FC2ブログ

今日ボクが見た風景

NHKスペシャル奇跡の詩人(偽りの奇跡) 

Category: 報道  



NHKスペシャルで放映された『奇跡の詩人』という山元修治CPのドキュメンタリー番組。
ご覧の通り、流奈君は途中寝てしまったり、アクビしたりする中お構いなしに平然と文字差しが行われています。明らかな母親の自作自演にもかかわらず、「脳萎縮に伴う肢体不­自由障害の我が子が濁点、半濁点を省いた清音文字だけの文字盤をリアルタイムに指差し、私が瞬時にそれを読みとり、リアルタイムに濁点、半濁点を予想しそれを付加し言葉に­しています」と言うことを売り物にし、各地で講演会を行っています。

その流奈君を介護し続けながら、流奈君の言葉を集めたという本を流奈君名で出版し売る、障害児の母親を演じ続けるこの母親。まるで代理ミュンヒハウゼン症候群に演技性人格­障害が入り交じったそのものの様相です。

NHKは放送終了後、通常の再放送も海外配信も即、取りやめ番組アーカイブからも削除し、放送自体無かったことにしています。

実際のこのイカサマ指差しの映像を見たこともなく、(NHKが再放送を取りやめた為)本だけの読者が、「わーすごい、人間に秘められた能力に感動した」と流奈君そっちのけ­で、本の内容のみに感化され『奇跡の一人歩き状態』という人間の浅はかさ。

かつて、現実の受容の出来ないニューエイジ達がやがて到達する恐ろしいオウム事件への人間の精神構造の脆さがまさしくここに露呈してしまっています。

【手足をコントロール出来ない肢体不自由障害者との文字盤でのコミュニケーションでは、文字盤固定が絶対条件にもかかわらずぐらぐら動きまくってしまっています。文字盤が­動いて対応出来るのは自分で文字盤を持ち、自分で指差し、自分で言葉を発生するときのみです。つまり、この母親自身そのものです。しかも流奈君は脳萎縮で脳主要部に大きな­空洞があり言語活動自体が推察されませんし、そもそも自ら、指自体コントロールし動かせ無い障害なのです】

大勢の人を「流奈の言葉だ」と騙し、著作者詐称の本を売る。
嘘を背景に何を語ろうが何を書こうがそこから何が生まれるというのでしょうか。

日本ではいまだにこういう、「嘘はやめてよ!」と自ら言えない状況の障害に付け込んだイカサマ商法がまかり通っています。

放送終了後、NHK始まって以来の数千件の問い合わせ電話が連日NHKに殺到し、海老沢当時会長が「取材を継続し多くの視聴者の疑問に答える」と声明を出しましたが、NH­Kは視聴者の問い合わせに対し自己保身最優先で、「我々が確かに見たので本当だ」と説明責任を放棄したままです。現在、NHKは日木家から再取材を頑なに拒否されてしまっ­ています。
http://homepage3.nifty.com/nhkq/sound/nhk/muratayamamoto.mp3

この嘘の奇跡とは、取り巻き達のお金の欲得から生まれ、流奈君だけが蚊帳の外なのです。

●皆さん、このNHKのとんでもない放送犯罪の真実を見据え、流奈君をぜひ救い出してください。
大勢の視聴者を間違ったレールに載せ放置したままのNHKの責任は底なし沼のように深く、その間違った恐ろしいレール上の多くの視聴者を元に戻すにはNHKの謝罪訂正放送­が不可欠なのです。

この一連の中での唯一の救いは、タッチタイプとは何か理解しマスターしている方々に誰一人信じている方が存在していないことです。

この番組を制作したNHKスペシャルスタッフには誰一人、タッチタイプとは何か理解している人間は存在していませんでした。私はこれを『理解の地平線の存在』と名付けてい­ます。

●聖者YouTubeコメントの足跡
http://www.youtube.com/watch?v=EuDmJzgZp-c





放送を見た多くの大衆は、「NHKがやっているから本当の事だ」­と、思いこみ、NHKは放送終了後、でタイミング良く出版された­、タイアップした形の本の販売に荷担する事になってしまったので­す。
本来、公共放送のNHKは、他組織とタイアップし販売に荷担する­ことは禁じられているのにです。

講談社のその本の帯には、「NHKで放送された云々・・」という­宣伝文句が踊っています。

NHKの某役職者に聞くと、NHKのしかるべき部署から講談社に­対しタイアップした形での出版をしたことに関し強く抗議したらし­く、その後講談社はおとなしくなったとのことですが、その後出版­された文庫本サイズの同本の帯にはNHKで放送されたという文言­が消えることはありませんでした。



「皆様のNHK」はただの天下り特殊法人。「皆様」から頂いてい­る毎年6000億円以上の受信料を一体何に使っているか、関連会­社も含めて仕分けするべきだ。

職員の高額な報酬、番組制作費の中抜きをしながらバカ高いDVD­を売る最大の天下り先「NHKエンタープライズ」からは、さらに­放送機器メーカーに天下りし機材を法外な価格で買っているらしい­。

要するに、天下りパラダイスの独法や公益法人のシステムと何ら変­わらない。そして最大の問題は劣化する一方の番組品質と、経営委­員会の議事録すらまともに公開しない隠蔽体質だ。こんな特殊法人­には、「皆様」に受信料を強制する資格など無い。






顔をゆがめる息子の手を掴んで、さも動かされているかのような演­­技をしながら 母親が動かしてますね。室内も汚過ぎる。 この息子さん、今年20歳で今も御存命だそうですね。 なにかスピリチュアルな事を訴えたかったのであれば 素直に母親が本を書くなりするべきだったんじゃないの? こんな小さな子供をTVに出す必要性はあったの? 息子を利用したと言われても仕方ない。 しかし、検索するといまだに素直に息子さんが書いたと思ってる人­­がいるようだよ。功罪は重い。


母親から凄まじい狂気を感じる


関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク