FC2ブログ

今日ボクが見た風景

最後のインディアン“ストーキング・ウルフ”の言葉

Category: ブログ  


今日ボクが見た風景



一人でいることと淋しいということはぜんぜん違うのだよ。


一人でいても淋しくなく穏やかな心でいるようになるためには、

自分が最良の友と一緒だということを知ればよいのだ。

自分自身と一緒にいて心が安らぎ、自分を愛していれば、決して淋しいことはない。


人は自分自身を愛するようになったとき、初めて他人を愛することができる。


孤独の純粋さに触れるには、まず自分を愛することを学ばなければならない。

利己的にならずに自分を愛することができれば、淋しさは存在しない。


自分に対する愛は、また、ほかのすべてのものに対する愛を生み出し、

聖なる「ワンネス」の世界に近づけてくれるのだ。(コヨーテ・サンダー)






最後のインディアン“ストーキング・ウルフ”の言葉

私は白人を憎んでいるのではないのだよ。白人の考え方や生き方が嫌いなだけだ。

おまえは私の孫だ。白人ではなくて、大地の子だ。肌の色や血がおまえを大地の子にするのではない。

おまえを万物と一つにするのは、おまえの心や信念なのだ。


私は彼らの無知や破壊を憎むからののしるので、白人という人種を非難しているのではない。

彼らは何も知らないからだ。


私の敵は彼らではなく、そのやり方なのだ。

私はおまえが彼らのような考え方をしていると思ったことはないよ。

おまえの心はいつでも大地とともに脈打っている。

私は誰も憎みはしない。

敵でさえもだ。


私はこういう人間たちの無知を憎み、ののしるだけだ。

私が戦う相手は彼らの無知で、人ではない。

白人なら誰でも大地を破壊するわけではないし、先住民がみんな大地を守るわけでもない。

どの人種が悪いというのではない。

が、私たちみんなに、無知に対する責任があるのだ。










ひとびとのこころに

真の平和が宿るまで、

国と国のと間に

平和はやってこない。




スー族の格言








知識でなく、知恵を求めよ。

知識は過去の産物だが、

知恵は未来をもたらす。




ラムビー族の格言




今日ボクが見た風景






歩いた足跡で

ひとは

永遠に知られる。




ダコタ族の格言






泣くことを恐れるな。

涙はこころの痛みを

流し去ってくれるのだから。




ホピ族の格言







死により

 私は

 生まれる。




ホピ族の格言








あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。
だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。





今日ボクが見た風景

今日ボクが見た風景

今日ボクが見た風景

今日ボクが見た風景


今日ボクが見た風景

今日ボクが見た風景



関連記事

Comments

« »

09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク