FC2ブログ

今日ボクが見た風景

チマチョゴリ着た在日の女子高生を集団で殺害

Category: 反日  

「チマチョゴリ着た在日の女子高生を集団で殺害。その復讐で日本人皆殺しへ」…問題の映画、国際映画祭に


北朝鮮の女子高生を集団で殺害したことへの復讐劇…日本人を皆殺しにする?あまりの問題作に上映不可能?

・女優・韓英恵主演『アジアの純真』(片嶋一貴監督)が第40回ロッテルダム国際映画祭 スペクトラム部門で上映され、韓と脚本家の井上淳一が現地入りした。同作品は2年前に製作されたのだが過激な内容から映画館側が躊躇(ちゅうちょ)し、いまだ公開が決まっていない問題作だ。現地でも観客に衝撃と戸惑いを与えた。 同作品は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の拉致被害者5名が帰国した2002年が舞台。
北朝鮮バッシングが渦巻く中、チマチョゴリを着た女子高生が不良に絡まれて、白昼に大勢の目の前で殺害される事件が起きる。その死亡した少女の双子の姉妹と、少女が絡まれているところを目撃していながら助けられず自責の念に駆られた少年が仕掛ける復讐劇だ。2人は、旧日本軍の製造したマスタードガスを盗み出しての無差別テロ
を繰り返しては逃亡生活を送る。やり場の ない怒りと悲しみを世間にぶつける少女役の韓の熱演もあって、そこまで彼女を追い詰めてしまったわれわれ日本人はこの物語をどう受け止めるべきか? を深く考えさせられる内容だ。
片嶋監督と井上は共に若松孝二監督のもとで育ち、アナーキズム精神を叩き込まれてきた。
その若松監督に本作を見せたところ「お前らも相変わらずバカなことをやるな」と言われたという。
上映後の質疑応答でもオランダの観客から「政治的なメッセージをダイレクトに表現するのではなく、婉曲に伝える方法もあったのでは?」という意見も出た。

しかし井上は「この映画は2003年に書いた僕の脚本が先にありました。当時は、9・11が米国のアフガニスタン戦略に繋がり、日本では拉致問題が過剰 な北朝鮮バッシングとなり、そして米国のイラク戦が始まりと、世の中に対して腹が立って仕方がなかった。この怒りをどう表現すべきか?
とこの脚本を書いた。日本では、ここまで政治的な話は嫌われるが、それを旧友の片嶋監督が『面白い』と言って映像化してくれた」と製作の経緯を説明した。




一方、少女を演じた韓は韓国人と日本人のハーフで、小学6年生だった2002年当時、主人公同様に誹謗中傷を受けた経験があるという。韓と言えば鈴木清順監督『ピストルオペラ』や是枝裕和監督『誰も知らない』など名だたる監督の作品で鍛え上げられてきた個性派女優だが、その彼女をもってしても「ここまで自分の経験を役に投影したことはなかった」と語るほど少女の気持ちに寄り添いながら演じたという。現在、日本大学国際関係学部国際交流学科2回生でもある韓は「日本ではいま韓流ブームが続いているけど、だからこうした映画をきっかけに歴史や政治的な事を話し合い、さらなるコミュニケーションをとるのが大事だと思います。そうすれば、両国の関係においてもうひとつ 先のドアを開けることが出来るのでは? と思います」と語った。
井上も「今の日本の映画界もテレビ界も、こうした政治的な内容を直接やろうとすると全く企画が通らない。ならばあえてやってやろうと、現状に一石を投じるつもりで本作を作った。『ROOKIES (ルーキーズ)』や『SPACE BATTLESHIP ヤマト』などの大作がある一方で、鬼っ子としてこういう映画が存在してもいいのでは?」と訴えた。今回のロッテルダムの評価が日本公開を後押しするのか、今後の展開に注目したい。(以上)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110203-00000002-flix-movi




酷い映画なのもさることながら、酷い記事だな


「そこまで彼女を追い詰めて
しまったわれわれ日本人はこの物語をどう受け止めるべきか? 

を深く考えさせられる内容だ。」


・・・ってなんだよ
作り話を現実みたいに語るな
まったくキムチ悪い


憎しみを煽って、何が現状に一石だ
おまえのやっていることは愉快犯と同じ犯罪行為だ


朝鮮人は、起きてもいないことを、事実のように言いだすからな。
これもそのうち「史実」にでもなるんだろ。



実際にチマチョゴリ切り裂き事件を捏造してるだろ
その事件が捏造であるとゲロった朝鮮人記者が
数日後、遺体になって発見されてるわけだが



日本人に対するヘイトクライムじゃないいの、これ?
数年前にソウルで日本人学校の幼稚園児が、
斧で頭かち割れる事件があった事を知らないんだろうか・・・
その犯人がインタビューで、「だって日本人でしょ?」って答えてた




ヨーコの日記は
なぜ映画化しない?


井上淳一 (シナリオ作家)
早稲田大学卒。大学入学と同時に、若松孝二監督に師事し、
若松プロ作品に助監督として参加。
90年、「パンツの穴・ムケそでムケないイチゴたち」で
監督デビューするも、監督としての才能のなさに絶望し、
脚本家・荒井晴彦氏に師事。


井上さん

こんな題材はいかがかな?

  ↓


ダニチョンレ○プ事件鬼畜度ランキング
1位 「聖神中央教会連続少女強姦事件」 金保
2位 「摂理連続強姦事件」 鄭明析
3位 「国際福音キリスト教会事件」 卞在昌
4位 「ルーシーブラックマン事件」 織原城二(金聖鐘)
5位 「洋服商殺人事件(日本のチェスマン事件)」 孫斗八
6位 「フジテレビ社員成りすまし連続少女強姦事件」 李昇一
7位 「浜松連続強姦事件」 李正遠
8位 「大阪市女性2人キャリーバッグ拉致強姦事件」 金平和
9位 「新宿尾行強姦事件」李桐昊
10位 「目白一人暮らし女性連続強姦事件」 宋治悦

選外 「愛媛マンダリンレイパーツ事件」 文相勲







朝鮮進駐軍を名乗り虐殺略奪の限りを尽くした奴等が
今は民族差別の被害者と主張し選挙権まで要求している



『日本の当局と交渉するにあたっては、
何かにつけて“民族差別” だの “過去の歴史”を持ち出してことさら猛々しく振る舞い、
理不尽な要求でも飲ませようとする。
そうすると、敗戦によって贖罪意識を植えつけられている日本人は決まっておとなしくなってしまうのだ。
この方法は、たいていうまくいった。』

↑わが朝鮮総連の罪と罰(文藝春秋社刊)より抜粋











いつまでも日本人を騙せると……

騙せちゃうんだなこれが ~www


関連記事
スポンサーサイト



密約を批判していたあの党の密約疑惑が発覚!?

Category: ブログ  

密約を批判していたあの党の密約疑惑が発覚!?

09年末に辺野古移設容認 鳩山氏が伝達と米公電
(東京新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相(当時)が2009年末、コペンハーゲンでクリントン米国務長官と会談した際、新たな移設先が見つからなければ、06年に米国と合意した同県名護市辺野古への移設案に立ち戻る意向を伝えていたとされることが、内部告発サイト「ウィキリークス」が5日までに公表した米公電で明らかになった

 在京米大使館から米国務省などに宛てた09年12月の機密公電によると、藪中三十二外務事務次官(当時)は同21日、ルース駐日米大使と昼食を共にした際、鳩山氏がクリントン氏に対し、新たな移設先が見つからなければ「日本政府は06年の日米合意に立ち戻る」と確認したと伝えていた。(途中略)



       ノ´⌒ヽ,,
    γ⌒´      ヽ,
   // ""⌒⌒\  )   
    i /   ⌒  ⌒ ヽ )   
    !゙   (・ )` ´( ・) i/
    |     (__人_)  |   まさか自分にブーメランが返ってくるとは・・・
   \    `ー'  /     



関連記事

麻生政権の半年

Category: 政治  

麻生政権の半年(一部)


2008.09.29 所信表明演説
2008.10.03 「竹島は固有の領土」とする答弁書を閣議決定
2008.10.10 北朝鮮経済制裁の半年延長を閣議決定
2008.10.12 G7行動計画を支持、日本は外準活用の支援表明=IMFC  ★重要★
2008.10.16 一次補正予算成立  ⇒ ※詳細はこちら  ★重要★
2008.10.27 日印安保共同宣言に署名。インドと安保、経済、環境、エネルギーなど幅広い分野で戦略的協調  ★重要★
2008.10.31 大陸棚拡張を国連に申請決定。日本国土の倍が新たな海底資源の採掘領域へ  ★重要★
2008.11.14 IMF専務理事が、麻生総理のIMFに対する資金提供・リーダーシップ・多国間協調主義を評価 ( 英語版 )
2008.11.27 税理士法違反で朝鮮総連傘下団体元幹部を逮捕 朝鮮総連傘下団体の捜査中に公妨容疑で逮捕
2008.12.03 国連で日本が提出した「核兵器の全面的廃絶に向けた新たな決意」が圧倒的賛成多数で採択
2008.12.09 外務省HPの「竹島は日本の領土」という宣伝資料を10カ国に拡大
2008.12.16 「道徳・情操教育を拡充」「教科書ページ倍増」教育再生懇 第2次報告案  ★重要★
2008.12.17 交付税増額分で雇用を創出するよう、地方6団体に要請
2008.12.17 公益法人から1076億円を国庫に返納させることを決定  ★重要★
2008.12.18 障害福祉サービスへの報酬を2009年4月から平均5.1%引き上げ
2008.12.19 教育再生懇を再開。「理念」より「質」の点から公立学校を学力アップさせ、新たな内需喚起狙う  ★重要★
2008.12.19 改正国家公務員退職手当法が成立。在職中の不祥事発覚で退職金の強制返納が可能に  ★重要★
2008.12.24 省庁の娯楽費廃止 行政コスト557億円カット  ★重要★

2008.12.26 社保庁のヤミ専従問題で現役・OB計40人を刑事告発  ★重要★
2008.12.27 「非正規」支援へ雇用促進住宅3万戸供給
2008.12.28 農業法人への出資制限を1社当たり10%以下から25%以下に緩和し、企業の参入促す方針
2009.01.04 厚労省、派遣村のために旧学校施設を宿泊用に開放 (ただし、派遣村は麻生叩きの道具⇒派遣村の正体)
2009.01.04 中国のガス田「樫」単独開発に対し、「合意違反」と抗議 河村官房長官と中曽根外相が強く非難
2009.01.06 グリーン・ニューディール構想。環境投資で今後5年で市場規模70兆円→100兆円、新規雇用80万人
2009.01.06 日本初の海底資源(石油や希少金属等)の詳細な開発計画策定
2009.01.09 中国軍近代化で自衛隊配備見直しのため、防衛大綱改定に着手
2009.01.11 住宅確保など、派遣先企業の責任を明確化
2009.01.15 不正経理防止法案提出へ。公務員の裏金づくりに懲役3年  ★重要★
2009.01.27 二次補正予算成立 給付金の年度内完全実施は困難  ★重要★
2009.01.28 「当面は景気対策」その先に「消費税増税」…麻生首相の施政方針演説  ★重要★
2009.01.29 公務員OBの「渡り」認めず=麻生首相  ★重要★
2009.02.04 尖閣諸島周辺にヘリ搭載巡視船を常置 海保、領海侵入監視を強化
2009.02.14 IMF拠出で署名=過去最大の1000億ドル-中川財務相
2009.03.04 平成20年度・第2次補正予算関連法成立
2009.03.06 ニート引きこもりの支援法案を閣議決定
2009.03.27 北ミサイル「破壊命令」 安保会議経て防衛相が発令
2009.03.30 ソマリア沖海賊対策で海自護衛艦が警護を開始
2009.03.31 官僚の「渡り」を年内に廃止 天下りで政令を閣議決定




今日ボクが見た風景





鳩山、菅政権の半年・・・ えー・・・っと・・・   ・・






関連記事

暗号名「ジェロニモ」は不快! 先住民、大統領に謝罪要求

Category: ブログ  

暗号名「ジェロニモ」は不快! 先住民、大統領に謝罪要求
2011.5.5

米オクラホマ州の先住民族(インディアン)は3日、米海軍が国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラーディン容疑者を殺害する際、同容疑者の暗号名に先住民族の指導者ジェロニモの名前を使ったのは不快などとして、オバマ大統領に公式謝罪を求める書簡を送った。

 同州を本拠地とするフォートシル・アパッチ族の会長名で出された書簡は、殺害の発表に当初は米国民として「歓喜した」としつつも、ジェロニモの名前が使われたと知って「苦痛で不快」の念を抱いたと表明。

 「史実の誤解によるものと確信する」とし、大統領に謝罪と是正を求めた。

 AP通信によると、ホワイトハウスから書簡を回された国防総省は先住民族を侮辱する意図はなかったと釈明した。(共同)




今日ボクが見た風景



ジェロニモ(Geronimo、本名:Goyathlay、1829年6月16日- 1909年2月17日)はアメリカインディアン、アパッチ族のシャーマン、対白人抵抗戦である「アパッチ戦争」に身を投じた戦士。なお、部族の酋長と誤解されている例も多いが、酋長ではない。

メキシコ軍に家族が虐殺されたのを機に、アパッチ族の戦士たちとともに対白人のゲリラ戦に従事した。ちなみに戦士集団だったアパッチ族には「酋長に戦士が服従する」という義務も風習もない。戦士は結束はしてもすべて個人行動で動くものであって、戦士たちはジェロニモ個人を慕って抵抗戦をともにしたのである。


ネドニ・アパッチ族のベドンコヘ・バンドの酋長を祖父に持つ。祖父はネドニ族から離れ、ミンブレス・アパッチ族の女と結婚したため、ジェロニモはネドニ族の酋長相続権を失った。

インディアン社会のチーフ(酋長)とは、交渉の矢面に立つ「調停者」のことであって、「指導者」や「首長」ではない。合議制社会であるインディアン部族は首長制ではなく、アフリカの部族に見られるような「部族長」は存在しない。

マンガス・コロラダス酋長の属する「ミンブレス・アパッチ族」で、ジェロニモは山岳戦士としての訓練を積んだ。不眠に耐える訓練、水を口に含んだまま、これを一度も吐き出さずに往復6キロを超える山岳地帯を走る訓練、弓矢や投石機の扱いの習得などを経て、メキシコに遠征しては部族の生業である略奪に励んだ。アパッチ族にとって、策略は勇気に勝るとされ、夜陰に乗じて牧場から牛や馬を攫うという手法は部族の美徳とされていた。

1848年、17歳でジェロニモはアロペと結婚する。のちに彼女との間に3人(4人ともされる)の子供を授かる。

1858年、チワワ州が略奪部族ミンブレス・アパッチ族に対して「和平協定」を申し出た。その内容は「年4回、軍駐屯地において、毛布、布地、トウモロコシの粉、メスカル(アパッチ族の大好物である)を支給する」というものであった。

これに先駆けてメキシコは1837年から、アパッチ族の頭の皮一枚に対し、男で100ペソ、女なら50ペソ、子供なら25ペソの賞金を懸けていた。このため、アパッチ族はこの申し出を疑ったが、マンガス・コロラダスたちは合議の結果、一隊の派遣を決め、運搬手伝いに女子供も同行することとなった。ジェロニモは妻のアロペ、老母、幼い子供たちの家族総出でこれに加わった。しかしメキシコ側では、ソノラの軍政長官ホセ・マリア・カラスコ将軍がこれを好機とアパッチの皆殺しを図っていた。

メキシコ北部のヤーノス村に到着したジェロニモらは、用心深く郊外に野営し、町へ向かったが、そこで大歓待を受けた。すっかり油断した彼らを、カラスコの軍が襲ったのは三日後だった。カラスコは野営を完全包囲した後、これを皆殺しにした。カラスコはのちに、「わが軍は130人のインディアンを殺し、婦女子90人を捕虜にした。チワワ州のメディナ大佐はこれに怒って政府に告訴したが、しばらく待たされた後、この軍事行動は是認された」と語っている。

こうして家族すべてをメキシコ人に殺されたジェロニモは、遺品をすべて野辺送りにして焼いた。温厚だった彼の性格は暗く怒りっぽく変わり、メキシコ人への終生の復讐を誓う獰猛な戦士と変貌した。マンガス・コロラダスたちが復讐戦を決定すると、ジェロニモはアパッチの各支族から戦士を募る役目を引き受け、彼はチリカワ・アパッチ族のコチーズ酋長の元を訪ねた。このとき、チリカワ族に対して以下のように演説を行ったと、のちにジェロニモは述べている。

「同胞諸君、メキシコ人の不当な行為に関しては既にお聞き及びのことと思う。我々もメキシコ人も同じ人間のはずだ。だから今度は、彼らがしたことを我々がやり返してもいいはずだ。さあ行こう、奴らの住処を襲うのだ。来てもらえるだろうか? よろしい、さあ、どうかみんな参加してもらいたい」

ジェロニモは次にシェラマドレ山脈の、かつての母族ネドニ・アパッチ族のジュー酋長を訪ね、メキシコ襲撃の賛同を得た。アパッチ連合軍は、まずソノラ州の富裕な町アリズペを標的と決めた。襲撃は「ヤーノスの虐殺」の翌年に行われた。

アパッチ族は白旗を持って出迎えた騎兵8人を殺し、メキシコがアパッチにかけた懸賞のお返しに、彼らの頭の皮を剥いだ。こうしてのちのち長きに渡るアパッチとメキシコの戦争が、このとき始まった。ジェロニモは銃弾の雨の中をものともせずにナイフを片手に戦場で暴れ狂い、その様を見て畏敬に駆られた一人のメキシコ人が、守護聖人の「ジェロニモ!」の名を叫んだ。これに呼応して、人々が口々に「ジェロニモ!」と叫んだ。こうして、この日このときを境に、彼の名は「ジェロニモ」となった。

この戦の後、ジェロニモはチリカワ・アパッチ族の女を妻に迎え、コチーズ酋長の計らいで、チリカワの戦士となった。その妻は生涯のうちでチーハシュキシュ、ナナサスティス、ジヤー、シェガ、シュツハシェ、イーテッダ、タアイズスラス、アズールと数人におよび、それぞれに子供をもうけている。


メキシコと合衆国双方は、アパッチの略奪に頭を悩ませ、何度も遠征をおこない掃討戦を試みた。しかし山岳ゲリラとも言うべき彼らの戦いは変幻自在で西部大平原のスー族と並んで、アパッチ族は最後までアメリカ合衆国に抵抗したインディアン民族となった。数々の戦いの中に、ジェロニモの姿があった。彼は雄弁に白人への抵抗を呼びかけ、白人と戦い続けた。ジェロニモの抵抗戦は、情報操作されて東部白人社会に大げさに伝えられた。数人殺された白人の数は、数十人、数百人となって報じられたのである。

1886年に投降して以後、ジェロニモは生涯米軍の虜囚として扱われた。生まれ故郷のメキシコ国境へ帰りたいというジェロニモの願いは叶えられず、オクラホマのシル砦でその一生を閉じた。ジェロニモの墓はシル砦にあり、インディアンたちによる墓前の供物は絶えることがない。




関連記事

一見カラダに悪そうだが、実は健康によい11のこと

Category: ブログ  
1:ヘビーな音楽を聴く

英マサチューセッツ大学の研究チームによると、ヘビーメタルやハードロックなど、賑やかな音楽を聴くと、小嚢と呼ばれる内耳を刺激し、これが脳に心地よさを与え、気分がよくなるらしい。ちなみに、小嚢が刺激されるのは、90デシベル以上の音楽。

2:怒る

「怒ると血圧が上がる」と言われているが、米カーネギーメロン大学の研究結果によると、怒る人はそうでない人よりも血圧が低いという傾向がみられたそう。

3:ゲームをする

「ゲームのしすぎは肥満のもと」と批判されがちだが、米マイアミ大学の研究によると、ゲーム中は、心拍数があがり、エネルギー消費が増えるとのこと。寝転がってぼーっとテレビを観ているくらいなら、ゲームをするほうが健康にはよいとか。

4:罵倒する

Keele大学の研究者によると、口汚い言葉で罵る人のほうがそうでない人よりも、痛みが緩和されたそう。罵倒するとアドレナリンが刺激され、痛みが和らぐという効果があるようだ。

5:ダラダラする

「早寝早起きが健康の基本」とも言われているが、ダラダラすることが長生きの秘訣という見方もある。この説によると「自由な時間の半分は浪費するぐらいでちょうどよい」のだとか。

6:適度なストレスを与える

米バファロー大学の研究によると、短期的なストレスは学習能力と記憶力をアップさせる。ストレスによりコルチゾールというホルモンが分泌され、学習と感情をつかさどる脳の部分に影響を与えるのだそう。

7:家事をしない

英ブリストル大学とブルーネル大学の共同研究によると、妊娠時に家庭用洗剤を頻繁に使う女性は、子供が喘息になるリスクが高まるという。

8:炭酸飲料を飲む

1日に炭酸飲料を2缶飲むと、アルツハイマーの防止になり、記憶力が20%アップするという研究結果がある。(ただし、虫歯や肥満の原因になる可能性はあり)

9:せっかちになる

ある研究によると、せっかちな人は痩せている人が多いらしい。ちょっとした動きでカロリー消費が増えるそうです。

10:だらしない

英キングストン大学の研究によると、喘息を引き起こすハウスダストはベッドメイクされていない寝室では生き残らないそう。

11:ギャンブルをやる

65歳以上を対象とした米エール大学の研究結果によると、週1回程度ギャンブルをする人はそうでない人よりも精神的に健康であることが明らかになったとのこと。


ウソか誠か、さらに真偽のほどを確かめたいものもありますが、結局は、緩急やメリハリをつけることが心身の健康につながるということのようですね。


関連記事

食肉の生食、法規制で罰則適用へ 厚労省

Category: 在日・パチンコ  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110086000/d8f7720ae26686d2f738d75753d81040_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

食肉の生食、法規制で罰則適用へ 厚労省、全国飲食店の緊急調査要請
2011.5.5

焼き肉チェーン「焼肉酒家(ざかや)えびす」で発生した集団食中毒で、厚生労働省は5日、現在は通知による行政指導にとどまっている生食用食肉の衛生基準について、食品衛生法に基づく新たな基準を設ける方向で検討を始めた。違反した場合は罰則が適用される見込み。あわせて各都道府県に対し、生食の食肉を取り扱う飲食店などを対象に緊急調査を行うよう通知した。

 生食用食肉について、厚労省は平成10年に「生食用食肉の衛生基準」を全国に通知。(1)肉から糞(ふん)便系大腸菌群やサルモネラ属菌が検出されてはならない(2)加工の際は衛生管理が徹底された施設で肉の表面を削り取る「トリミング」を実施する-などの内容で、違反自体に罰則はなかった。

 厚労省によると、平成8~20年の腸管出血性大腸菌による食中毒の死亡者は計22人だが、食肉が原因の死亡者はいなかった。今回の集団食中毒では、これまで有症者が75人に上り、うち4人が死亡している事態を問題視。衛生基準に適合しないまま、生食用として食肉が提供された場合の法規制が必要と判断した。

 今後、食品安全委員会などに諮問する方針で、厚労省は「できるだけ速やかに対応したい」としている。食品衛生法に基づく基準に違反すると、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金が科せられる。

 一方、緊急調査は7日から今月末までに実施する予定で、飲食店や食肉処理・販売業者のうち、生食用として食肉を扱っている施設を対象とする。厚労省は「現在の衛生基準に基づき適切に処理が行われていれば、飲食店での牛肉の生食を禁じるものではない」としている。






関連記事

伊奈忠順が示した被災地復興の“近道”

Category: ブログ  

伊奈忠順が示した被災地復興の“近道”


自然の力の脅威を見せつけられた東日本大震災。日本では過去にも大きな地震に見舞われ、そのたびに復興を遂げてきた。江戸時代に起きた富士山の噴火では、被害の大きさに地元の藩主が復旧を“放棄”。そんな中、幕府から復興の最高責任者として派遣されたのが関東郡代の伊奈忠順(ただのぶ)だ。被災者の底力を信じ、政治に翻弄されながらも被災地の復興に取り組んだ彼の功績を追う。(渡部圭介)


揺れ続けた日本


 江戸時代の元禄年間(1688~1703)は井原西鶴、松尾芭蕉が活躍し、「元禄文化」が花開いた時代だ。

 時の将軍・徳川綱吉は東大寺大仏殿をはじめとする寺社造営への出費は惜しまず、幕府財政は圧迫する。これを何とかしようとした経済政策が次々と失敗。そこに自然災害が追い打ちをかけ、元禄文化は終止符を打つことになる。

 元禄15年は冷夏で大凶作となり、東北地方に多くの餓死者を出した。翌年には関東地方で大地震が発生。多くの建物が倒壊したほか、津波の被害も大きく、九十九里浜では海岸から5キロ内陸まで波が達したとされ、多くの人命が失われた。

 相次ぐ自然災害に、幕府と朝廷は1704年、元号を元禄から宝永に改める。それでも自然の怒りは鎮まらず、宝永元年には全国で大洪水が発生。宝永4年には東海、南海、東南海連動型地震とされている日本史上最大級の地震となった宝永地震が列島を襲った。

 地震とともに大津波も発生し、死者は2万人を超え6万戸の家屋が倒壊。2万戸が津波で流出するという大惨事だった。




見放された民


 天災は続く。宝永地震からわずか49日後、富士山が噴火する。その様子を地元住民は「火のあめふり、大きなる石ふりくだけてみれず、(山は)すみをおこしたごとくなり候」(印野村甚助『富士山之やけた覚』)と書き記した。

 新井白石が著書『折たく柴の記』に「富士山に火出て焼ぬるによれりといふ事は聞えたりき。これよりのち、黒灰下る事やまず」と記したように、困らせたのは多大な量の降灰。山麓の東側は3尺(約1メートル)の砂に埋まったとされる。

 年末には噴火が沈静化したものの、甚大な被害が出た被災地を多く抱えたのが小田原藩(神奈川県)だ。厄介なことに小田原藩は当時借金まみれの“金欠”状態。窮状を訴える住民に米2万俵を出すのが精いっぱいだったという。被災者が1~2カ月、生きていけるほどの量に過ぎなかった。

 放っておけば一揆を誘発させかねない。小田原藩は自力復興を断念。幕府に土地を“返上”し、復興を丸投げする。




翻弄される指揮官


 幕府は復興の現場指揮者に関東郡代の伊奈半左右衛門忠順を指名する。伊奈家は治水工事や河川改修で数々の功績を上げた土木工事のプロ。忠順自身は宝永地震の復興にも携わった経験の持ち主だ。

 忠順は酒匂(さかわ)村(現小田原市)に郡代役所を開設、復興の現地拠点とした。詳細な被災調査で復旧や被災者の生活支援にかかる費用を見積もり幕府に報告書を提出するものの、幕府には財源がない。


そこで幕府は全国の諸大名に「国役金(くにやくきん)」を課す。領土の石高に応じ、100石につき2両の上納を命じるもので、集まった“義援金”は48万両。忠順はこれを財源に復興に着手する。

 忠順は住民たちの底力を信じた。田畑の火山灰は自分たちで取り除くよう指示。一方で自宅の広さや倒壊程度に応じた義援金の分配や食料の配布も行う。

 復興意欲を抱かせようと、火山灰を除去した住民には“賃金”を払い、生活支援も行った。それでも住民たちの不満は消えず忠順は可能な限り要求に応えようとするのだが、なぜか金が足りない。

 どうも、幕府の上層部に義援金に手をつけた人々がいるようだ。『折たく柴の記』によれば、48万両のうち、復興や被災地支援にあてられたのは半分にも満たない16万両。残りは流用されたという。忠順は私財をなげうって資金を工面したとも伝えられている。

 資金不足で復興も思うように進まない中、忠順は河川に積もった火山灰をめぐって悪役の汚名を着せられた。宝永5年の大雨で被災地を流れる川の堤防が決壊したとき、下流域では大きな被害が出た。忠順の指示を受けた上流域の住民たちが火山灰を川に捨てているという噂が広まった。


忠順の死の謎


 堤防の決壊をめぐり、忠順は責任を取らされ切腹したとする伝承がある。しかし、これを裏付ける記録はなく忠順を描いた小説『怒る富士』で著者の新田次郎氏は「全くのでたらめ」と指摘している。


被災地が復興して再び小田原藩に領土が戻されるのは、忠順がこの世を去った正徳2(1712)年から35年もかかっている。不思議なことに、この間の記録をひもとくと忠順の死後から復興の動きが速まり、しかも住民たちは自力で成し遂げた。無理な要求も止まる。彼の死を機に政治が動き、民が動いたことだけは間違いがないようだ。

 一体、彼の死で何が起きたのか。新田次郎氏は地元の古老の話として、こんな逸話を書き残している。  「幕府の要職たちは伊奈半左右衛門様が切腹したことによって心を改め、その後お扶持米を下されるようになった。被災地の農民たちは、伊奈さまの死をいたんで、しばらくはなにも言わず砂除けに精出そうと申し合わせたそうだ」

 富士山麓には、忠順をまつった小さなほこらが相次いで建てられた。幕府の目を盗み、参拝はこっそり行われたという。忠順の死には何かいわくがありそうだが、噂のたぐいは残るものの真相を語る史料はない。

 こんな話もある。住民の窮状を見るに見かねた忠順は、禁を破って勝手に代官屋敷の米蔵を開けて住民に分け与え、その罪を問われて指揮官の職を解かれ、切腹したという逸話だ。記録上は証拠がなく、これもまた「でたらめ」だ。

 忠順自身が被災者に迷惑をかけないよう、あるいは住民たちがその気持ちをくみ、一切の記録を残さなかったのかもしれない-新田次郎氏はそう推理する。

 忠順が誰よりも被災地のことを思い、被災者に寄り添い続けたことは間違いない。その思いに応えて動いた住民がいて、住民たちを見捨てなかった政府があった。忠順は死をもって、被災地復興の“近道”を示したのかもしれない。


関連記事

韓国人の父親に捨てられる混血児

Category: 韓国・朝鮮  
フィリピンで韓国人の父親に捨てられる混血児が増えている?
2011.3.5

フィリピンで韓国人の父親に捨てられる混血児が増えている?

 【解説】最近、フィリピン女性と韓国人男性との間に生まれる混血児が急増しており、その数は1万人を超えるとされています。

 こうした子供たちは「コピノ(kopino/kophino)」と呼ばれています。「コピノ」は、韓国人(Korean)とフィリピン人(Philippino)の合成語です。コピノの多くは、父親が韓国人であること以外は、顔も、名前も知りません。

 コピノの父親となった韓国人男性たちは、ゴルフ旅行や語学留学などでフィリピンを訪れた際、現地のフィリピン女性と親しくなり、妊娠させてしまったケースが多いようです。

 韓国では、費用が安いということでフィリピンで語学研修を受けることが数年前からブームで、フィリピンには韓国系の語学学校もあります。

 韓国人男性たちが、生まれた子供を認知するなり、フィリピン女性と結婚するなりして、責任を取れば問題はないのですが、多くの韓国人男性は、自分の子供を妊娠・出産した女性を置き去りにして、そのまま韓国に帰国しているケースが多いようです。


韓国人男性がフィリピン女性と付き合っているときに本名を名乗っていない場合もあるようで、韓国内で父親を捜し出すことは困難を極めます。中には、付き合っているフィリピン女性の妊娠に気付かず帰国してしまった韓国人男性もいるようです。

 こうしたコピノの父親となった韓国人男性たちは、帰国して韓国で幸せな結婚生活を送っていたら、ある日突然フィリピンから「息子」「娘」を名乗る見知らぬ子供が訪ねてくる可能性もあります。家庭不和の原因にもなるでしょう。妻から離婚を突きつけられるかもしれません。社会的な信頼を失墜することもあるでしょう。自分が犯した過ちのツケを、将来自らが負うことになります。

 韓国メディアの報道によると、相手の女性たちは風俗店などで働く女性だけでなく、英語を習得するために韓国人男性たちが付き合い出した語学学校の女性講師や女子大学生なども含まれるということです。コピノの多くが貧しい母子家庭で育ち、満足な教育を受けられない環境にあるようです。

 コピノを大量に生み出している背景には、韓国人男性側の無責任さだけでなく、カトリック教徒の多いフィリピンでは避妊や中絶を罪悪視されていることもあるようです。韓国メディアによると、男性側が避妊や中絶をフィリピン女性に求めても耳を貸さないことが多いそうです。望まない妊娠を予防しようとしても、これでは男性側もお手上げです。フィリピン女性に対する避妊教育も必要かもしれません。


韓国で数年前から、コピノを生み出す韓国人男性が問題になっており、コピノの父親たちに対しては、同じ韓国人から「韓国のイメージを損ねており許せない」「恥ずかしく胸が痛い」と批判の目が向けられています。

 一方、フィリピンでは嫌韓感情が高まっているようで、韓国メディアの取材に「人の気持ちさえカネで買うことができると考えている韓国人こそ野蛮人」と厳しい口調で非難しています。

 ついに事態を問題視した韓国人たちが、コピノの支援に乗り出しました。こうした韓国人の父親に捨てられたコピノのたちを支援する財団が設立されることになり、今月9日、フィリピン・セブ島でコピノ支援財団の創立式に金泳三元大統領が夫人とともに出席する予定です。財団設立には、フィリピンに進出する韓国の10余りの企業が参加しているそうです。

 このコピノ問題は、日本にとって人ごとではありません。日本人男性とフィリピン女性との間に生まれ混血児も結構いて、こうした子供たちは「ジャピーノ」と呼ばれています。ジャピーノたちも父親からきちんと養育されていないケースが多いようです。

 フィリピン女性との間に子供が生まれると、男性が突然蒸発したり、連絡を絶ったり、無責任極まりないのは日本人男性も韓国人男性も似たり寄ったりです。(外信部 水沼啓子)


関連記事

北朝鮮の核施設放射能汚染が深刻

Category: ブログ  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110086000/d6475151be3306a9d2bf0a1a3cf32305_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

北朝鮮の核施設のほうが放射能汚染が深刻?科学者の皮膚はむけ…
2011.5.5

【今回のなぜ?】北朝鮮の核施設のほうが福島第1原子力発電所よりも放射能汚染が深刻?

 【解説】北朝鮮には首都、平壌から約90キロ北上した寧辺(読み方は韓国ではヨンビョン、北朝鮮ではニョンビョン)に核開発疑惑でたびたび国際社会から非難されている核施設があります。

 北朝鮮がソ連(当時)の協力の下、核開発をスタートさせたのは1950年代とみられます。寧辺には60年代から核施設が建設され始め、80年代に核開発を本格化させました。

 寧辺には研究用原子炉、5メガワットの原子炉のほか、使用済み核燃料棒から核兵器の原料となるプルトニウムを抽出するための再処理施設など、核開発に必要な施設がほぼそろっています。

 大量破壊兵器といった軍事情報などを提供している米国のシンクタンク「グローバル・セキュリティー」によると、寧辺の核施設では約2000人のスタッフが働いているとされます。韓国紙はさらに多くの従事者を推定し、約200人の科学者を含む約3000人と報じています。

 韓国紙、朝鮮日報の電子版(4月19日)で紹介された韓国に渡った脱北女性の自叙伝には、寧辺の核施設の恐ろしい放射能汚染の実態が載せられています。この女性の夫は80年代から寧辺の核施設で働いたそうです。女性は著書の中で、夫について「皮膚はむけて白い生肌がむき出しになり、歯が抜け40代で入れ歯をしていた。肝硬変も悪化した」と証言しています。

朝鮮日報によると、「寧辺の放射能汚染は驚くべきレベルだろう」(韓国政府当局者)「放射能で皮膚がむけるほどなら、年間50ミリシーベルト以上の放射線を浴びていたはずだ」(韓国・漢陽大原子力工学科教授)ということです。さらにこの教授は、使用済み核燃料棒の冷却水や再処理を終えた核燃料棒など高濃度の放射性廃棄物に、防護装備を十分にしないで危険な状態で触れていた可能性があると指摘しています。また寧辺の科学者たちは脱毛や吐き気、めまいを訴えるケースが多く、北朝鮮の高官たちは、海外の要人たちを寧辺の核施設に案内する任務を最も敬遠するそうです。

 韓国の統一省が、金正日総書記の現地視察に関する北朝鮮の公的メディアの報道を分析したところ、2000年6月以降、金総書記は寧辺地域に一度も足を踏み入れていないということです。金総書記が放射能汚染を恐れて寧辺に近づかないということは十分に考えられます。

 福島第1原発の事故でも、放射能汚染は大きな問題になっています。東電は、復旧に当たる作業員の被ばく放射線量を随時計測しながら、健康被害が出ないよう細心の注意を払っています。東電が4月23日に行った記者会見では「被ばく放射線量が100ミリシーベルトを超えた作業員が30人になった」と悲痛な叫びにも近い報告をしました。

 日本の場合は、原発の作業員に認められる放射線量の限度は、もともと年間100ミリシーベルトでした。今回の事故に限り、250ミリシーベルトまで引き上げられましたが、さらに上限を引き上げることが検討されています。国際基準では、緊急作業の場合は、年間500ミリシーベルトまで認められています。ちなみに防護服など被ばくを防ぐものを身につけていない一般の人の年間許容放射線量は1ミリシーベルトです。

一方、北朝鮮の核施設ではこうした安全基準はどうなっているのでしょうか?北朝鮮は74年に、原子力のお目付け役である国際原子力機関(IAEA)に加盟しました。IAEAは、原子力を勝手に核兵器などに軍事転用していないかを監視し、原発が安全に稼働できるようサポートしている国際機関です。米国など核保有国を除く加盟国は、原子力が安全で平和裏に利用されていることを証明するためIAEAの査察を受けなければいけません。

 北朝鮮は核開発疑惑で国際社会から孤立した94年、IAEAから脱退しました。その後、北朝鮮の核をめぐる6カ国協議の合意に基づき、IAEA要員が2007年7月から寧辺に滞在し、核施設を監視していました。しかし北朝鮮は09年4月に再び対北制裁を強める国際社会に反発し、寧辺からIAEAの要員を追い出し、核兵器を開発できないように取り付けていた核施設の封印を解除し、モニター・カメラの向きも変え、IAEAが監視できないようにしてしまいました。

 ですから、現在、寧辺の核施設は北朝鮮独自の安全基準で稼働されており、しかもIAEAをはじめ外部の人間が施設に近づくことは極めて困難ですので、放射能汚染がどのくらい深刻なのかを実際に把握することはできない状態です。北朝鮮の放射能汚染の影響を大きく受ける可能性がある隣国、韓国では北の核施設に対する脅威論が高まっています。(外信部 水沼啓子)


関連記事

韓国のサッカー選手がサルの物まね

Category: 韓国・朝鮮  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110070000/09c1914f096110fdfc4f71f361652057_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

韓国のサッカー選手がサルの物まねで日本人を侮辱した理由は?
2011.2.12

【今回のなぜ?】韓国のサッカー選手がサルの物まねで日本人を侮辱した理由は?

 【解説】1月25日に実施されたアジア杯準決勝の日韓戦で韓国代表の奇誠庸(キ・ソンヨン)選手が先制のゴールを決めた際、カメラに向かって、鼻の下を伸ばして左手で顔をポリポリかくサルの物まねをして物議を醸しました。「日本人を侮辱した人種差別的な行動だ」という批判が出て、国際サッカー連盟(FIFA)の懲罰を受けるかもしれないという事態にまでなりました。

 韓国紙「中央日報」(電子版)によると、奇選手は試合翌日、インターネットのミニブログ「ツイッター」で、観客席の旭日旗を見て「私の胸中で涙が流れた」「私は選手である前に大韓民国の国民」と訴えました。

 韓国の選手が、なぜ旭日旗にこんなに敏感に反応し、怒りをあらわにしたのでしょうか。中央日報は「旧日本軍が旭日旗を使用していたため、怒りを抑えられなかったとみられる」と指摘しています。

 確かに旭日旗は戦前、日本の陸軍や海軍で採用されていた軍旗です。韓国では旭日昇天旗とも呼ばれ、韓国人は「日章旗はドイツ・ナチスのハーケンクロイツ(逆鉤十字)とともに負の歴史を示すものであり、日本の軍国主義、植民地主義の象徴」(韓国メディア)とみています。

次に、なぜ日本人をサルにたとえて卑下したのかという疑問に答えます。韓国では一般的に、日本人を指す差別用語に「チョッパリ」があり、「豚足」を意味する韓国語「チョクパル」が語源になっています。日本人が履く足袋や下駄、草履などを履いた姿が、豚足と同じ2つに割れていることから呼ばれるようになったようです。

 ところが今回の騒動では、奇選手はサルをまねています。韓国人はいつから日本人を「サル」に見立て、蔑視するようになったのでしょうか。もともと、欧米などでは日本人など東洋人、黄色人種を指す蔑称に「イエロー・モンキー」があります。

 現在、スコットランド・グラスゴーを本拠地とするサッカークラブ「セルティックFC」に所属する奇選手自身が現地の対戦相手のサポーターから、ブーイングの替わりにサルの鳴き声をまねされ、人種差別を受けたことがあります。そんな屈辱的な経験を持つ、同じ東洋人である奇選手がなぜサルの物まねをしたのでしょうか。

 朝鮮半島にはサルが生息していないこともあり、韓国人にとって、サルは身近な動物ではありません。一方、日本にはニホンザルが生息し、サルは日本人にとってなじみ深い動物です。韓国でもメディアやインターネットを通して、日本にはサルがたくさん生息していることがよく知られています。

 韓国人の知人は「とくに雪景色の中でサルが温泉の湯につかっている姿は、韓国人の目にはおもしろくも衝撃的な映像にうつり、こうした映像などを通して日本人=ニホンザルというイメージが定着していったのではないか」と話していました。

 最近では、主にネット上で若者らが、日本人の蔑称としてサルあるいはニホンザルを使っています。奇選手が、日本人を暗に指してサルの物まねをしたことは十分に考えられます。

ちなみに、この日韓戦を現地で撮影していた弊紙カメラマンは「日本側の応援席で旭日旗を見た記憶はない。断言はできないが、少なくとも目につくような大きさの旭日旗は見なかった。日韓の両サポーターは互いに挑発することもなく、共に和やかな雰囲気で応援を楽しんでいた」と証言しています。

 奇選手自身はその後、日本サッカー協会から説明を求められた際、「日本の人々へ向けたものではない。セルティックでも敵のサポーターからサル呼ばわりされた。そういった人種差別主義者たちに抗議の意味を込めたもの」と、自身の発言を撤回しています。大韓サッカー協会からは「日本の皆さんに誤解を与えて、申し訳ない」と謝罪があり、これを受け、日本側も正式に抗議しないことになりました。

 ところが、この奇選手の発言に今度はスコットランド紙「サン」がかみつきました。同紙は、奇選手の発言は、「批判を逃れるために、スコットランドのファンを標的にした。問題のすり替え」と報じています。

 奇選手のサルの物まねについては、「軽率だ」「白人が東洋人を見下すときにする行為で、東洋人が同じ東洋人に対してするとは信じられない」「他国を侮辱する行為はすべきでない」と韓国内でも批判的な声が多いようです。(外信部 水沼啓子)


関連記事

昭和天皇、米に謝意 関東大震災の復興支援

Category: 日出処ノ天子  

昭和天皇、米に謝意 関東大震災の復興支援 外国要人と会話の記録

2011.5.5

昭和天皇が戦前に外国要人と交わした会話を、通訳の外交官が詳細に記録していたことが分かった。関東大震災の約7年後、復興支援に天皇が感謝し、駐日米大使が「復興は日本固有の力と驚くべき想像力によるもの」と応じている。

 天皇が昭和5年のロンドン海軍軍縮条約締結を「此上もなく悦ばし」と評価する場面もあり、発見した奈良岡聰智・京都大准教授(日本政治外交史)が近く論文を発表する。

 記録は、宮内省(当時)御用掛を兼務した外交官、沢田廉三の「外国人拝謁記」。4年9月から5年7月まで各国の大使や高級軍人ら延べ31組と面会した際の会話が外務省の用紙約150枚にタイプ打ちされ、表紙に「極秘」と書かれている。

 5年4月18日、天皇は駐日米国大使のウィリアム・キャッスル夫妻と皇居・宮殿で会食。約7年前の関東大震災の復興について「米国の援助によるところ多く、比較的早く完成せられたるは悦ばしく存じ居れり」と謝意を述べた。大使は「米国は当初にいささか援助したのみ。その後は日本固有の力と日本人の驚くべき想像力によって完成された」と応えている。

 同月13日には、軍縮条約が締結されることを喜び、天皇が英大使に「益々日英米の協力により世界平和の増進せられんことを希望す」と語っている。

 同年3月にはデンマーク皇太子に人口増加による食料不足がないか質問。4年の世界恐慌以来の世界情勢を憂慮していたことが推察される。




今日ボクが見た風景



関連記事

石原慎太郎 国家再生のために

Category: 政治  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110085000/2400f233b4a29cd754f2e5a075aeb3ee_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

石原慎太郎 国家再生のために
2011.5.2

「日本よ!」、と天が呼びかける声が聞こえるような気がする。私たちは今回の東日本大震災をどう受け止めるべきなのだろうか。この出来事を国家覚醒の大きなきっかけとして捉えなければ、この未曽有の犠牲が報いられることはあり得まい。

 私は被災地への東京としての協力のために二度東北へ赴いたが、自分の足で踏みこんで眺めた被災現地の状況はまさに地獄絵だった。かつて講演のために訪れたこともある気仙沼の港町は、果てしなくつづく瓦礫の中に炎上した重油の残滓と死臭のただよう、天変地異のもたらした異形の世界に変わりはてていた。

 遠洋漁業のための数百トンの巨きな漁船たちは津波に乗って町を襲い、建物をなぎ倒して町並みの奥に転覆していた。私が出会ったある水産加工業者は、自分の家と工場のある建物に向かって突っ込んできた巨大な漁船が、間一髪家からそれて、斜め後ろのさらに大きな建物を一瞬にしてなぎ倒して過ぎるのを建物の屋上から固唾をのんで見守った恐怖を語っていたが、何に例えようもない光景だったろう。それは彼だけではなく被災したすべての人々がそれぞれ味わわされたことに違いない。

 加えてこの国の経済産業を支えてきた原子力発電が、その存在意義の是非についての危うさに晒されている。佐伯啓思氏が本紙に記していたが、この日本に二つの原爆を投下し瞬時にして数十万もの非戦闘員を殺戮(さつりく)したアメリカが開発した軽水炉を拝受してきた日本が、それのもたらすエネルギーに依って経済発展もとげ、アメリカ的価値、例えば彼等が主唱する市場原理主義をも疑うことなく取り入れ、それによる収奪に甘んじてきたこの国を突然災害が襲い、従来の衰運に拍車をかけようとしているという、苦い構造。

享受してきた平和と安寧なるものが危機に晒されている今、被った被害の復元に努めるだけではなしに、私たちはもっと根源的なものへの反省と修復を志すべき時に至ったのではなかろうか。それは国家存立のために絶対必要な国防という要因に関する安易な他力本願や、そのすり替えに享受してきた薄っぺらな繁栄、そしてそれを促進してやまない我欲、物欲、金銭欲、性欲の氾濫と、それにおもねり続けてきた政治の安易なポピュリズムを淘汰(とうた)する決心をしなければ、この国の真の復興、復活などありはしまい。

 自分を産み育ててくれた父親の弔いもせずに三十年も放置してミイラ化させ、その年金を詐取してはばからなかった家族なるものはこの日本以外には存在し得ぬ人種に違いない。多くの日本人の芯における堕落をこれほど象徴した事例を私は知らない。あの事件が発覚した前後にテレビで見たアフリカ象に関する番組では一族の長老の死に臨んで一頭々々子象までが長い鼻で死骸に触れて別れを告げる象たちの姿が映しだされていたが、畜生ですら行う親族への弔いもせずに放置する者たちに人間としてのいかなる資格があるというのだろうか。

 今回の大災害からの復興には現地の被災者たちだけではとてもかなわぬ、国民全体での協力が不可欠に違いない。それは端的に、国民一人々々が自らの我欲をこらえて節制することだ。それによって国民の誰しもが人生の中での堪え性、耐性をとりもどし、ひいては国家そのものが耐性をとりもどし、国家としての品格と存在感を示すことが出来るようになるはずだ。

原発の事故は当然節電を強いることになるだろうが、従来我々が享受してきた生活の中で実は不要な電力の消費は多々あるはずだ。たとえば町中に乱立している自動販売機の消費電力は二十六万キロワットと膨大なものだし、日中からにぎわっているパチンコ店の消費電力も八十四万キロワットと、合わせれば百万キロワットを上回る電力は福島第1原発1号機の二基分以上だ。自販機協会の幹部はテレビで、我々は電力を消費はしているが浪費はしていないと嘯(うそぶ)いていたが、業界そのものの存在意義がとわれているのに、治安の良さもあってだろうが、町中いたるところに自動販売機が乱立している国など世界のどこにもありはしない。

 自動販売機からの清涼飲料水の供給は他に代えられるし、パチンコの営業は電力消費のピーク時から変えて深夜にでもしたらいい。ちなみに在日韓国人に経営者の多いパチンコ業界が母国の韓国にこのゲームを持ちこんだら、韓国の当局はこれが流行すると国力の低下に繋(つな)がりかねぬと、かの地では禁止してしまった。

 国家の産業、経済は複合的に運営されるもので、業種の社会全体にとっての優劣は自ずとあり得よう。有事の際それを裁断するのが政府であって、かつてオイルショックの際行われた国民の消費への政令による具体的な指導を、今の政権がなぜ行わないのか理解に苦しむ。ただ電力消費の何十パーセント削減などという抽象的な指導でことは動きはしない。我々が今までなじんで来た生活の様式を、反省とともに具体的に変えていくことこそが、今この事態から国を救い立ち直らせていくよすがになるはずなのだ。国家の最高権威たる政府が歴史的自覚の上に、明確、具体的な政令を発してことに当たるべきなのだが、一体何に遠慮しているのだろうか。政府による正当な権限の行使は決して専制でありはしない。強い指導力の表示があってこそ国民は安心してそれに従うのだ。

 天は今、国家再生のためにこの民族が甘えを捨て、己を抑制することで従来の資質を発揮することを命じているのだと思う。被災した現地で、刻苦しながら立ち上がろうとしている同胞の姿こそがその範を示してくれているではないか。


関連記事

« »

05 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク