FC2ブログ

今日ボクが見た風景

松本外相「中国との交流の強化を」

Category: 政治  

松本外相「中国との交流の強化を」「東シナ海を平和、協力、友好の海に」

中国メディアの「環球時報」はこのほど、日本の松本剛明外相に書面インタビューを行った。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

環球時報:東日本大震災の直前に外相に就任されたが、当初、日本の対中政策をどのように見ていたか。地震による影響はあるか。

松本外相:3月9日に外務大臣への就任を言い渡された。中国は一衣帯水の隣国で、日中関係は日中両国だけでなく、地域や国際社会にも非常に重要だ。日本は大局的視点から、中国と各分野での協力を進め、「戦略的互恵関係」の内容を充実させていく考えだ。

大臣に就任した2日後に東日本大震災は発生した。地震発生後、胡錦濤主席は在中国日本大使館を訪れ犠牲者を弔問し、温家宝総理、楊潔チ外交部長ら中国の政治家や多くの国民が次々と慰問の言葉を寄せてくれた。

そのほか、中国が派遣した国際救援隊や救援物資、民間で集められた多くの義援金により、日中の長期にわたる友好関係を改めて振り返ることができた。この場を借りて、日本政府と国民を代表して心から感謝する。特に、津波被害が深刻だった岩手県大船渡市で、中国の救援隊は降雪と極寒の中、連日にわたって捜索活動を懸命に行ってくれた。救援隊の一人一人に心から敬意を払いたい。

私たちは中国の温かい援助と多くの激励をしっかり心に留め、戦略的互恵関係の内容を充実させ、両国民の感情を改善するため、次の3つのことに取り組み、成果を上げたいと思っている。1つ目は防災、原子力安全、環境分野の協力、2つ目は東シナ海を「平和、協力、友好の海」にできるよう共に努力すること、3つ目は人文交流の強化だ。(編集担当:米原裕子)


サーチナ 【政治ニュース】 2011/05/14(土)


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0514&f=politics_0514_008.shtml




るーぴーなビジョン

付きつけられている現実




中国の若者 「日本は釣魚島から出て行け」「日本を滅ぼせ」

中国四川省成都など3都市で16日午後、計1万人を超えるとみられる大規模な反日デモが行われ、成都では日系スーパーのショーケースが破壊された。同日、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で起きた中国漁船衝突事件をめぐり、東京の中国大使館前で同島の領有権を主張する中国への抗議デモが行われており、中国のデモ隊はこれに対抗したとみられる。中国での大規模な反日デモは05年4月以来。日中関係が再び緊張し始めた。

「日本は釣魚島から出て行け」「日本を滅ぼせ」。

成都市内で起きた反日デモでは、2000人を超える若者らが横断幕を掲げながら大通りを行進。市中心部にある日系スーパーのイトーヨーカ堂春熙店は、午後2時ごろから群衆に包囲された。デモ隊は石やレンガを投げるなどして窓ガラスを破壊。隣接する伊勢丹にもデモ隊がなだれ込み、ショーウインドーを壊した。事態を受け両店は客を避難させた上で営業を停止。出動した警察の治安部隊とデモ隊がにらみ合うなど、一帯は群衆で交通がまひした。

陝西省西安市でも7000人以上がデモ行進し、日本料理店や日系スポーツ用品メーカー、ミズノの店舗に押し掛けた。中国のウェブサイトに掲載された写真によると「中国にとってもっとも大事なことは日本を滅ぼすことだ」と書いたプラカードを掲げた若者たちが赤い中国旗を振り回した。河南省鄭州市でもデモが行われた。北京の日本大使館によると、一連の反日デモで日本人が負傷したとの情報は入っていないが、中国外務省に現地在留邦人の安全確保などを要請したという。

“火”をつけたのは、同日午後、東京の中国大使館前で行われた抗議デモだったとみられる。田母神俊雄・前航空幕僚長が会長を務める団体などが主催したもので「尖閣は日本の領土」などと叫び、大使館周辺は一時騒然となっていた。中国のデモ隊はこの計画に対抗、前日からインターネットで反日デモへの参加を呼び掛けていた。

中国での大規模な反日デモは、日本の国連安全保障理事会常任理事国入り問題などがきっかけとなった05年4月以来。成都のヨーカ堂は当時も最初に被害を受けているが、現地幹部は「05年の時より被害は激しい感じだ」と語った。

尖閣諸島をめぐる問題では今月上旬、菅直人首相と中国の温家宝首相がブリュッセルで会談し、日中関係改善に向けて動きだしたばかり。そんな中で起こった大規模デモに、中国政府関係者も「対日、国内向けともに積極的な関係改善の動きが取りにくくなった」と戸惑いを隠さなかった。

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp1-20101017-691166.html


【日中】中国にとってもっとも大事なことは日本を滅ぼすことだ[10/17]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1287278036/





“傲慢”中国が画策 沖縄を「琉球自治区」に…世界へアピール

中国海軍機が2日、沖縄・尖閣諸島に接近し、航空自衛隊がF15戦闘機を緊急発進(スクランブル)させる事態が起きた。領空侵犯はなかったが、同国の領土拡張への野心は無視できない。実際、中国系の新聞や雑誌、インターネットなどには「中華人民共和国琉球自治区」や「中華民族琉球自治区」といった文字が多く見られるようになっているという。

「中国軍機が尖閣諸島にここまで近づくのは初めてだ」
今回の事態を受け、防衛省幹部は苦々しげに語った。同省統合幕僚監部(統幕)によると、中国海軍のY8情報収集機とY8哨戒機は2日昼すぎ、東シナ海上空を南下、日中中間線を越え、尖閣諸島付近の領海から約55キロまで接近。その後、西に向けて方向転換した。空自南西航空混成団は、F15戦闘機をスクランブルさせたという。

GDP(国内総生産)で日本を抜いて世界2位となったことで増長しているのか、最近の中国の言動は傲慢きわまりない。「月刊中国」日本語版の主編、鳴霞氏は次のように言う。

「香港の知人から届いた月刊誌には『中華民族琉球自治区』援助準備委員会設立の公告が載っていました。ほかの中国系メディアにも出ています。関係者は『世界に向けて、中華琉球をアピールしていく』と話していました」

中国語のサイトにも「中華人民共和国琉球自治区」や「中華民族琉球自治区」の文字が躍っている。一体、中国は何を狙っているのか?


中国人犯罪者と対峙してきた元警視庁捜査官で「日本が中国の『自治区』になる」(産経新聞出版)の著書があるノンフィクション作家の坂東忠信氏は最近、「中華人民共和国琉球自治区の設立 琉球群島1000年の国家戦略の開始」という論文を翻訳した。それは驚くべき内容だ。

《中国は1000年の発展のため、琉球群島(=沖縄諸島など)を回復し、中華人民共和国琉球自治区を成立させなければならない。『カイロ宣言』と『ポツダム宣言』は法律上、中国が琉球の主権を持つことを保障している。(琉球を)国防のための巨大な鋼鉄の長城となし、太平洋に向かう前進基地としなくてはならない》《中国は琉球を建設し、日本軍と米軍を東海(=東シナ海)から遠ざけ、琉球は中国の安全のための防波堤となるのだ》
歴史も現状も無視した、ひどい内容というしかない。


坂東氏は「中国政府はすでに『尖閣諸島は中国領だ』と公言している。人民解放軍の中には、日本への侵攻計画を呼びかける高級幹部もいる。『琉球自治区』の動きは民間(の論調)を装っているが、今後、世界中の中華民族と連携して圧力をかけてくる可能性もある。日本の政治家やマスコミはもっと警戒すべきだ」と語っている。



こういうネタには一言も口をださない社民党、9条の会、米軍基地反対団体

おかしいよねw




日中関係が悪化→中国製の安い危険食品が入らなくなる→自分たちで生産→
職が増える→給料が増える→物の値段が高くなる→ゆるやかなインフレ→
景気回復


危険食品や粗悪製品を駆逐できたうえに
経済まで好調になる

いますぐ国交断絶でいいです

関連記事

Comments

« »

03 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク