FC2ブログ

今日ボクが見た風景

田原総一朗「勉強したら分かった日本はアジアを開放するために戦ったんだ」

Category: ブログ  

田原総一朗


「勉強したら分かった、日本は侵略戦争なんかしてない、

アジアを開放するために戦ったんだ」


ボクはずーっと疑問を持っていた。
でも怖くて言えなかった、世の中にやられるんじゃないかと思って日本がやった戦争のどこが侵略戦争なのかと。

「負けると分かってる侵略戦争なんかやるかね」と疑問があった。
だからいろいろ調べて言ったらよく分かった。
 アメリカ・イギリス・フランス・オランダ・スペインなどがやった戦争は侵略戦争全ての戦争が侵略戦争そして侵略戦争に勝った国を先進国と呼ぶ。

日本は欧米に侵略されたアジアを助けるんだアジアを開放するんだと、そんな意気込みで戦ったのだ。

でも日本は外交で失敗したアメリカ・イギリス・フランス・オランダ・ロシア・中国など世界中を敵に回していたそれじゃ勝てるわけがない。

世界で孤立して、負けざるをえない戦争を、


日本はやらざるをえなかったんだ。

日本は明治維新でヨーロッパの文明をどーんと得たその後、日本はアメリカに戦争で負けアメリカの文明をどーんと得た

そして今、日本に大地震が起きた
そう、もう日本はマネをする国なんてどこにもないんだ

もう一回、日本とはなんなのか考える時期が来たのである。         


※ダイタイコンナカンジ

ソース 
http://www2.jfn.co.jp/owj/fri/index.php 








韓国は中国やロシアと組んでいつでも日本を植民地にできたのに
様々な技術や文化を教えて来た弟のような存在だから
手を出さなかったら
調子に乗って日本は韓国を侵略して来たよね。
韓国がそれでもガンジーのようにやり返そうと思
えばいつでもできるのに
耐えてきたのを見て日本はこれならアメリカにも勝てると思って
卑怯な宣戦布告無しの先制攻撃加えたらアメリカは韓国
みたいに
優しくは無かったと言うこと




韓国人特有の歴史www

こんなバカどうでもいいや






田原はガンとして認めないが、支那事変も侵略戦争ではない
それも歴史を学べ分かる
但し、思考回路が停止してる人は両サイドから学べないから無理


日本が富国強兵を計ったのは

世界が弱肉強食の帝国主義の世界だったから
それに対抗して独立を維持するために帝国主義を学んだだけ

欧米列強が帝国主義でなかったら資源を求める必要すらなかった
つまり日本が開戦する動機は欧米列強が

アジア侵略さえしなければ在り得なかったのだ

当時の覇権主義を今の価値観で捉えようとするからおかしくなる
戦争したことを謝罪する必要など全くない

ただし、戦争に敗北したことを謝罪する必要に迫られることは、
これからもあるのかもしれない
当時の日本は南下するアカに対する、文字通り防波堤だったからだ
米国にはその任は務まらない

中・露・朝鮮は今も昔もこれからもイナゴの群れのように
世界を食いつぶすだろう




田原よ鳥越とガチで殴りあえwww

ブン・トモ氏 元情報相

「日本軍がアメリカ・オランダ・フランスを
我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。
我々は白人の弱体と醜態ぶりをみてアジア人全部が自信をもち、
独立は近いと知った。一度持った自信は決して崩壊しない。
そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々がやらねばならなかった。
それなのに全て日本に背負わせ日本を滅亡寸前まで追い込んでしまった。
申し訳ない。」


アリフィン・ベイ 政治学博士

「我々アジア・アフリカの有色民族は、
ヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが、全部失敗した。
インドネシアの場合は、三百五十年間も失敗が続いた。
それなのに、
日本軍が米・英・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。
一度持った自信は決して崩壊しない。
日本が敗北したとき、
これからの独立は自力で遂行しなければならない。
独力でやれば50年はかかると思っていたが、
独立は意外にも早く勝ち取ることができた」


我々は白人の弱体と醜態ぶりをみて、アジア人全部が自信をもち、
独立は近いと知った。




関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク