FC2ブログ

今日ボクが見た風景

スメラ・ミコトはヘブライ語

Category: ブログ  
スメラ・ミコトはヘブライ語

われわれはイスラエルの帰らざる十部族の探索を「アッシリアの王は、
ついにサマリアを取り、イスラエルの民を捕らえていった」という旧約聖書の一節から始めた。
それは紀元前七二二年のことであり、紀元一世紀の終わり頃、
ヨセフス・フラヴィウスが「十部族は今もユーフラテスの彼方におり……」
と書いた短い証言を除いては、彼らに関する消息は何もない。 
しかしサマリアの民が追放されて一四世紀も経ってから、
日本の天皇の公式名は、すべて『スメラ・ミコト』であるということが知れた。 
日本語では満足に説明しかねるこの照合は、
古代ヘブライ語の一方言では「サマリアの陛下」と解釈することができる

ということは、もしや日本の諸天皇はサマリア王家の子孫であったことにならないだろうか。

――ヤマトとは何なのか

日本書紀はいつ古代日本人が大和の代わりに日本という名前を用いたのか、その転換期を明示していない。
だが初期天皇たちとヘブライ王の類似性から判断して、「大和」という名の持つ意味は、
主に「出生の地」に定着していた日本人のはるか古き時代と解釈していいようだ。
その点に関しては三つの手がかりがある。 ……。(中略)
第二の手がかりは、日本書紀で述べる日本国の初期の描写は、
日本の島々に関連したものではない可能性があり、
「ヤマト」という名自体の出所並びに意味の解明に当たらねばならない。
古代ヘブライ人も同じであるが彼ら自身を「神の民」と称し、
古代日本人も、「天つ神の子」もしくは単に「ヤマトの民」と名乗った。
日本の言い伝えによれば「ヤマト」という名は創造の初期に国につけられたものであるが、
「ヤマト」という言葉は、今の日本では何の意味もない。
これに反して、ヘブライ系アラム方言で「ヤ・ウマト」という二つの言葉は、
数世紀の間には「ヤマト」と縮まったかもしれないが、
古代ヘブライ人の象徴「神の民」という意味を持つ


関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク