FC2ブログ

今日ボクが見た風景

環礁の海に眠る連合艦隊

Category: 戦争  

ミクロネシア連邦「トラック諸島」 環礁の海に眠る連合艦隊




今日ボクが見た風景

ダイバーの間で「ベティ」の愛称で知られる一式陸上攻撃機。装甲が薄く、機銃一発で火を吹くことから米軍に「ライター」と呼ばれていたという=ミクロネシア・トラック諸島




日米開戦から70年


 環礁に広がる深く濃く青い海。強い日差しが降り注ぐ海底には翼を広げた機体が眠っていた。

 ミクロネシア連邦・チューク諸島。本紙連載中の小説「ダン吉」の舞台になったこの地は「トラック諸島」と呼ばれ、日本と深い歴史を持つ。第一次大戦後から日本の委任統治領となり、現在も多くの日本語が現地語として残っている。

 環礁の地形から太平洋戦争時には連合艦隊の錨地(びょうち)として軍事的役割を担った。昭和19(1944)年2月17、18の2日間にわたる米軍の空襲で、日本軍は壊滅的被害を受ける。トラック環礁の内外に沈んだ船の数は100隻にも及んだ。

 時が流れ、今はダイバーあこがれの地。青い海はダイビングに最適だが、複雑な気持ちにもなった。それは英霊たちが眠っているからだろうか。今年で日米開戦から70年が経つ。(写真報道局 大西正純)





今日ボクが見た風景

ひっくり返ったままのゼロ戦。歳月を物語るようにエンジンや主翼にはサンゴやスポンジが付着している





今日ボクが見た風景

海軍航空機運搬船「富士川丸」の主砲





今日ボクが見た風景

透き通る海に浮かぶ無人島



関連記事

Comments

« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク