FC2ブログ

今日ボクが見た風景

柳美里(在日)の告白

Category: 在日・パチンコ  

消防署のかたが来訪。

16時と18時に、息子が119番通報し、源氏山で煙と炎を見た、とのことだが、確認したところ焚火や不審火の跡はどこにもない、と……
あの消防車と救急車の音は、息子の通報によるものだったのか……

なんで、こんなに、嘘つきなんだろう。

嘘、嘘、嘘ばかり吐いて……
http://blog.goo.ne.jp/yu_miri/e/e485fc8763b11815a4cc91296fd24bb8
さっき、海上保安庁から自宅に電話があった。息子の携帯電話から、

「A中学校2年のムラカミトモハルという者ですけれど、アマチュア無線2級の資格を
持っています。遭難したようなので救助してください」
と通報があり、住所と電話番号を訊ねたところ、ここの住所と電話番号を言った、ということなのです。

海上保安庁は、救助艇とヘリコプターを出動させたけれど、遭難船が見つからないので、息子の携帯電話に連絡すると、
「いま、高校受験のために大船のB塾で授業を受けているので、後でかけなおします」と、携帯電話の電源を切ってしまった……

海上保安庁のかたには、実際は小学5年生であること、虚言癖があること、ADHDであることを説明し、
丁重にお詫びをしましたが、ヘリコプター捜索などで費用がかさんでいるので、後で連絡をする、とのこと……
費用請求をされたらされたで、対処を考えるとして、後日改めて息子と謝罪に行かなければなりません、海上保安庁に……

そして、無線……クリスマスにプレゼントした無線機は棄てます。
無線関係の本も全部、棄てます。
息子に無線を教えてくださったかたにも連絡し、今後一切息子に無線の話をしないでください、とお願いします。

昨日は消防署で、今日は海上保安庁……大変なことになった……さぁ、どうする?
http://megalodon.jp/2011-0217-1841-38/blog.goo.ne.jp/yu_miri/e/521a94daec7f170d28515dceaed3dbde
柳美里の告白、私は絶望的に子育てに失敗した
http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG5/20110217/28/






セコい男、嘘つく男にはなってほしくない…  2011年01月21日 21時02分14秒 | 日記
息子はお金持ってるんですよ。
クリスマス、お年玉、誕生日……
自分の欲しいものを手に入れるのに、自分の金は使いたくないっていうセコさが嫌だ。
嘘のスケールも小さい。
みみっちくて、ちっさい男って、サイテーだからねサイアク。


想像する…想像したくないのに……  2011年01月21日 00時24分11秒 | 日記
財布から1万円札を抜き取って、ズボンポケットに入れる息子……
はじめて降り立った平塚の町をキョロキョロしながら歩く息子……
洋蘭園の温室に入り、鉢植えを見て歩く息子……
3鉢選んで、1万円札を洋蘭園のひとに手渡す息子……
両手に重い鉢を持って、平塚駅目指して歩く息子……
東海道線の車内、買った鉢を抱きかかえ、わたしと彼にバレないように、温室の他の洋蘭鉢(なにせ200鉢以上あるから…)
に紛らせるやり方をシュミレーションする息子……


しかし…… 2011年01月21日 00時06分37秒 | 日記
今日一日、気持ちが沈んでいたのは事実……
歩きながら、走りながら、チャリに乗りながら、
「子どもは邪悪だ…」
と、呟いている。
息子に話しかけられても上の空……
へぇとか、ふぅんとか相槌打つのが精一杯……
104計画って……





2008年2月、自身のフォトログに、泣いている長男の顔写真とともに
「子供が嘘をついたので8時間ひっぱたき、学校を休ませ、
罰として朝食も昼食も与えなかった」「糞野郎ッ!」などと掲載した[6]ことにより、
書き込みを見た一般人が「児童虐待ではないか」と児童相談所に通報し、
児童福祉司3人(男性2名、女性1名)が柳の自宅を訪問する事態にエスカレートした。



10年位前週刊誌の林真理子との対談で「好きなものは?」と
聞かれ「子供の泣き声」と答えてた。

わざと混雑した電車にのり幼児連れの母親を探し、
慎重に幼児に近づき母親の死角から幼児をつねりあげる。
当然火の付いたように泣き叫ぶ幼児、理由がわからず困惑する母親

そしてそれを時間をおいて何度か繰り返すと母親も回りの
視線や泣き声でイライラし始めついには幼児に手をだしてしまう。

そのときの幼児の絶望の悲鳴がたまらない、と答えていた


ギリギリまで大きく育ててから中絶するのを12回繰り返すとかも凄い
聞けば聞くほど、調べれば調べるほどマジキチエピソードばかり出てくる。




━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━



鬱という言葉を思い出してしまった

同じ環境に置かれてもその結果に至る者とそうでない者

その違いは何だろう


鬱は精神的に健康な者でも陥る症状であり

所謂スランプ(落ち込み状態)でしかない・・・と私は考えている


それを病的な症状に至らしめるか

そうでないかは個人の性質、性格によるものであろう


(脳の萎縮などによる明らかな病原がある場合と薬物によるものを除いて)


責任感の強さや繊細さにより自分を責め

自死に至る悲しい事例が後を絶たない


日本では毎年3万もの命が自死により消えている


実に今回の震災で消えた命と同じ数の人間が毎年消えているのだ



その一方であくまでも他罰的で利己的な人間は周りを鬱にしながら

のうのうと被害者のふりをして生き延びている


この種類の人間は鬱になる事は無い


事が起きても責任を放棄する事を恥と思わず

しでかした事が悪事であっても

罪は自分にではなく自分をそこに追いやった環境や境遇に在ると語り

その環境を作った人間が悪いと言って責任転嫁を図るのだ


つまり、自分は常に被害者である


人生に措いてそんな事はありえない

人は必ず過ちを犯し、反省したり、改心しながら生きている

取り返しのつかない過ちを犯さぬように

自分がされて嫌な事は他人様にしたらいかん

そう教わったことを忘れまいと生きている

だからこそ強くもなれるし優しくもなれるのだ

自分なりの正義感を育む

そこに人としての成長が在る


さてココまで来て察しの良い方ならお分かりになった事と思う



この柳美里なる者

自分が子供を育てられない事を

一体何のせいにしたがっているのでしょうか


そうです 自分の境遇の不幸 です


所謂在日達の共通のアレです


被害者の立場なら何をしても許されるべき

その為なら嘘も平気

そんな卑しい人間が自分より立場の弱い存在を護れるはずも無い


本来護るべき子供に向けられる狂気


それは自分の核となる歴史を無視し現実を装飾し

人として自分を律する術を持たず正義を失った人の悲しさ故なのでしょう


親の背中を見て子供は成長したのです

それだけです


まるで うつし鏡 のように

親の精神が子に宿る


子を貶す親は自分の何が間違いだったか

大抵 気付いているものですよ


よって柳美里は子育てに失敗したのではない

一人の人間として生きることに敗北していると云う事だ









いまどきの日本人も

親の質が劣化しています

もうバカばっかり


大体、子供の機嫌をを伺う親など

存在しないほうがいい親です


怖いものが無い人間は脆い

敬いを忘れた人間は傲慢になる

自分を持て余し人生を台無しにしかねない


子供を強く素直さを持ったしなやかな人間に育てたいなら

憎まれ役を買って出なさい


親業の醍醐味はそこに在る





そうでない親を持ったなら・・・


自分が望んだ親の姿を

我が子に与えてあげなさい















関連記事

Comments

« »

04 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク