FC2ブログ

今日ボクが見た風景

日教組に戦後教育は歪められ続けた

Category: 教育  

反省しない集団日教組


現在から自分が受けた教育を振り返って、義務教育と言いながら現場で横行した教師個人の、そして教職員全体のいい加減さに大人になった今、怒りをおぼえる。
 当時は生徒であり「先生に言い付ける」が正しい生徒の姿だと思っていたのだが、実際、今の年齢になっても「ひどすぎる教育の現場」のトラウマは消えない。根本は「どっち目線で物を考えているんじゃぁ」って基本的な部分にあるのだが、そのあたりに着目する時代では無かったってこともあるだろう。でも、今も含めて「生徒本位」なんて思想は教育の現場にこれっぽっちも無い。そもそも「生徒本位」なんて言うと「生徒に迎合」と批判する。それも、言葉は悪いが教師以前の問題で人間性に疑問を感じる人間が口にするのだから、やれやれな教育の現場と感じるのだ。
 教育は地方自治の象徴って制度を国民は気がついているだろうか。地方自治体には教育委員会って組織があって、地方自治体主導で、国の圧力を受けないで独自に教育、特に義務教育を実施出来る制度を「進駐軍」は憲法に記載した。で、現実は地方自治体の職員の利権になってしまい、住民に開かれた教育委員会には程遠い事実がある。
 とにかく、サービスって感覚が無いのだ。利権、君臨しか用語が無い精神が、結局地方自治の一翼を担う教育委員会も市民の目から隠れて官僚国家化してしまった。
 日本の戦後の60年を思うと、イデオロギー対決はまったく不毛だったと今になって気づく。日本は言葉のアヤで勘違いしていたのだ。その大きな用語が「資本主義社会」。本来、経済制度の話を政治制度の話に変えて、日本は資本主義を選ぶのか共産主義を選ぶのかってプロバガンダを行った自由民主党。その相手は日教組。日教組も頭悪いのは政治制度と経済制度の区別もつかない「教育専門馬鹿」集団だったこと。
 アメリカの低水準の教育(国民の情報入手制限に起因するのだが)の結果、ブッシュが再度大統領に選ばれたが、「それで良いのか」って質問をアメリカ国民に向けて言いたい。
 アメリカは反共のイデオロギーを脱して世界を見ているなんて思えない。結局、反共だけがアメリカのトラウマで、その点に限ればアナクロ的思想で大統領はブッシュなのだろう。結局、「内政の失敗は外に敵を求める」って有史以来繰り返されてきた政治の手法が、また繰り返されただけなのだが。



関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク