FC2ブログ

今日ボクが見た風景

ロシア国防省、北方領土の軍事要塞化を計画

Category: 政治  


ロシア国防省、北方領土の軍事要塞化を計画


【モスクワ=寺口亮一】ロシア国防省は11日、北方領土に駐留する部隊の増強計画案を近く国家指導部に提出する方針を明らかにした。


 大統領が承認する見通しだ。国後、択捉の両島に新たに2か所の軍事拠点を構築し、移動式対艦ミサイルシステムなど最新鋭兵器を配備する内容で、ロシアは北方領土の軍事要塞化に踏み出すことになる。

 インターファクス通信によると、ロシア軍のニコライ・マカロフ参謀総長は、今年後半にも軍備増強に着手するとし、「2014年か15年までに駐留部隊は近代兵器を装備した全く新たなものに変貌
へんぼう
し、戦闘能力は数倍向上する」と言明した。

 北方領土には、移動式対艦ミサイルシステム「バスチオン」や、「上陸部隊」を想定した防空ミサイルシステム、対戦車攻撃ヘリが配備されるという。一方、約3500人とされる駐留兵士は増員しない方針だ。

(2011年5月11日21時15分 読売新聞)






対日EPAを支持=欧州議会「双方に有益」と決議


【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州議会は11日の本会議で「EUと日本の自由貿易協定の締結を支持する」との決議案を賛成多数で採択した。決議に法的拘束力はないが、日・EU経済連携協定(EPA)の締結を目指す機運の後押しになりそうだ。
 決議案は、EPAは日・EUに「ウィンウィン(相互利益)の状況をもたらし、双方の経済にとって有益となる可能性を秘めていると確信する」と強調した。
 半面、EUが一貫して日本に求める「非関税障壁」の撤廃や公共調達分野で「本交渉入りまでに顕著な取り組みを行う必要がある」とも指摘。日本とのEPA締結により欧州の自動車や家電品などの分野にどのような影響が及ぶか、包括的な評価を行うことが重要だと訴えた。 
 欧州議会は日・EUのEPA発効に不可欠な批准の役割を果たす機関。EUは東日本大震災を契機に、復興支援の観点から対日EPAに前向きに転じた。今月下旬の日・EU定期首脳協議では、EPA交渉の開始に向けた本格的な事前協議の実施などで合意する見通しが強まっている。(2011/05/11-21:28)








世界の大きな枠組みが変わろうとしています。

アメリカの覇権が後退し、中国が勃興し、ロシアが復活する中で日本はどう生きていけばいいのか。

むこう30年の国防の基盤を定めようとするいま、欧州が日本に接近しようとしています。

欧州とのEPA締結は、日本にとって大きなメリットがあります。

停滞著しい日本と欧州の経済を活性化できるだけでなく、間に挟まれたロシアや中国にとっては、

大きな脅威です。



昨年の秋口からこちら、まったく新しい世界の構図

日米同盟の再強化や、日韓、日印、日豪(準)同盟の成立など、

中国やロシアの侵出に対して、次々と布石が打たれつつはありますが・・・

関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク