FC2ブログ

今日ボクが見た風景

NHKの大罪 天皇と国民の離間謀る 

Category: 報道  


評論家・立花隆:
「だから、あくまでも、昭和憲法も第一章は、天皇なんです、ね。それで、だから、その天皇條項の中に、天皇の在り方は国民の総意が決めるという、そういう風な、あの條項が­あるというね。今は、天皇を憲法で雁字搦めに縛って、あの、これ以外、何も出来ませんっていうね、これ以外の、これの幾つかが、所謂国事行為、ね。所謂国事行為で、まあ天­皇がハンコ押すものが、これとこれみたいな、そういうのが憲法に決まっているじゃないですか、あれだけなんです。だけれども、あれは、また、その憲法の改正條項で、改正し­て、そこのその縛っているもの取られるのを、ちょこちょこと切れば、また、こう、こう、拡げることも出来るわけよ。だから、国民の総意ってのは、そういうことですよ、その­時の国民が、天皇に何と何が出来て、何をやらせない、というね、その縛りは、その時々の時代の国民が決めるという、それが、あの、要するに昭和憲法の考える、国民の総意が­天皇の権限の、あの、この、なんていうか、可能性の範囲を決めるというね、そういうこ とだということですよね」




京都大学・山室信一教授:
「あのー、天皇というものはですね、元々その、先程、井上毅や、それからまあ、その伊藤博文、色々それぞれの立場の人が違う、でも同時にまた、それぞれの人が、自分の政治­理念をそこに仮託しながらですね、そして、それをまあ、利用してきたことは事実なわけですね。常にその、天皇というものが、その振る舞いというものを使いながら、まあ、自­分の、まあ、ある種の政治的目的を達成してきた、ということはもう、これはもう、疑いの無い事実なわけですから、そういう点で言いますとですね、そういうような可能性とい­うのを、一方で無くしておくことは、必要なことでもあるわけですね。ですから、そういうような囚われないような、天皇制の在り方、あるいは天皇家の在り方っていうのも、必­要だろうと思います。天皇を利用してですね、何かを決めるってことは、もう出来ないと思いますし、誰もしないと思いますけれども、そういうような形でない、天皇が、じゃあ­、どういう存在理由、新たな存在理由を持っているのか、についてはですね、必ずしも実 は合意が出来ているわけでもないわけですね」



東京大学・御厨貴教授:
「で、問題はだからやっぱり、僕は、天皇條項だと思っていて、この天皇條項が、やっぱり、その、如何に非政治的に書かれていても、やっぱり政治的な意味を持つ場合があるし­、そういう点でいうと、あすこをですね、やっぱり戦、戦前と同じように、神聖にして犯すべからず、あるいは、不磨の大典としておくのは、やっぱり危険であって、そこに一歩­踏み込む勇気を持つことね。天皇っていうのは、だから、その主権在民の立場から、どう考えるかってことを、本格的にやってみること、これね、みんなね、大事だと思いながら­ね、絶対口を噤んで言わないんですよ、危ないと思うから、危ないし面倒臭いし、ね。だから、ここを考えないと、21世紀の日本の国家像とかいった時に、何で天皇の話が出て­来ないってなるわけでしょ、そういう、やっぱり、やっぱり、天皇って、そういう意味では、国の臍ですから、この臍の問題を、つまり日本国憲法においても臍だと思うな、考え ないと、もういけない時期に来ている、と僕は思います」






天皇と国民の離間謀るNHK 

コラムニスト 川久保 勲

NHKは「NHKスペシャルシリーズJAPANデビュー」の第一回
「アジアの一等国」を四月五日に放映し、親日国台湾と日本の離間を策した。

シリーズと称するので今年度の目玉として、
満を持して制作したと思っていたら、案の定、五月三日の憲法記念日に、
「天皇と憲法」と題して第二回を放映した。


この題目からは天皇と国民の離間を謀るものと直観できた。

冒頭、番組は次のナレーションで始まった。


「大日本帝国憲法では天皇を日本を統治する国家元首と定めた。

やがて天皇を絶対視する思想が日本を支配した。

ついには憲法を停止して天皇中心国家を作り直すという過激思想まで出現し、日本は戦争への道を突き進んで行った」。

第一部
「大日本帝国憲法の誕生」では、第一条の「大日本帝国ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス」の「萬世一系」の言葉が、天皇がこの日本を支配することの正当性を示す言葉として使われることになったという。

第二部
「政党政治の自滅」では、統帥権干犯問題をテーマとし、軍部が第十一条の「天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」を利用して政党を押さえ込んだとする。

第三部
「国体論の暴走」では、国体論を巡る「天皇機関説」論争の結果、天皇絶対主義思想が拡まり、日本を戦争への道へと駆り立てた、と結論付けている。

最後に、評論家の立花隆氏は
「昭和憲法も第一章は天皇だ。

憲法を改正して天皇の権限を広げることができる」との危惧を表明。

山室信一京都大学教授は
「天皇にどのような存在理由、存続意義があるのか合意ができていない」と不遜な発言。

御厨貴東京大学教授は
「問題は天皇条項だ。
主権在民の立場から議論してみることが必要だ」と問題提起。

終りのナレーションでは
「天皇と国家のあり方をどう決めていくか。私達の未来への課題です」
と、NHKは公共の電波を使って、革命思想を公言した。

日本のNHKであれば、以下のように放送し直すべきである。


我が国は、天照大神が「天壌無窮の御神勅」で「水田稲作を続ける限り日本は永遠に続く」と詔されて、天孫瓊瓊杵尊を下された、神話時代から続く世界唯一の国である。

神武天皇の「八紘を掩ひて宇と為さむ」との建国の御詔勅を以て建国された少なくとも二千年の萬世一系の歴史を持つ世界最古の国である。

聖徳太子は十七条憲法で「和を以て尊しと為す」と仰った。

「やまと」の国号に「大和」という字を充てたことにも日本人の叡智が反映されている。

第一次大戦後のパリ講和会議で「国際連盟憲章」に「人種平等」を提案したのは、真に「神武天皇建国の御詔勅」に沿ったものである。

これは、ウィルソン米国大統領等の反対によって拒否された。

先の放送ではこの後の大東亜戦争への道を全否定したが、当時は世界の有色民族は欧米白色民族の植民地であり、完全に自力で独立を保っていた有色民族は我が日本民族だけであった。

また、当時はソ連発の共産主義思想が各国に浸透している時期でもあり、日米におけるコミンテルン工作員が暗躍し、その成果も明らかになっている。

大東亜戦争の結果、東南アジア諸国が独立したことは明らかであり、その波がアフリカにまで及んだことも事実である。

人種平等の日本の使命はひとまず果たしたことになる。

しかし、全有色民族を解放した日本自身が、いまや半独立状態である。

ロシア、中共は未だ侵略国家であり、便利さのみを追い求める欧米の物質文明は世界を経済侵略し、地球を破滅に追い込んでいる。

萬世一系の由緒ある中心者を抱き、自然との調和を目指す文化を持つ我が国には、人類を救う使命が残されている。

先ず自主防衛体制を整え、「八紘一宇」の精神を世界に広めなければならない。

明治天皇の玄孫であり、若き憲法学者でもある竹田恒泰慶応大学講師は

「天皇は日本人だけのものではない 人類のものである。天皇が滅びる時は人類が滅びる時だ」
と仰っている。

同感である。




放送法第三条の二には「政治的に公平であること。」
「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。」
とあります。完全に放送法の原則を破っています。

皇室を滅ぼそうとするNHKをどう思いますか?




関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク