FC2ブログ

今日ボクが見た風景

「米国に死を」

Category: ブログ  
パキスタンの情報漏れ懸念し知らせず CIA長官、米誌に明かす
2011.5.4

パネッタ米中央情報局(CIA)長官は米誌タイム(電子版)が3日報じたインタビューで、ウサマ・ビンラディン容疑者の殺害作戦を事前にパキスタンに知らせなかったのは同容疑者に情報が漏れることを懸念したためだと明言した。

 パネッタ氏は「パキスタンと協力しようとすれば作戦が危うくなる。彼らは標的(ビンラディン容疑者)に警告を与えるかもしれない」と判断したと述べた。

 また作戦実施時まで状況証拠しかなく、隠れ家にビンラディン容疑者がいるとの確証は60~80%程度だったという。爆撃機による空爆や巡航ミサイル攻撃も検討されたが「巻き添え被害が大きすぎる」ため排除された。

 米公共放送とのインタビューによると、海軍特殊部隊の隠れ家突入後、現地で何が起きているか20分間ほどまったく分からず、オバマ大統領もパネッタ氏もビンラディン容疑者射殺の瞬間は目にしなかった。(共同)




「殺害される直前にテープ収録」通信社報道

2011.5.3

AP通信によると、米情報機関当局者は3日までに、国際テロ組織アルカーイダ指導者ウサマ・ビンラーディン容疑者が米軍に殺害される直前にテープを収録し、近く収録内容が出回る可能性があると話した。米紙デーリー・ニューズ(電子版)は米当局者の話として、同容疑者が死亡時に公開するよう関係者に指示していたと報じた。

 テープが音声か映像かは不明だが、APによると、情報機関当局者はテープが既にアルカーイダの手に渡っていると指摘。ただ、同容疑者が米軍の急襲を察知していたのではなく、偶然収録していたものとの見方も示した。

 ビンラーディン容疑者はこれまでにも、米中枢同時テロの実行犯を称賛し、若者に殉教を呼び掛ける内容のビデオ声明などを出している。(共同)



米議員「復讐ではない」

2011.5.2

ケリー米上院外交委員長(民主党)は2日、国際テロ組織アルカーイダの指導者ビンラーディン容疑者殺害について、米国の対テロ戦争で「重要な章を閉じるものだ」との声明を発表して歴史的な意義を指摘、「正義を求めた結果で、復讐ではない」と強調した。

 ロスレティネン下院外交委員長(共和党)も「自由の敵との苦闘は続く」との声明を出し、ビンラーディン容疑者を殺害したことは米国の不屈の姿勢をテロリストに見せつけたとした。(共同)



「USA、USA」NYで市民歓声 

2011.5.2

「USA USA」。国際テロ組織アルカイダ指導者ウサマ・ビンラーディン容疑者の殺害が発表された後の2日未明、米中枢同時テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル(WTC)跡地「グラウンド・ゼロ」前には大勢の市民が駆け付け、大きな星条旗を掲げながら歓声を上げた。

 消防士の男性は「自分の兄弟を含め、多くの愛する人をテロで失った。(ビンラーディン容疑者殺害は)とてつもなく大きな意味がある」と喜びを爆発させた。

 しかし、グラウンド・ゼロ近くのモスク(イスラム教礼拝所)建設計画に賛成し、支援運動もしたという書籍編集者アレクサンドラ・ベンオスマンさんは「遺族やニューヨーク市民の気持ちに区切りが付くのは間違いないが、これで問題が全て解決するわけではない」と、表情を曇らせた。

(共同)


今日ボクが見た風景


スーダンで千人抗議「米国に死を」
2011.5.4

 ロイター通信によると、スーダンの首都ハルツーム中心部で3日、米軍による国際テロ組織アルカイダ指導者ウサマ・ビンラディン容疑者殺害に抗議するため約千人が広場に集結し「米国に死を」などと連呼した。

 急進的イスラム政党が呼び掛けたもので、礼拝の後、スンニ派の複数のイスラム教聖職者が同容疑者をたたえるとともに、アラブ諸国の指導者に対して米国と戦うよう訴えた。参加者は「聖戦を」とも繰り返した。

 ビンラディン容疑者は1990年代にスーダンに滞在。スーダン北部では同国に制裁を科す米国への反感が根強い。米国は98年、ケニア、タンザニアの米大使館爆破テロの後、ハルツームの工場を爆撃。米国は同容疑者が関与し化学兵器を製造していたと主張、スーダンは単なる製薬工場だったとしている。(共同)



今日ボクが見た風景





賽は投げられた・・・


関連記事

Comments

« »

09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク