てくる。

「桓檀古記」と類似の内容を持つ歴史書が「揆園史話」と「檀奇古史」だ。どちらも他の史書にはない 古朝鮮歴代檀君の在位期間と政治功績を記録している。この三冊の本は一言で「在野史学界の古代史復元3セット」とするに値する。三つの本には共通点がある。

▲全て20世紀以後に出版されたり知らされた
▲編者らは「かなり以前から伝えられてきたり伝えられた本を参考にした本」と話し
▲仙教または特定宗教の色彩がかかり
▲1980年代以後、在野史学界の古代史関連主張に重要な論拠になっていると同時に教壇史学界からは偽書と見なされている点などだ。(中略=肯定と否定の学説紹介)

重要なことは「桓檀古記」などが過去30年間、私たちの社会と文化に莫大な影響を及ぼしたという事実だ。中国神話に出てくる「蚩尤」は「桓檀古記」の存在を経て国家代表サッカー応援団の象徴になった。バイカル湖に民族の起源を探す見解もこの本と関係がなくはなかった。
古朝鮮時代にハングルと類似の文字の「加臨土」(カリント)が存在したという主張の論拠も「桓檀古記」であった。安市(アンシ)城の戦闘直後、高句麗の淵蓋蘇文が唐の太宗を長安城まで追撃して、降参を受けたというこの本の記録もしばしば引用された。

反面「桓檀古記」などを偽書と見る主流学界の意見は大衆の大きな支持を受けることができずに「植民史学」と罵倒されたこともある。詩人キム・ジハ氏などの一部文人らは「古朝鮮の歴史を開かなければ未来のための想像力を刺激することはできない」として「桓檀古記」を擁護している。(後略)

ユ・ソクチェ記者

ソース:朝鮮日報(韓国語) [Why]乗り気になるが信じるには…とてもきらびやかな韓民族古代史(抄訳)
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/07/03/2009070301183.html




これを社会全体で言ってるところがすごい。

日本とは全く違う人種なんだなぁ



はい!DNAレベルから違います!


朝鮮半島や中国人は南方系O系統であり、日本人は現在世界で極めて希少のD系統を、
その最大集積地点として高頻度で受け継いでいる。これ以外は山岳のチベットにのみ存在する。
またこのD系統は、アジア人種よりも地中海沿岸や中東に広く分布するE系統の仲間であり、
Y遺伝子の中でも非常に古い系統である。
D2系統がアイヌ人88%、沖縄人56%、本土日本42~56%(参考までチベット33%)で、
韓国ではほぼ0%である。
事実上アイヌと本土日本人は大差がなく、アイヌに南方系を足したのが本土日本人となる。

アリゾナ大学のマイケル・F・ハマー (Michael F. Hammer) のY染色体分析でもYAPハプロタイプ
(D系統)が扱われ、さらにチベット人も沖縄人同様50%の頻度でこのYAPハプロタイプを
持っていることを根拠に、
縄文人の祖先は約5万年前に中央アジアにいた集団が東進を続けた結果、約3万年前の
氷河期に陸続きの北方ルートで北海道に到着したとするシナリオを提出した。

大半を占めるシベリア系の遺伝子基盤にシナ大陸中南部系を追加しただけで日本人の
90%を占める。残りの10%は東南アジア系等のさまざまなDNAで、今の朝鮮半島人のDNAと
似たものは僅かに5%程度。

これらの事実から、日本人は北方型蒙古系の古く希少なDNAを持つ民族で、韓国人とは
赤の他人と結論できる。






関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク