今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争責任周知徹底計画 ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム

Category: 日本の病原  



ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム




戦争に対する罪の意識を日本人に植え付ける計画、そのように洗脳する計画のことである。

これは検閲とともに、アメリカ軍の占領政策の柱だった。
GHQは、日本が再びアメリカの脅威とならないよう、徹底した情報・教育面からの洗脳工作を行なった。

それは日本人自身が日本人を全否定するよう誘導し、日本を断罪することによって

アメリカの正当化を図ろうとするものだった。

アメリカがなぜ日本を戦争に追いこんだのか、なぜ明確な国際法違反である原子爆弾を使って日本人を大虐殺したのか・・・、などを指摘されたらアメリカは説明できない。

そこでアメリカは言論を封鎖し、日本人に自己否定するように洗脳したのである。

いまだにこのマインドコントロールから脱していない日本人がやたらと多い。
GHQは、あらゆるマスコミを検閲し、以下のような情報を映画、

ラジオ、新聞、書物などで徹底的に流し続けた。







「太平洋戦争史」

昭和20年(1945)12月8~17日の間、

日本のすべての日刊新聞は「太平洋戦争史」なる捏造した歴史を毎日掲載させられた。

わざわざ開戦の12月8日を選んで全国紙に、一斉に連載を開始させたのだ。

この史観のベースとしたのはアメリカの戦時プロパガンダの歴史編集文書「平和と戦争」である。







「平和と戦争」


この歴史の見方が今日本の歴史教科書で教えている「太平洋戦争」の根本に横たわっている。

この歴史観というのが、米英の民主主義と日独伊の全体主義、

この正義と邪悪の戦争が第二次世界大戦だったという噴飯もの。



朝日新聞をはじめとする反日マスコミはいまだにこの歴史観を叫び続けている。

また「太平洋戦争史」では、「南京大虐殺」と「マニラの虐殺」を挙げて、日本軍の悪逆非道を強調した。

これによって、それまで「皇軍」だといってきた、あるいは「動議の戦いには負けていない」と考えていた

日本人に明らかに道義がないことを刷り込もうとした。







「真相はかうだ」


「太平洋戦争史」をドラマ化したもの。

これを昭和20年12月9日~昭和21年2月にかけて、約2ヶ月間、

日曜午後のゴールデンアワーにNHK第1、第2で放送され、再び続いて再放送された。

この「真相はかうだ」は「真相箱」、さらに「質問箱」と名称を変えて

同種の番組は昭和23年8月まで約3年間続けられる。








「インフォメーション・アワー」

昭和23年1月から毎週「新しい農村」などを放送。









「宣伝映画」

日本の戦争犯罪を告発する宣伝映画が9本もつくられた。

「犯罪者は誰か」(大映)、「喜劇は終わりぬ」(松竹)、「わが青春に悔いなし」(東宝)などである。

表面は日本人が自主的に作ったように見せかけながら日本人に罪悪感を植えつけようとした。

その観客動員は延べ3000万人にも達した。





上記の内容はどれも似たり寄ったりで、次のようなことが延々と教えられた。




•大本営は嘘ばっかりで日本国民は軍部に欺かれて侵略戦争に誘導された

•日本は戦争中にこんな残酷なことをした

•原爆投下は予告を日本の指導者が無視したから落とされた

•日本を救うため、100万のアメリカ兵を救うためアメリカは原爆を落とした

•広島と長崎は軍事都市だったから原爆投下の目標にされた

•日本国民は過ちを反省すべきである

•日本は悪い国で、好戦的で、愚かで、アメリカの平和への努力を認めないまま戦争に突っ走っていった






ポイントは何かというと、

敵はアメリカではない。敵は軍人だ。あなた方の中にいる日本人なのだ。

一部の軍国主義者と政治家が侵略戦争に国民を駆り立てたのだ、ということである。

今日、反日日本人が主張している内容とまったく同じである



(というよりこういった連中の主張は
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムの意図を忠実に守っているだけの話)






これらプロパガンダが巧妙だったのは、全部が虚偽ではなく、真実の中に虚偽を混ぜていたことである。

戦争に負けていたので体験者は真実を言うことができず、

マスコミ、政治家、役人は保身のためGHQに逆らうことはしなかった。





戦後60年経ってもまだマインドコントロールが解けずに、

「日本は侵略した」「日本が悪かった」と思い込んでいる日本人が多数いるのはご存知の通り。






この時期に読売新聞は

「恥ずべき南京大悪暴行沙汰」なる記事を載せたがこれが虚構の「南京大虐殺」の初出であった。









チェコ出身の作家ミラン・クンデラは次のように語っている。




「一国の人々を抹殺するための最初の段階は、その記憶を失わせることである。

その国民の図書、その文化、その歴史を消し去った上で、誰かに新しい本を書かせ、

新しい文化をつくらせて新しい歴史を発明することだ。

そうすれば間もなく、その国民は、国の現状についてもその過去についても忘れ始めることになるだろう」







まさしくGHQが日本に行なったのはこのことである。







日本の教科書を見ればわかるが、アメリカのプロパガンダである

「太平洋戦争史」が歴史観の源になっている。ここに歴史教育の歪みの原点がある。


こうして日本のマスコミ界や教育界、歴史学会は、他人によって強要された物語を

自分の物語として語る傾向を持つようになった。






初期の対日占領政策を拡大再生産してきたのが日教組であり、マスコミであり、知識人だった。

その延長線上に「従軍慰安婦」「三光作戦」「南京大虐殺」といったプロパガンダが出てくる。







http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1941-50/1945_uo_giruto.html


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0
関連記事
スポンサーサイト

米国より支援要請が届いてます!卑怯な韓国人と戦う親父に力を! < 拡散希望>

Category: 英語で反論  
海外に住む日本人の間で、
「一日一回、テキサス親父慰安婦動画再­生運動」が開催されています。 

検索キー「テキサス親父動画トップ計画について」
この運動により、この動画を米国You-tubeのトップに置き­、
韓国慰安婦性奴隷の嘘を全米に理解させましょう。


卑怯な韓国人と戦う親父に力を! < 拡散希望>

■ 1日1クリック!米国より支援要請が届いてます!■


http://www.youtube.com/watch?v=QIPmPYn2gRY


ご存じテキサス親父の動画より、
字幕【テキサス親父】慰安婦は売春婦!証拠はコレだ!と親父ブチギレの巻!
これの元動画ショートバージョンの再生回数をアップさせようと、
在米日本人より支援要請が届いてます。

元動画には「ugly」という単語が含まれている為、
スパム報告を大量に投下されることを懸念して、
このたびショートバージョンが作成されました。

海の向こうで同じ日本人と、

私たちを応援して下さる米国人が頑張ってくれています。
ぜひこの動画を毎日1回ずつ、再生して下さい!

これは卑怯きわまりない韓国中国との『戦い』です。
皆様、是非よろしくお願いします!






日本語訳が付いているものはそれだけで受け入れられないそうなの­で、
こちらの完全英語版の再生回数を上げなければなりません。 

配信しているのは日本人じゃなくてテキサス親父だから、絶対に効­果があります。

動画検索キー: Comfort Women the truth be told

海外の日本人だけに頑張らせておくわけにはいかないでしょう。

ということで、
英語版「Comfort Women the truth be told」の再生回数アップにご協力ください。

全文の日本語訳 検索キー:連合軍通訳翻訳部(ATIS)調査報告第120号


関連記事

戦争関係で評判が悪い昭和天皇ですが、実際にはこんな人

Category: 日本国民の心得  


戦争関係で評判が悪い昭和天皇ですが、実際にはこんな人です。



 と、その前に戦争当時の天皇陛下と太平洋戦争(大東亜戦争)についてのお話を少ししておきましょう。

 当時の憲法は大日本帝国憲法。
 その内容は立憲君主制です。


 簡単にいえば、天皇でも憲法に従わなくちゃだめよん。という内容。
 で、天皇陛下は議会や内閣から上がってきた法案等にOKを出すのがお仕事。


 OK出すときは国務大臣の補佐なくOKしちゃ駄目だし、
そのOKした事柄については補佐した大臣が責任持ちなさいよ。(同憲法55条)

 天皇はその時に文句は言えるが、それによって法律を曲げることはできませんよ。(同憲法9条)

 天皇は緊急時には法律に変わる勅命をだせるけど、
その勅命は次の議会にかけないかぎり、効力を失っちゃいますよ。(同憲法8条)



 つまり天皇は責任無い代わりに好きなように国を動かせないし、
国を動かすのは内閣であり、議会っつー内容です。(もちろん他にもいろいろある)





 それが立憲君主制。
 これをまた天皇陛下が律儀に護る。

 つまり正式に上がってきた事柄については、原則すべてOKを出したわけです。
 OK出すのが仕事ですから。

 そんな訳で、太平洋戦争(大東亜戦争)する際も、内閣から正式に上がってきたものだから、OKを出しました。
 先に書いたとおり、当然、責任は内閣です。



 昭和天皇については、よく戦争責任がどうのという議論になりますが、
こんな訳で、昭和天皇に法律的戦争責任は無いわけですな。


 ま、戦争することにOKは出したのですが、結構いやいやOK出してます。
 戦争前の御前会議でも開戦の詔書でも遠回しに「やりたくねー」と言ってます。


 そんなもんだから戦争してるあいだも
「早く戦争やめろー、やめろー、和平に持ち込めー」と言ってたんですが、
軍部が「大丈夫、勝てますって!」と暴走。国民も支持

 内閣も軍部の暴走を押さえきれず、軍部の行動を事後承諾しまくり。(以後繰り返し)

 結局、手広く戦いすぎてにっちもさっちも行かなくなったところで、ポツダム宣言が出される。

 その内容はこんな感じ。






こちらアメリカ&中国&イギリスの連合軍でーす。以下の内容を早く飲まないと日本をぶっ潰しますよ。

 1.世界征服を企んだ戦争責任者は消しまーす。(ホントに書いてある)
 2.武装解除&新体制ができるまで日本を占領しまーす。
 3.この戦争前に手に入れた土地も返しなさーい。(なんでや?)
 4.武装解除するなら兵隊は普通の生活に戻っていいですよーん。
 5.戦争犯罪人には罰を与えまーす。
 6.降伏すりゃ経済活動や貿易も許可するよーん。(軍事関係除く)
 7.ちゃんとした新体制が出来たら占領をやめて帰りまーす。
 8.この要求を飲まないと、速攻かつ徹底的にぶっ潰しまーす。



http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html





 軍部は「ふざけるな」ってな感じで「まだ戦えます。勝ちます」とか言っているうちに原爆がズドーン。

 軍部「本土決戦をすれば、ま、まだやれます・・・」

 原爆もう一発ズドーン。

 軍部&内閣「天皇陛下、どうしましょ?」

 天皇陛下「だから、戦争早くやめろっていってでしょ?うちらは殺されるかもしれんが、
      日本は助かるんだから降伏しよう。」
 


 そんな訳で日本は連合軍に降伏するわけです。




 で、マッカーサー元帥率いるGHQが日本にやってきたある日の話。(こっからが本題)

 アメリカ大使館内のマッカーサーの宿舎に昭和天皇が訪問した。
 ぶっちゃけ、マッカーサーは命乞いに来たのだと思った。

 が、通訳を通して昭和天皇の口から出た言葉は意外なものだった。


 「戦争に関わる全ての責任は私にある。好きなように処分してほしい。」


 「だが、戦争の結果、国民は飢えている。
このままでは罪のない国民に多くの餓死者がでるおそれがあるから、米国に食料援助をお願いしたい。」

 「ここに皇室財産の有価証券類をまとめて持ってきた。その費用の一部にあててほしい。」



 マッカーサーも、「正直グッと来た」と回顧録で話している。

 結局のところ、当時、天皇を処罰、処刑するような話になると、日本人の暴動は間違いなく、
そうなると占領のやりなおしになってしまうのでGHQも天皇の戦争責任は問わなかった。

 ぶっちゃけ、まだまだ利用価値があるので生かしておいた。
 と、いうことですな。GHQ側から言えば。



 昭和天皇本人は戦争やめたい、やめたいと言っているのに、軍部が暴走。
法律的にも戦争責任は内閣にあるのに、いざ敗戦となれば死をかえりみず「全部、俺の責任だ。」

 おまけに私財をなげうって、飢えた国民に飯を食わせてやってくれ。

 そうそう言える事じゃない。


 昭和天皇については、このような「ちょっといい話」は多く、それだけで本が書けちゃうくらいなので割愛します。




 さて、これまで説明したとおり、天皇というものには、「世界で最高峰の権威」があり、
「最古にして最後の皇帝」で、「独裁者防止機能」や「権力のバックアップ機能」があり、
「軍事力としての抑止力」がある。


 個人個人においても、外交能力や人格も良好。


 で、どれだけこの皇室や宮内庁に税金を使っているかというと、年間、国民一人当たり「200円」
 月々なら17円弱。

 安いか高いかと見るかは個人の主観だけども、決して金では買えないもので、
しかも世界に誇れるものだということは覚えておいて欲しいですな。


 っつーか、教科書で教えろ。







映画 『終戦のエンペラー』 日本人なら涙するだろう
http://ameblo.jp/kiyosiro-e/theme14-10019909524.html




『終戦のエンペラー』がアメリカで映画化された理由とは 田原総一朗.
http://ameblo.jp/kiyosiro-e/entry-11595609264.html




そ­の歴史は2673年 知らないのが我々日本­人
http://ameblo.jp/kiyosiro-e/theme2-10047261456.html





関連記事

日本はほんとうに、歴史から学習できないアホの子だよな

Category: 日本国民の心得  
日本はほんとうに、歴史から学習できないアホの子だよな

中国・韓国と仲良くして大陸と半島にヒト・モノ・カネ・時間と
ありとあらゆる資源を突っ込んで、その結果、いったい何があった?

日清戦争、朝鮮保護国化、

中国大陸・満州・朝鮮への社会インフラ・社会保障などへの莫大な持ち出し

そして敗戦後から続く、
日韓・日中国交正常化とその対価の謝罪と賠償、にも関わらず
以降の70年代、80年代、90年代、00年代、10年代とずーっと謝罪と賠償、

カネカネカネカネ…


特に、90年代初~以降、日本国内の左巻きの勢力のやからと結託して、

なんぼなんでも、あまりにもやり過ぎだろ

もういいだろ、もう十二分だろ、俺らはもう十二分にやった、やり尽くした

俺らの父や祖父や曾祖父や日清戦争以降の先人たちが、大陸と半島を、
欧米列強に負けぬよう日本国内並みに整備しよう開発しようと必死に努力して
築き上げた社会資本も、戦後の謝罪と賠償も、

延々とたかられ続けるカネと謝罪も、もう十二分にやり尽くした、

もう十二分にやった



もういいだろ、俺らはよくやった















・゚・(つД`)・゚・







もう言葉が見つからないよ






完全にスレタイに騙されて草はえるわ
いやむしろ目から汗が出たよ





タイトルでカチンときたが、内容を読んで納得。
中韓に配慮し過ぎだわな、日本って。









5. 名無しさん@ほしゅそく 2013年08月20日 03:56 ID:HIr1axjeO

>俺らはよくやった
お前何もしてねぇじゃん





やったのは俺たちの爺ちゃんたち。次は俺たちの番。







俺らの父や祖父や曾祖父や日清戦争以降の先人たちが、大陸と半島を、
欧米列強に負けぬよう日本国内並みに整備しよう開発しようと必死に努力して

これは驕りな気がするなぁ。驕れば、突かれやすくなるような。
どうしようもない半島のような存在もあるけど、大陸は大きい。
日本の思考回路で世界の物事を捉えすぎるのも視野が狭くなる。
もちろん、どれだけ日本が人的にも、資源的にも協力してきたか、
被害すらも我慢してきたかは、筆舌に尽くし難いけど。




否定派もまだ多いとは思うけど、
「欧米列強に対抗する為にアジア圏を日本国内並にしようとした」というのは、
日本の近代史を調べれば調べるほど、真実味を帯びてくる、
というかそうだとしか思えないんだよね。

世界大戦は宗教争いが根源にあると考えているが、
日本は白人の植民地支配から逃れる為に江戸時代末期からあらゆる努力をした。

もっと昔には元寇もあったし、島国だから、というのもあっただろうけど、
今の日本があるのはご先祖様が屈しなかったからだと思う。
そうでなければ、今頃は「日本州」になってたかもね。





最初から福沢諭吉の言うとおりだったんだよ
無駄な140年を過ごしたもんだ







韓国なんてロシアに併合されるままにしとけばよかったんだよ。
朝鮮半島を近代化して金使って恨まれて、日本はバカみたいに損をした。






韓国との貿易収支は常に大幅な黒字

中国とは見かけ上赤字だけどリスクヘッジのため技術をパクられないように
第三国を経由してるので実質黒字

中国からの輸入品は衣類やPCのサプライ用品など付加価値がないものがほとんど

中韓との貿易で日本は儲けてますよ。

ただ、日韓併合はやはり間違いだったと・・・

韓国以外の台湾、香港、東南アジア諸国は戦時中は文字通り植民地だったのに親日国。
ドイツ・アメリカの植民地だったパラオは超親日なのに・・









母国や先人達を馬鹿にされ
嘘や捏造をばら撒かれ
国歌や国旗、日本人のプライドを傷つけられ
国土を奪われ続けてる今もヘイトクライムなんかしてない
よくやってるよ










ちょっとカルタゴの事を書かせて下さい。


日本と同じような商人国家であったカルタゴが、完膚なきまでに滅ぼされた例を

他山の石として日本人は国防を考え直す必要があると切に思うからです。



カルタゴは紀元前250年頃、地中海に覇を唱えていた大国でした。


第2次ポエニ戦争に負けて、戦勝国から武装を解除させられ、

戦争を放棄することになったカルタゴは、戦後の復興を貿易一筋で見事に成し遂げ、

戦後賠償も全てきれいに払い終えました。




しかし、その経済を脅威だと捉えたローマ帝国によって、結局は滅ぼされてしまいました。


滅ぼされる直前、カルタゴの愛国者であるハンニバル将軍は、ローマの考えを悟り、

祖国の危機をカルタゴ市民に訴えましたが、平和ぼけした市民は耳を貸そうとしませんでした。


それどころか「ハンニバルは戦争をしようとしている!」と中傷する者さえいました。

しかも、最終的にハンニバルはローマに洗脳された者達によってローマに売られ、

自殺にまで追い込まれてしまったのです。





平和ぼけした市民は、ローマから無理難題を次々に要求されてから

はじめてハンニバルの警告が正しかったことに気が付きましたが、時すでに遅く、

徹底抗戦に踏み切るもカルタゴの陥落を防ぐことはできませんでした。

この間、たった3年の出来事でした。



ちなみに、生き残ったカルタゴ市民は約5万人でしたが、その全てが奴隷にされてしまいました。

城塞は更地になるまで徹底的に破壊され、再びこの地に人が住み、

作物が実らぬように大量の塩が撒かれたと言われています。


これはただの負け方ではありません。まさに地上からの抹殺です。






この悲惨なカルタゴ滅亡の理由は2つあると言われています。

1つは、カルタゴ市民が軍事についてほとんど無関心だったことが挙げられます。

もともと自国の防衛はおおむね傭兵に頼っていた上に、国内世論も「平和主義的」な論調が強く、

有事に備えて軍事力を蓄えておくといったことはままなりませんでした。


2つめは、国内の思想が分裂状態であったことが挙げられます。

そもそも挙国一致して事に当たらなければ有事を乗り切ることはなかなか難しいものですが、

カルタゴにはそれがなく、戦時中にハンニバルが外地を転戦している間も

市民は素知らぬ顔をしていました。




そして、ハンニバルを売り渡したのは、ローマに洗脳されたカルタゴの売国奴達でした。



自らの手で愛国者を切り捨てる・・・

かくしてカルタゴは「滅ぶべくして」滅んだわけですが、

私は今の日本がこのカルタゴに酷似している様に見えて仕方がありません。


今こそ日本の国防を真剣に考えないと本当に危ないと思います









日本と似すぎているカルタゴの運命

日本とカルタゴの対比

以下;歴史の玉手箱様より引用

 >
 
カルタゴは、フェニキア人が建国した海洋国家で、現在のアフリカ大陸チュニジアに位置しています。

カルタゴは、世界一の造船技術を持ち、スペイン、シチリア島などの海外領土を支配していました。

紀元前3世紀、地中海貿易により富を蓄え、ローマ帝国と並ぶ強国となります。

BC264年、両者の中間にあるシシリー島で紛争がおこります。

そして、これを契機にカルタゴとローマは、世界の覇権を賭けて激突します。

この戦いは、23年間の中断をはさんで63年間続きます。(第一次ポエニ戦争、第二次ポエニ戦争)









1867年、島国日本は、長い眠りから覚め、明治維新により近代国家への道を目指します。

西洋文明を積極的に取り入れ、富国強兵に邁進します。

日清・日露の戦争に勝ち、朝鮮、台湾、南樺太と領土を拡張します。

強国となった日本は、戦艦大和を建造して、世界有数の海軍を持ち、
太平洋をはさみ、超大国アメリカと対峙します。

1941年12月、日本連合艦隊は、ハワイの真珠湾の奇襲に成功します。太平洋戦争が始まります。






カルタゴの英雄ハンニバルは、象36頭と兵士5万人を率いて、スペインを出発します。

象を連れて、アルプス山脈越えに成功、ローマの本拠地イタリア半島を奇襲します。

ハンニバルは、イタリアに、なんと15年も踏みとどまり、ローマを一時追い詰めます。




「マレーの虎」山下奉文中将は、マレー半島を南下、シンガポールに侵攻します。

インド兵への離反策が成功し、1942年2月15日シンガポールは陥落、イギリス軍は降伏します。




カルタゴは、地力に勝るローマに対して次第に劣勢になります。

ついに、名将スキピオ率いるローマ軍が、カルタゴの本拠地に進軍します。

カルタゴは、イタリアで善戦していたハンニバルを帰国させ、本土決戦に賭けます。

BC202年、天下分け目の戦い(ザマの戦い)が行われます。カルタゴの完膚なき負け戦でした。





アメリカは、生産力、技術力で日本に勝っていました。

ミッドウェー海戦を境に、戦局は逆転します。ガダルカナル、硫黄島、沖縄。

日本は、敗退を続けます。本土空襲が激しくなり、広島と長崎に原爆が投下されます。

日本の完膚なき負け戦でした。






カルタゴは、ローマに無条件降伏します。

全ての海外領土は、放棄され、軍船、象もローマに引き渡されます。

軍隊は、自衛のためのものだけが許されました。

そして、自衛のためでも戦争する場合、ローマの許可が要ることになったのです。

(この許可の項目が、後に大問題となります)

そして、50年賦で1万タラントの賠償金をローマに支払うことが決まります。

ともかく、カルタゴの町は、無事に残りました。

100人会は、貴族の世襲制でしたが、戦後まもなく代議員が選挙で選ばれるようになります。

カルタゴは、民主主義の国家に生まれ変わります。








「忍び難きを忍び、耐え難きを耐え・・・」玉音放送が流れ、日本は無条件降伏します。

日本列島以外の領土は、返還されます。アメリカが決めた平和憲法で戦争が放棄されます。

(後に自衛隊が誕生します。)

国土は焼け野原、アジア諸国には賠償金の支払いが必要でした。

ともかく、本土決戦だけは避けられました。

日本は、天皇主権の国家から、主権在民の民主主義国家に生まれ変わります。









カルタゴ人(フェニキア人)は、ユダヤ人やアラビア商人と同じセム語族で、

最も商才があるといわれている種族です。

軍事国家への野心を棄てたカルタゴ人は、ますます貿易や商売に熱中するようになります。

ローマ人は、楽しむために働きましたが、カルタゴ人は働くこと自体が人生の目的でした。

奇跡の経済復興が実現します。

戦勝国ローマは、休む間もなく、マケドニアやシリアと戦わなければなりません。

軍備費の要らないカルタゴは、次第にローマに匹敵する経済大国に、のしあがります。

BC191年ローマは、シリアを打ち破ります。

無敵の軍事大国ローマにとっての脅威は、経済大国カルタゴに移っていくのです。







日本人には、勤勉さと物作りの才能がありました。

焼け原から立ち上がった日本人は、ひたすら一生懸命働くことで豊かになろうとしました。

エコノミックアニマルと日本人は、陰口を叩かれます。奇跡の経済復興が実現します。

アメリカの核の傘に入り、軍事費もいりません。

戦勝国アメリカは、ソ連との冷戦を戦わなくてはなりませんでした。

10%を超す高度経済成長が続きます。

日本は、世界第二位の経済大国になります。

ソ連が崩壊し、日米の経済摩擦が激化します。






BC187年、カルタゴは、50年賦と決められた賠償金を一括払いしたいと申し出ます。
いくら叩いても不死鳥のように蘇る、カルタゴ人の経済力に、ローマ人は、羨望と恐怖心を抱きます。
ポエニ戦争の悪夢がふと蘇ります。

ローマの元老院の指導者カトーが叫びます。

カルタゴは、滅ぼさなければならない!(デレンダ・エスタ・カルタゴ)

◆◆割れんばかりの賛同の拍手が、議場に沸き起こります。◆◆

ローマの元老院議員カトー

「カルタゴは滅ぼさねばならない」というセリフで有名。
演説の最後を、必ずこの言葉で締めくくったとか。


個人的な恨みはなかったようなので、単なる偏執狂ではないかという気もするが、
彼のしつこさが、結局ローマ人をその気にさせた。


経済大国カルタゴの最大の悩みは、隣国のヌミディアでした。
ヌミディアは、騎馬兵団で有名な、戦争に強い国です。
自衛力しか持たないカルタゴを侮り、その領土を侵犯します。

カルタゴは、ローマに調停を頼みますが、黒幕のローマはもちろん取り合いません。
ついに、カルタゴとヌミディアの間で戦争が起こり、平和の国カルタゴは、敗北します。

ローマの事前許可のない戦争開始は、条約違反でした。

ローマは、カルタゴに対して、突然宣戦布告をします。

驚いたのは、カルタゴです。
ローマの許しを得ようと、300人の貴族の子供を人質に差し出します。
しかし、8万人の世界最強のローマ兵が、上陸し、カルタゴに進軍します。





「全ての武器を差し出せ。」司令官は、答えます。

カルタゴは、20万人分の鎧、投げやり、投げ矢、2000の石弓を司令官に差し出します。

すると、司令官は、最後の要求を使者に言い渡します。

我々は、カルタゴの街を根こそぎ破壊することを決めた。
カルタゴ人には、今の街より10マイル内陸部に新しい居住地帯を造ることを許可しよう。

使者からローマの意向を聞いた20万人のカルタゴ人は、驚愕して、嘆き悲しみ、最後に激怒します。

「こんなひどい仕打ちがあろうか。街を破壊するだと。
内陸部に引っ込めだと。どうせ死ぬなら戦って死のう!」

カルタゴ人は、丸腰で戦う覚悟を決めます。

返事の猶予期間の30日間、密かに戦争準備がすすめられます。
武器職人は、連日徹夜で武器を作ります。
若い女性は、長い髪を元から切って石弓の弦が作られます。






こうして、始まったのが、第三次ポエニ戦争でした。
(戦争というより、ローマによるカルタゴの民族浄化です。)

カルタゴは、ここで奇跡的な粘りを見せます。

なんと丸腰で三年間ローマの猛攻を食い止めたのです。

しかし、戦闘と飢えと疫病で、20万人のカルタゴ市民は、10万人に減ります。

そして、ついに、ローマ兵は城壁を破り、街へ進入します。
女、子供までがレンガを投げて抵抗しますが、5万人が虐殺されます。
ビュルサの砦に逃げ込んだ5万人のカルタゴ人は、オリーブの枝を掲げて投降します。
彼らは、一部が処刑され、残りは奴隷として売られます。

カルタゴの街は、十数日燃えつづけ、灰は1メートル積もります。

カルタゴの復活を恐れたローマ人は、この地に塩を撒き不毛の土地にします。



700年続いた経済大国カルタゴと世界の富を独占したカルタゴ人は、BC146年こうして滅んだのです。





2000年以上の時を越えて、カルタゴ人は日本人に警告しているように私には思えます。










カルタゴて
第一次ポエニ戦争時に既に太った豚状態でローマ海軍を育てる手伝いをする結果になり
第二次ポエニ戦争では戦術的勝利を重ねればローマ連合の戦略的な
切り崩しが容易と考えちゃった天才の支援も満足にできず

その天才がイタリアを荒らしまくったお陰で非常に強い恐怖心をローマに与えて、
大カトーとかいうイチジク好きの確信犯に滅ぼされた国だろ

第三次の前の調子に乗りっぷりとか考えても、あんまり褒めるところはないような

傭兵国家の将であるハンニバルが、連合の解体を容易と見たのは価値観の違いだし理解も出来るが
首都移転はそもそもカルタゴ側の失策に対するペナルティーで、
ローマはカルタゴからの距離と海岸からの距離以外は何も指定してないじゃん

あの時代の教訓としては議会制は万能じゃないし、相手の理解は重要って程度でしょ
ハンニバルが軍事的天才として苛烈に行く前にローマ連合の離間工作を十分にするなりカルタゴ議会を掌握するなりやりようはあったが、彼というかその時代にその常識は無かった

すでに我々は歴史から学んだわけだから、相手を良く知り、
触らん方がいいなと分かったんだからあとはもう無視すりゃいいのよ









特定アジアよ、さようなら…












カルタゴの再軍備を禁じておきながらヌミディアの領土侵犯・略奪行為を黙認したことは、
ローマ側に明らかな敵対的意図があると思わざる得ない







日本の再軍備を禁じておきながら中国、韓国、ロシアの領土侵犯・略奪行為を黙認したことは、
アメリカ側に明らかな敵対的意図があると思わざる得ない
















俺にはローマがアメリカしいてはユダヤで、ヌミディアが中韓に思える
それで合ってるのか間違ってるかわからないが










第三次ポエニ戦争がカルタゴの自業自得とは思わないけど
温和政策のトップだったスピキオの失脚だとかあったんだし
しんどくても外交努力で不平等条約の是正だとかをしなきゃいけなかったんだろうけど

政治指導部が十分にそれを出来たとは思わない


(そもそも引き渡し要求が無かったにしろハンニバルを旗印に

戦争の負債をあっさり返したのが危機感を煽ってカルタゴの首を絞めている)


ぶっちゃけ現代に至るまでナマハゲ扱いされてるハンニバルの恐怖は

カトーみたいな強硬派の台頭を許すには十分でしょう


ヌミディア王自体第二次ポエニ戦役で最終的にローマ側に立ってたんだから
元老院に止めさせて下さいって言ってでどうにかなると思う方がお花畑だろ


軍事力解体以外の経済力にたいするペナルティーが薄い状況下で

上手いこと立ち回れないのであれば


そもそも第二次ポエニ戦役で勝てなかったの過ちだったってことでしょ
カルタゴ議会にはそれが見えなかった










第二次ポエニ戦争敗退後の元老院でのハンニバルの言葉

「もし人間の心が顔に表れる表情のように目に見えるものなら、
みんながなじっている私の笑いが、うれしいからではなく、
不幸のゆえに逆上したせいであることがわかるだろう。


いまさら泣いてみても無意味であり、場違いだ。


もし泣くのなら、私たちの武器が没収されたとき、われわれの船が焼かれたとき、
外地での戦争が禁じられたときにこそ、嘆き悲しむべきだったのだ。


なぜならこの痛手は我々にとって取り返しの付かないものだからである。


ローマが我々国内の平和を保障してくれるなどと信じないほうがいい。


外敵がなければ、必ず内敵が現れるものだ。
国というものは身体と同じように外に対して頑強であるように見えても、内から衰弱していくのである。


しかし、我々はそれに気づかず、社会の不幸を個人の災難と同じ程度にしか考えない。

自分の金が失われるのは苦痛には違いないが、国の損失とはそんなものではない。

カルタゴの現状を見るがいい。


いまや、わが国は武装した諸部族の只中に、丸裸で放り出されているではないか。

そのような有様を誰一人嘆かず、
自分の財産が賠償のために取り立てられることだけを嘆き悲しんでいる。

金を失ったなどということが、些細な不幸に過ぎないことを、諸君はやがて思い知るだろう。


私はそれを恐れる。」






『ある通商国家の攻防』より









マキャべリ

「隣国を援助する国は滅びる」 

「忍耐と寛容をもってすれば、人間の敵意といえども溶解できるなどと、思ってはならない」

「報酬や援助を与えれば、敵対関係すらも好転させうると、思ってはいけない」 


「我が国以外は全て仮想敵国である」 - チャーチル

「国家間に真の友人はいない」 - シャルル・ド・ゴール








一つの民族を破壊するために仕掛ける事は先ず一つその民族の歴史を壊す。
歴史を壊されるとアイデンティティを確立できず
方向性を見失い結果的に依存体質を生み思考を家畜化される

挙げれば切りがない程ありとあらゆる愚民化が仕掛けられてるけど、
中でも教育がいかに大切かが解る

歴史の授業が意味のない元号覚えクイズでは馬鹿しか生まない。
日本が立ち直るためには先ず教育を取り戻すこと







何よりも日本の教育者がまずい
国旗も国歌も拒否って、日本の教育者たちの国家観は異常
国家観も正当化できんのに日本の子どもを教育するて
個人の価値観の範囲なら問題ないが、日本の教育界が全体的に左翼化してる
左翼は平和をたたき売りして保守にレッテルはってきたが、保守も平和を売りにしてるんだがな、
保守と国粋は別だ









保守のせいじゃなくて「日教組」でしょ
日教組を朝鮮人が牛耳ってるのも常識

解同(これも朝鮮人組織)
一昔前は解同の「糾弾会」と言うのが有って
少しでも愛国的な行為すると、朝鮮人どもが言いがかりを付けて
校長は糾弾会で吊るし上げられ自殺者を出している
ネットが普及する以前はそんな酷い状況だったんだよ
  

今でも「しばき隊」とかが同じ事してる
http://www.youtube.com/watch?v=-07bMw2Tqsk
部落解放同盟の「糾弾会」で人格を破壊された人たち :

http://sakura4987.exblog.jp/3038937








◆朝日新聞の中身は 「朝鮮人」

・「南京虐殺捏造」の朝日新聞 本田勝一(本名:崔泰英)

・「従軍慰安婦捏造」の朝日新聞 植村隆
 (義母が朝鮮人 「梁順任」 (韓国慰安婦団体の会長)


・南京での「百人切り捏造」したのも朝日新聞(東京日日)
 (向井・野田 両少尉は無実を訴えたが処刑された)

・靖国参拝を政治問題化させたのも朝日新聞
  

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1344382002/

http://www.youtube.com/watch?v=cmphs0RjZ4M
★処刑された 野田・向井両少尉の遺言
http://yanagi774.easter.ne.jp/enzai/yuigon.html

朝日こそ万死に値する 日本の歴史上最大の売国奴である















日本に左翼なんて存在しない
日本の自称左翼は、朝鮮人が支配するただの売国組織
  

・民主党
「朝鮮人慰安婦への謝罪と賠償」を求める法案15回提出
(しかも日本人慰安婦は除外)
  
・社民党
「慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂」(池田信夫blog)

・共産党
在日本朝鮮人連盟と共に暴力テロ活動

日本共産党が朝鮮人と一緒に日本国内でテロ活動をしていた












■共産党と在日朝鮮人

在日朝鮮人は、日本の諸政党の間を移動しながら、反日活動を展開してきた。
最初は日本共産党に所属し、日本国家の転覆、共産党政権(朝鮮人政権)の実現を目指した。

戦後、日本共産党を再建したのは、在日本朝鮮人連盟である。
1945年から1953年までの8年間、日本共産党は在日朝鮮人が支配していました。
自称沖縄人の朝鮮人=徳田球一をリーダーとする日本共産党内の朝鮮人グループ、

いわゆる『行動派』が、1950年から展開した軍事方針と称する武装闘争戦略は、

朝鮮人による「日本国家乗っ取り運動」でした。


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1349001259/4










一体何人の日本人が直接的・間接的に犠牲になったんだろうな...
勝手な妄想に取り憑かれた狂人は本当に恐ろしいよ

最初のうちは馬鹿にしてたけど、知れば知る程笑えなくなってくる
みんなも「チョソw」とか言ってる場合じゃないぞ
小馬鹿にしてる奴は認識が甘い










とにかくもう 日本人に成り済まして悪さしてる特ア人には我慢の限界越えた

ネットで日本人に成り済まして誹謗中傷撒き散らし
市民団体括りで誤魔化して反日運動し
事件起こしても日本人の如く報道され…

中国や韓国で日本人が凶悪事件起こして隠されてるのバレたら暴動起こるよね


たった1つの事件でも福知山のテキヤの名前未だに出て来ないのも
マスコミに守られてるのかと勘繰りたくなる

先ずは通名廃止と 朝鮮漬けの反日マスコミの規制を粘り強く求めて行きたい













日本を取り戻す!







阿部がテレビで連呼してた
日本を取り戻す ってヤツ
あれ 民主が政権を取ったこの3年間の事だと思ってたけど
次第にこの100年間の事だと思い始めたわ










戦に負けるとは、こういう事だ。

昭和天皇は

「我が国が本来の姿に戻るには、2世紀かかるかもわからない」

と仰せられた。

我が国はまだ、70年しか経っていない。




我が国ならば、我が国民ならば、半分の100年足らずで可能かもしれない。

さあ、やろう。日本を取り戻そう。







戦争は終わった。
敗戦国となり侵略戦争の汚名も着せられて各国に多額の賠償金を支払った。
中朝はまだまだネチネチ言うってくるけど、すべては解決済みだ。

でも命を張ってこの国を護ってくれた先人達を同じ日本国内で侮辱するのは許されない。
自虐史をやめろ!アジア各国の独立に大きく貢献していることを、子供達に教えろ!






崇高な夢を見た祖父たち
愚鈍に謝り続けた父親たち
そして、現実を見始めた俺たち

三代の血肉の果てにようやく
日本の舵取りが決まりつつあるのだな










頑張ろう…そして、なんとか踏ん張ってくれた先代に敬意を!!


関連記事

言論統制がしたいようです ファシズム新聞社 追記あり

Category: 日本の病原  
信濃毎日新聞は言論統制がしたいようです




2013年08月17日00:05
【信濃毎日】
「改憲、福島原発、隣国との緊張関係…気がめいりそうなとき流れ星を見ると、幾つになっても胸が躍る」
http://www.hoshusokuhou.com/archives/30794028.html



花火見物で見上げていた夜空に、青白い光が数回、走った。
ペルセウス座流星群かどうかは分からなかったけれど、流れ星を見ると、幾つになっても胸が躍る
   ◆
よばい星、落ち星、キジ星、はしり星…。
いろいろな呼び名がある。太陽に近づいた彗星(すいせい)の氷が溶けて放出されたちりが
地球の大気との摩擦で燃え尽きるときの光。
正体を教わってからも、太陽系のかなたからやって来る彗星の神秘性にひかれ続けている
   ◆
はかなさが人生や恋と重なるのか、短歌や俳句に数多く詠まれてきた。
〈流れ星うつくしかりき君とわれくつは虫啼く原にかかりぬ〉与謝野晶子。
〈星一つ命燃えつつ流れけり〉高浜虚子。
〈星流る疑ふこともなく生きて〉山口青邨
   ◆
国立天文台長を務めた海部宣男さんの随筆「天文歳時記」は、
天文を題材にした古今の詩歌を紹介しながら時代時代の自然観を伝えている。
その天文台によると、出現が期待できる流星群はまだまだある。お盆を過ぎてからははくちょう座。
オリオン座やしし座が秋に。冬はふたご座が巡ってくるという
   ◆
改憲の動き、難航する福島第1原発の廃炉作業や被災地の復興、
社会保障や経済の今後、緊張感が高まる隣国との関係…。

何かと気がかりな問題が多い昨今だ。
気がめいりそうなときは夜空を眺めながら穏やかな暮らしを願ってみるのもいい。
天に帰るご先祖さまを送る、今夜にでも。







こいつら、とうとう日本人を騙し続けられなくなって、
ファンタジックな話で、現実逃避に走ったか。
ま、せいぜい空の星でも見上げて、
「日本は宇宙からも孤立している」って記事でも書いたら?









2013年08月07日08:05
【信濃毎日新聞】
「核兵器と原発は同義語であり、人類が手にした文明の危険な終着駅である」
http://www.hoshusokuhou.com/archives/30419994.html


写真集「ピカドン ある原爆被災者の記録」などを出している報道写真家、福島菊次郎さん(92)。敗戦後の広島に通い、
原爆関係だけで5万枚を撮った。けれども写した露出時間の合計は240秒にすぎない
   ◆
映像の限界を補完しようとつづったのが「写らなかった戦後 ヒロシマの嘘」(現代人文社)だ。「ピカドン」で取り上げた
中村杉松さん一家も出てくる。「わしの写真を撮って世界中の人に見てもろうてくれ」。福島さんはある日、中村さんに頼まれる
   ◆
原爆症で妻を亡くし、自らも原爆症に苦しむ漁師の中村さん。極貧の中で6人の子どもを育てていた。ピカに遭った者が
どれだけ苦しんでいるか、世界中の人に分かってもらえたら成仏できる―。だから遠慮せずに写してくれ、という中村さんの頼みだった
   ◆
それまでは気がとがめ、自由に撮れなかった。中村さんが赤ん坊を抱き、もらい乳に行く姿もその一つである。水ばかりの雑炊をすする一家、
発作を起こし七転八倒する中村さん…。悲惨さにカメラを向ける勇気を、中村さんの言葉が与えてくれたという
   ◆
「ヒロシマの嘘」には被爆2世たちの闘いなどのほか、原爆と原発の章がある。10年前の刊行だけれど、末尾の言葉が重い。
「核兵器と原発は同義語であり、人類が手にした文明の危険な終着駅である」。福島さんは3・11後、原発事故の被災地にも入っている。









放火と火力発電も同義語
津波と水力発電も同義語
台風と風力発電も同義語
噴火と地熱発電も同義語






そこまでいうなら、レントゲンも原爆と同義語だな。













http://www.hoshusokuhou.com/archives/30908639.html
信濃毎日新聞社様のM様(個人名は伏せています)から無断で転載するなとのことで
記事の削除依頼がありましたので以下の2記事について削除致します。







2つほど疑問があります。






本当に引用してはいけないんですかね?


無断で転載するなとのことですが、無断でなければ良いというわけではなく、
今後も転載するなと言われてしまったのでどうすればいいのかと・・・


本当に著作権に問題はあるのでしょうか







著作権の制限
著作物の利用や使用について、その便宜上必要とされる範囲または著作権者の利権を害しない
範囲において著作権が制限されることがある。主なものは以下の通り。

引用(32条)
公表された著作物は自由に引用して利用することが出来る。ただし、それは公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道・批評・研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならないとされる[19]。







マスコミの記事に対して、国民がそれについてどうこう言う権利が守られないと
マスコミがいいように世論誘導しまくれると思うんですよね。なのでおかしいと思うんですね。
マスコミに「意見するな」ってことですよね。

それとも思想的にだめなんですかね?
もしゴリゴリの左寄りブログだったとしても転載しちゃだめってことなんですかね?
じゃあ信濃毎日新聞を絶賛しているサヨクの方々のブログも転載できなくなりますね。

それに信濃毎日新聞社から直接、転載しているわけではないんですけどね。

無断で転載するなとのことでしたので転載はしないですが、
今後についても転載できないのは非常に残念です。














新聞社がそんなんとか情けないと言うか恥ずかしくないのかと。






自社の記事に後ろめたさがある証拠だ






世論操作の邪魔されたくないってことか






腐りきってますな支那の売日新聞






信濃→しなの→支那の毎日新聞

納得。






まあ、言論の自由の敵であるシナの新聞ですからw
別に困るもんでもないし、お得意の裁判とかされたらウザイから転載はもう止めた方がいいね。
これぞ左翼って感じですねwww
いや~、これだから左翼は民意を得られないわけだw






心配しなくても信濃毎日新聞は

売 国 極 左 新 聞 だと認識してますよWWWWWW





信濃毎日新聞社よ

都合悪いから転載禁止か?



おい、信濃毎日新聞社よ

都合よく情報操作出来ないのが悔しいのか?



でもよかったな、信濃毎日新聞社よ

御社は間違い無く検索ワードランキング急上昇で、やってることが更に明るみに出るな
















信濃毎日新聞社様のM様に問い合わせをしましたところ、以下のメッセージを頂きました。

http://www.hoshusokuhou.com/archives/30912461.html




「引用について説明させていただきます」


信濃毎日新聞社メディア局データベース部 M(個人名は伏せています)です。

削除依頼に応じていただき、ありがとうございます。

記事拝見しました。

引用に関する当社の考えについては、信毎WEBの著作権、リンクについてで説明させていただいています。

なお、当社のWEB上の記事へリンクを張るだけでしたら差し支えありません。
記事をコピペして転載するのはやめてください。今回のお願いもその一点であります。

引用について、少し話しをさせてください。著作権法で、著作権が制限される例外として
引用が認められているのはもちろんです。

ただし、引用にはいくつかの条件が必要です。

著作権法には詳細が示されていませんが、過去の判例などから、引用に該当するためには
「正当な範囲内、必然性(全文転載ではなく、論評のため必要な部分に絞ること)」
「引用部分とそれ以外の部分の主従関係が明確であること(引用部分より主張する部分が少なかったり、まったくなかったりするのは引用ではありません。主従関係は、質的、量的それぞれを充足する必要があります)」
「引用部分が明確であること(かぎかっこなど)」
「引用元の明示」
の、少なくとも4条件が必要となります。文化庁の見解を参考にしてください。

ですから、新聞記事の論評したい部分を抜き出し、それに対する意見を述べた内容であれば、
引用の条件に該当し、当社としても著作権を主張して削除を求めることはありません。

転載とは、こうした条件に沿わずに著作物を掲載することです。よって、転載の場合は
著作者の承諾が必要となり、それがない場合を無断転載と称することになります。

なお、記事、紙面の無断転載に対する削除依頼については、保守速報さまにとどまらず、
思想信条に関係なく、多数にわたって実施しております。2chまとめサイトの関連でも、
多くのサイトさまにご理解をいただいております。削除依頼も社説にとどまらず一般記事など、
多岐にわたっております。

以上、著作権についてご理解いただければ幸いです。

記事リンクについては、当社ホームページ内で解説しておりますので、
その方法に従っていただければ幸いです。








はい、


>全文転載ではなく、論評のため必要な部分に絞ること






なお、当社のWEB上の記事へリンクを張るだけでしたら差し支えありません。
記事をコピペして転載するのはやめてください。今回のお願いもその一点であります。

引用について、少し話しをさせてください。著作権法で、著作権が制限される例外として
引用が認められているのはもちろんです。

ただし、引用にはいくつかの条件が必要です。

著作権法には詳細が示されていませんが、過去の判例などから、引用に該当するためには
「正当な範囲内、必然性(全文転載ではなく、論評のため必要な部分に絞ること)」
「引用部分とそれ以外の部分の主従関係が明確であること(引用部分より主張する部分が少なかったり、まったくなかったりするのは引用ではありません。主従関係は、質的、量的それぞれを充足する必要があります)」
「引用部分が明確であること(かぎかっこなど)」
「引用元の明示」
の、少なくとも4条件が必要となります。文化庁の見解を参考にしてください。


ですから、新聞記事の論評したい部分を抜き出し、それに対する意見を述べた内容であれば、
引用の条件に該当し、当社としても著作権を主張して削除を求めることはありません。







はい、




>新聞記事の論評したい部分を抜き出し、それに対する意見を述べた内容であれば、

>引用の条件に該当し、当社としても著作権を主張して削除を求めることはありません。






ということは、信濃毎日の一部文言だけ抜き出して引用して
後は以下ソースで問題なしという事ですね!


いつもマスコミが「一部分だけ抜き出して印象操作してる」みたいな感じですね。

「前後のやりとり排除する」マスコミの得意分野みたいな感じですね。

ポエムの一部だけ抜き出せばいいと!


あと


>質的、量的それぞれを充足する必要

充足は2chの反応ってことでいいですよね!


信濃毎日新聞社さま、直々に引用方法を教えて下さるなんて。お墨付きを与えて下さるなんて。
ありがとうございます!さすが信濃毎日新聞社様は心が広いですね!

今後も安心して(一部分だけ引用あとは以下ソースで)記事更新続けることができますね!

でも、前後のやりとりを全くなくすと
意味不明な記事になっちゃうので、ある程度は必要でしょうけどね。













>新聞記事の論評したい部分を抜き出し、それに対する意見を述べた内容であれば、
>引用の条件に該当し、当社としても著作権を主張して削除を求めることはありません。


言質とったどーwww








かたちをかえて載せれば良い







つまり、マスゴミがいつもやっている事をやれば問題ないわけですね!








さすがにヤバイと思ったなw 信濃毎日新聞くん。










おーい皆、信濃毎日新聞からGOサイン出たぞー







ワロタ。






反応見て慌てて火消ししたつもりが更に墓穴かwwww
















まあ信濃毎日さんのスタンスが示されたのだから前進でしょう
そして管理人さん、当てこすりは今は不要ですよ
必要な言質だけとって、あとはこれまで通り粛々とやりましょう

で、もしまた信濃毎日さんがヘンテコな記事を書かれたとしたら
その時は規定に沿って堂々と、徹底的に、辛辣に、内容を吟味して論評して差し上げれば良いのです。
ですよね、信濃毎日さん?









マスコミが保守派に喧嘩売ったら 倍返しやからな
憶えといてね。






信濃毎日新聞社様からメッセージ「魚拓も禁止」
http://www.hoshusokuhou.com/archives/30991555.html


管理人です。

信濃毎日新聞社メディア局データベース部のM様からメッセージがありました。

まずは、「メールも転載しないでほしい」とのことです。

ですので昨日の様に直接貼らずに、私が掻い摘んでお伝えします。





そして本題ですが、「魚拓も取らないでほしい」とのことです。

昨日までの分はそのままで構わないが、今後は魚拓を取るのをやめてほしいと・・・



ちょっと必死すぎませんかね?新聞社ってこんな必死なの?
なんか都合悪いんですか?よっぽど内容が信用できないんですかね?
新聞社ですよね?新聞社・・・長野のシェア6割で発行数48万部でしたっけ?



なんか後ろめたい内容なんですか?



一部引用は問題なし、でも魚拓はだめと。

弊ブログが魚拓を取らなくても2chにログは残ってるんですよ。
知ってますか?信濃毎日さん。


そんなに読まれるのが嫌だったら、ポエムなんて書かなければいいじゃないですか。

そんなに内容に自信がないんだったら新聞なんて発行せずに歌でも歌ってればいいんですよ。

まともなメディアであるんだったら事実を淡々と報道してればいいんですよ。
メルヘンチックな報道なんていらないんですよ。


メディアならもっと努力しろよ。己を責めて人を責むるな


もちろん私も今後は魚拓は取りませんし、メールの転載もしませんが、
信濃毎日さん必死すぎでしょ。


この個人ブログ、信濃毎日の社員全員見てるの?

たかが個人ブログに重役が血眼になって会議とか開いちゃってるんですかー?

新聞社様が個人ブログに必死すぎでしょ、ダメすぎでしょこの会社。








関連記事

対馬は韓国の地! 日本大使館前での糾弾記者会見で日本の覚醒促す(写真)

Category: 不都合な真実  
kitikiti-9.jpg


【ソウル=ニューシス】チェ・ドンジュン記者= 独島(トクト)NGOフォーラム全国連帯会員たちが15日午前、
ソウル鍾路区(チョンノグ)中学洞(チュンハクトン)の日本大使館前で独島領有権に関連した日本糾弾
記者会見を開催した中で日本の覚醒を促している。 2013.08.15.

ソース:NAVER/ニューシス(韓国語) 記事入力2013-08-15 13:48
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0005320939









大使館があるエリアはデモ禁止なのに、
日本大使館に対しては法律を無視する無法国家
竹島の件も併せて外交処置(報復)するのが、あるべき対応








韓国には日本からの制裁が必要だ









「対馬は韓国の物だ」「沖縄は中国の物だ」と日本に言い出した中韓








日本分割を目論む、明確な敵性国家です。
中華の「日本省・東海省・倭人自治区」と並ぶ友人になれない国家の証明です。











今まで日本政府が朝鮮を甘やかした結果が下記の状態だ。

朝鮮へのスワップの延長や資金援助など自民党がすれば、選挙で今回の民主党の様に
ボロ負けに成るだろう、国民は朝鮮へのスワップの延長や資金援助は絶対に許さない!!!!!。

日本に救われ、借金踏み倒し続ける韓国が、日本は酷い国だと罵る
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/68a90222b800545ecc06e48bb509d2f5



リーマン・ショックの時に国家破綻しかけた韓国を救ったのは

日本とIMFであり、しかもそのIMFへの拠出金が世界で2番めに多いのが

日本で韓国は二重の意味で日本には恩義があるはずですが、


【韓国が日本を非難】
借金大国・日本のIMF巨額出資は、
模範国・韓国に対する対抗心から。
日本は地位をカネで買った … 韓国紙











驚くべき日本から韓国へのODA一覧

http://earlgrey2.iza.ne.jp/blog/entry/2749252/http://earlgrey2.iza.ne.jp/blog/entry/2749252/

韓国鉄道設備改良事業1966-06-08 39.6億円
韓国漢江鉄橋復旧事業1966-06-17 3.6億円
韓国建設機械改良事業1966-07-20 23.4億円
韓国水利干拓および浚渫事業1966-07-20 11.88億円
韓国海運振興事業1966-07-27 32.43億円
韓国中小企業および機械工業育成事業?1966-07-27 54.0億円
韓国鉄道設備改良事業(2)1967-03-23 33.65億円
韓国輸送および荷役機械改良事業1967-06-27 9.35億円
韓国光州市上水道事業?1967-07-11 6.05億円
韓国市外電話拡張事業?1967-07-11 3.60億円
韓国大田市上水道事業1967-07-11 5.90億円
韓国産業機械工場拡張事業1967-07-31 10.80億円
韓国昭陽江ダム建設事業1967-08-07 3.96億円
韓国中小企業および機械工業育成事業1967-08-07 26.69億円
韓国高速道路建設事業1968-06-26 10.80億円
韓国市外電話拡張事業1968-10-30 6.48億円
韓国昭陽江ダム建設事業1968-12-28 46.98億円
韓国高速道路建設事業1969-04-14 18.00億円
韓国農水産振興事業1969-06-19 8.92億円
韓国嶺東火力発電所建設事業?1969-09-01 6.41億円
韓国清州市上水道事業1969-12-04 3.24億円
韓国南海橋建設事業 1969-12-04 7.88億円
韓国昭陽江ダム建設事業1970-02-04 27.01億円
韓国市外電話拡張事業 1970-06-25 5.17億円
韓国総合製鉄事業 1971-07-16 28.80億円 浦項綜合製鉄(株)
韓国ソウル地下鉄建設および国鉄電化事業?1972-04-10 272.40億円
韓国総合製鉄事業?1972-05-01 107.49億円 浦項綜合製鉄(株)
韓国商品借款商品借款等?1972-09-18 77.00億円 大韓民国政府
韓国総合製鉄事業 1973-01-16 10.87億円 浦項綜合製鉄(株)
韓国通信施設拡張事業?1973-04-23 62.00億円
韓国漢江流域洪水予警報施設事業?1973-07-20 4.62億円
韓国商品借款?1974-05-13 77.00億円 大韓民国政府
韓国浦項総合製鉄所拡充事業?1974-05-22 127.88億円
韓国大清多目的ダム建設事業?1974-12-26 118.80億円
韓国農業総合開発事業 1974-12-26 194.40億円
韓国浦項総合製鉄所拡充事業?1975-07-30 2.25億円
韓国北坪港建設事業 ?1976-03-31 124.20億円
韓国忠北線復線化事業?1976-11-26 43.00億円
韓国通信施設拡張事業 ?1976-11-26 66.00億円
韓国農業振興計画 ?1977-06-10 126.00億円
韓国超高圧送電線建設事業 ?1977-11-28 40.00億円
韓国忠B多目的ダム建設事業?1978-01-20 140.00億円
韓国農業振興計画 1978-01-31 60.00億円
韓国医療施設拡充事業 ?1978-12-25 70.00億円
韓国農業総合開発事業? 1978-12-25 140.00億円 韓国電力(株)
韓国教育施設拡充事業 ?1980-01-18 100.00億円
韓国国公立医療及び保健研究機関近代化事業 ?1980-01-18 40.00億円
韓国都市下水処理施設建設事業 1980-01-18 50.00億円 建設部,大邱市,大田市,全州市
韓国教育施設(基礎科学分野)拡充事業?1981-02-27 60.00億円
韓国民間地域病院医療装備拡充事業 ?1981-02-27 130.00億円
韓国医療装備拡充事業(ソウル大学小児病院)1983-10-11 54.00億円
韓国下水処理場建設事業(ソウル炭川)?1983-10-11 115.00億円
韓国地方上水道拡張事業(釜山,ソウル,晋州)1983-10-11 78.00億円
韓国陜川多目的ダム建設事業?1983-10-11 204.00億円
韓国ソウル上水道施設近代化事業?1984-08-08 29.00億円
韓国下水処理場建設事業(ソウル中浪)?1984-08-08 167.00億円
韓国下水処理場建設事業(釜山)?1984-08-08 63.00億円
韓国気象関連設備近代化事業?1984-08-08 42.00億円
韓国国立保健院安全性研究センター事業?1984-08-08 24.00億円
韓国住岩多目的ダム建設事業?1984-08-08 111.00億円
韓国大田市上水道拡張事業社会的サービス?1984-08-08 22.00億円
韓国都市廃棄物処理施設建設事業1984-08-08 4.00億円大邱市、城南市
韓国農業水産試験研究設備近代化事業?1984-08-08 33.00億円
韓国医療施設拡充事業?1985-12-20 123.00億円
韓国下水処理場建設事業(釜山長林)?1985-12-20 92.60億円
韓国下水処理場建設事業(光州)?1985-12-20 75.60億円
韓国下水処理場建設事業(春川) ?1985-12-20 32.80億円
韓国化学研究用・計量標準研究用資機材補強事業 1985-12-20 27.00億円
韓国教育施設拡充事業?1985-12-20 152.00億円
韓国総合海洋調査船建造事業?1985-12-20 41.00億円
韓国昭陽江ダム建設事業1970-02-04 27.01億円
韓国市外電話拡張事業 1970-06-25 5.17億円
韓国総合製鉄事業 1971-07-16 28.80億円 浦項綜合製鉄(株)
韓国ソウル地下鉄建設および国鉄電化事業?1972-04-10 272.40億円
韓国総合製鉄事業?1972-05-01 107.49億円 浦項綜合製鉄(株)
韓国商品借款商品借款等?1972-09-18 77.00億円 大韓民国政府
韓国総合製鉄事業 1973-01-16 10.87億円 浦項綜合製鉄(株)
韓国通信施設拡張事業?1973-04-23 62.00億円
韓国漢江流域洪水予警報施設事業?1973-07-20 4.62億円
韓国商品借款?1974-05-13 77.00億円 大韓民国政府
韓国浦項総合製鉄所拡充事業?1974-05-22 127.88億円
韓国大清多目的ダム建設事業?1974-12-26 118.80億円
韓国農業総合開発事業 1974-12-26 194.40億円
韓国浦項総合製鉄所拡充事業?1975-07-30 2.25億円
韓国北坪港建設事業 ?1976-03-31 124.20億円
韓国忠北線復線化事業?1976-11-26 43.00億円
韓国通信施設拡張事業 ?1976-11-26 66.00億円
韓国農業振興計画 ?1977-06-10 126.00億円
韓国超高圧送電線建設事業 ?1977-11-28 40.00億円
韓国忠州多目的ダム建設事業?1978-01-20 140.00億円
韓国農業振興計画 1978-01-31 60.00億円
韓国医療施設拡充事業 ?1978-12-25 70.00億円
韓国農業総合開発事業? 1978-12-25 140.00億円 韓国電力(株)
韓国教育施設拡充事業 ?1980-01-18 100.00億円
韓国国公立医療及び保健研究機関近代化事業 ?1980-01-18 40.00億円
韓国都市下水処理施設建設事業 1980-01-18 50.00億円 建設部,大邱市,大田市,全州市
韓国教育施設(基礎科学分野)拡充事業?1981-02-27 60.00億円
韓国民間地域病院医療装備拡充事業 ?1981-02-27 130.00億円
韓国医療装備拡充事業(ソウル大学小児病院)1983-10-11 54.00億円
韓国下水処理場建設事業(ソウル炭川)?1983-10-11 115.00億円
韓国地方上水道拡張事業(釜山,ソウル,晋州)1983-10-11 78.00億円
韓国陜川多目的ダム建設事業?1983-10-11 204.00億円
韓国ソウル上水道施設近代化事業?1984-08-08 29.00億円
韓国下水処理場建設事業(ソウル中浪)?1984-08-08 167.00億円
韓国下水処理場建設事業(釜山)?1984-08-08 63.00億円
韓国気象関連設備近代化事業?1984-08-08 42.00億円
韓国国立保健院安全性研究センター事業?1984-08-08 24.00億円
韓国住岩多目的ダム建設事業?1984-08-08 111.00億円
韓国大田市上水道拡張事業社会的サービス?1984-08-08 22.00億円
韓国都市廃棄物処理施設建設事業1984-08-08 4.00億円大邱市、城南市
韓国農業水産試験研究設備近代化事業?1984-08-08 33.00億円
韓国医療施設拡充事業?1985-12-20 123.00億円
韓国下水処理場建設事業(釜山長林)?1985-12-20 92.60億円
韓国下水処理場建設事業(光州)?1985-12-20 75.60億円
韓国下水処理場建設事業(春川) ?1985-12-20 32.80億円
韓国化学研究用・計量標準研究用資機材補強事業 1985-12-20 27.00億円
韓国教育施設拡充事業?1985-12-20 152.00億円
韓国総合海洋調査船建造事業?1985-12-20 41.00億円
韓国教育施設拡充事業?1987-08-18 129.11億円 文教部,国立科学館
韓国中小企業近代化事業?1987-08-18 77.50億円
韓国農業機械化事業?1987-08-18 77.50億円 全国農業協同組合中央会
韓国廃棄物処理施設建設事業 1987-08-18 53.72億円 大邱市、城南市
韓国酪農施設改善事業?1987-08-18 38.75億円 ソウル牛乳協同組合
韓国臨河多目的ダム建設事業 1987-08-18 69.75億円
韓国蔚山市都市開発事業(鉄道部門)?1988-06-22 44.40億円
韓国栄山江3-1地区防潮堤事業 ?1988-06-22 44.40億円
韓国下水処理場建設事業(済州・清州)?1988-06-22 41.59億円
韓国教育施設拡充事業 ? 1988-06-22 5920億円
韓国研究所施設拡充事業 1988-06-22 26.79億円 韓国遺伝工学,機械,電子通信,化学研究所
韓国私立大付属病院施設拡充事業 1988-06-22 56.24億円 梨ヤ女子大学,中央大学,漢陽大学,高麗大学,東亜大学
韓国大田上水道拡張事業 1989-08-22 14.34億円
韓国中小企業近代化事業?1989-08-22 62.00億円 国民銀行
韓国ソウル地下鉄建設事業 ?1990-10-31 720.00億円
韓国医療装備拡充事業(ソウル大学校病院)?1990-10-31 43.20億円
韓国水産・商船学校練習船装備拡充事業? 1990-10-31 21.60億円
韓国中小企業近代化事業 ?1990-10-31 115.20億円
韓国肉加工施設拡充事業 ?1990-10-31 17.28億円 畜産業協同組合中央会
韓国配合飼料工場建設事業 1990-10-31 54.14億円 畜産業協同組合中央会
韓国酪農施設改善事業 ?1990-10-31 24.48億円 畜産業協同組合中央会

追記資料1 韓国へのODA実績累計 (98年まで)
    
  贈与                     政府貸与         
 無償資金協力  技術協力       支出総額       

累計 233.84    913.72         3,601.54        

単位は、100万ドル(一億円)

※1965年の日韓基本条約にて日本から韓国へ支払った
 5億ドルは除く

※単位・金銭はすべて、日韓基本条約締結後援助が開始された
1966年当時のものそのまま。
現代の価値に換算すると総額は2~3兆円規模になる。





日本はこれだけの血税を韓国に注ぎ込みましたが、韓国は一切報道しません。

それどころかいまだに日本に謂れの無い謝罪と賠償を要求をしてきてます。

更には「対馬は韓国領土」などと言いながら竹島を不法占拠しています。
恩を仇で返すならず者国家、韓国は、頭を冷やすべきです。

そして日本政府は一刻も早く竹島から韓国を排除しなければなりません。


因みに外務省のサイトにはこの韓国だけが抜けているのが不自然です。

戦後の日韓関係の異常さがうかがえます。







感謝されない韓国への技術移転

http://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/595e22aabc179d30b06a17c476a02003http://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/595e22aabc179d30b06a17c476a02003

ぼくの友人T氏が、提携先の製鉄会社の社員である。かれの依頼で、その会社の独身寮で講演を頼まれたときのショックは、いまだに忘れられない。かれは、「うちの会社には、韓国が好きな人間は、一人もいないでしょう」と言った。

ぼくも見学してきたが、韓国の浦項製鉄は、日本の最新鋭工場と、同じレイアウトになっている。 単一工場での出銑能力では、日本と同じだが、人件費などの相違から、受注量がいまや日本をしのいでいる。だから、単一の工場では世界最大の生産量ということになる。

この工場の建設にあたっての苦労話をさせたら、日本最大のこの製鉄会社の社員には、いくらでも言い分はある。

「確かに契約として、会社として、やったことでしょう。だけど、それだけじやないんです。日本人は韓国に負い目を持っています。だから、このプロジェクトを成功させなけりゃいけないという使命感をみな持っていました。サラリーマンだって、生身の人間です。ほんの一言でいいんです。韓国語にも、ありがとう--カムサ・ハムニダって、言葉があるでしょう。要は、気分の問題なんです。日帝36年を持ち出されると、こっちとしては、なにも言えません。うまく言えないけど、すべて終わったあとで、ぜんぶ自分たちがやったっていう態度にでられると、こっちとしても我慢しなけりやいけないと判っていても、割り切れない気持ちになるんです」
友人を通して、このとき知り合った製鉄会社の同僚は、こう言ったものだ。

この類の日本人の不満は、あちこちで聞かされた。
 
これは、直接に聞いたものではないが、日韓共同プロジェクトとして、ソウル市の地下鉄一号線の工事は、日本の技術援助で完工した。

だが、その開通式にあたっては、日本の援助には一言も言及されなかったという。

(豊田有恒『いい加減にしろ韓国』P71-72 祥伝社)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4396103476






嫌いな国ランキング 2013
http://japaneserank.enq1.shinobi.jp/enquete_p/109662/

ui9.jpg

関連記事

« »

08 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。