FC2ブログ

今日ボクが見た風景

焼き肉店食中毒 流通段階で汚染か

Category: ブログ  

焼き肉店食中毒 流通段階で汚染か 大腸菌の遺伝子型一致 

2011.5.4

焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」で発生した集団食中毒で、富山県砺波市の砺波店で食事した40代の女性が4日、死亡し、同チェーンの食中毒での死者は3人となった。同チェーンの店舗で食事をした客のうち20人以上が腎機能障害を伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)などを発症しており、多くの患者から腸管出血性大腸菌O111やO157が検出されている。

 福井県と富山県による大腸菌の遺伝子検査で、死亡した福井の男児と、富山の店舗で食事をした患者から検出されたO111の遺伝子型が一致した。いずれの店舗も、ユッケに使う牛肉を東京都板橋区の卸売業者から直接仕入れており、富山県は店舗に届く前の流通段階から汚染されていた可能性が高いとみている。

 チェーン店の運営会社「フーズ・フォーラス」の勘坂康弘社長は4日、「取り返しの付かないことをしてしまい、本当に申し訳ない。遺族の方にはできる限りの補償をしたい、という」と謝罪した。





焼き肉店食中毒 生食用牛肉“流通していない” 国の基準形骸化

2011.5.3

富山、福井の両県で相次いで発覚した焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」での集団食中毒事件では、これまでにチェーン店が非生食用の牛肉を、生で食べるユッケにして客に提供していたことが分かっている。しかし、国内では現在、国の衛生基準を通った生食用の牛肉は流通していない。厚生労働省は「店が自らの責任で生肉を出している状態」としており、基準は形骸化している。

 厚労省によると、食肉用の牛の5~10%は、腸内に「O157」や「O111」などの腸管出血性大腸菌が潜んでいる。厚労省は生食牛レバーによる食中毒の多発などを受けて平成10年、「生食用食肉の衛生基準」を全国に通知。生食用の食肉は、糞便(ふんべん)系大腸菌群とサルモネラ属菌が検出されてはいけないなどの条件や、専門設備での解体、細かい消毒法などを定め、基準に適合した食肉処理場は承認登録している。

 現在全国で基準適合の登録食肉処理場は13カ所。しかし平成21年以降、いずれの施設も出荷実績は馬レバーか馬肉のみで、牛肉は出荷されていない

 厚労省は「現在、店で出されている牛の生肉は、厚労省の衛生基準に適合しているものはなく、非生食用を店の判断で提供している」と説明。一方で「基準に罰則規定はない。指導は可能だが販売停止にはできない」という。




バカな事言ってんじゃないよ

基準が無いなら作れよ

てか、同和利権を野放しにしてきた結果だろ

パチンコもそう


いい加減きちんとしたカタチを取らないと

日本国民が牙剥くぞ!というwww



関連記事
スポンサーサイト



衛藤衆院副議長が断交後初台湾訪問

Category: ブログ  

衛藤衆院副議長が台湾訪問 衆参の正副議長で断交後初

2011.5.4

台湾の中央通信社によると、衛藤征士郎衆院副議長が4日、2日間の日程で台湾を訪問した。1972年の日中国交正常化に伴う日台断交以降、衆参両院とも正副議長が訪問した例はなく、台湾は「衛藤氏はタブーにあえて挑戦する初の政治家」(台湾紙、聯合報電子版)と歓迎している。

 中国は、領土の一部とみなす台湾が、外国と公的な関係を結ぶことを批判しており、日本も要人の訪台を控えてきた。

 ただ今回の衆院副議長の初訪問でも、台湾側要人との会談は「敏感な問題のため、全て公開しない」と外交部(外務省)の報道担当者は述べており、中国の反発を避けるための日台双方の配慮がうかがえる。

 中央通信社によると、衛藤副議長は台北近郊の空港に到着後、「訪台の目的はただ一つ。東日本大震災での台湾の支援と協力に感謝することだ」と述べ、訪問に政治的目的がないことを強調した。(共同)






「ありがとう、台湾」日本の有志6000人、地元2紙に広告 

2011.5.3


今日ボクが見た風景

「ありがとう、台湾」。東日本大震災で多くの被災地支援を行った台湾に対し、日本在住の「有志一同」約6千人が3日付の台湾紙、聯合報と自由時報の2紙に、日本語を交えた感謝の広告を掲載した。

 台湾に謝意を伝えたいとする女性デザイナーが短文投稿サイト「ツイッター」などを通じて広告を提案。約240万円の広告掲載料を捻出するため、1口千円の募金を呼び掛けたところ、1900万円以上が集まった。差額は被災地へ義援金として送るという。

 台湾からの義援金は先月27日までに約55億5千万台湾元(約157億円)に達している。(共同)


関連記事

「日本が領土失ったのは正当な罰」 露タス通信

Category: ブログ  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110086000/b24e035ded181344f85629f25bb46c4a_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

「日本が領土失ったのは正当な罰」 露タス通信、ゴロブニン東京支局長
2011.5.4

旧ソ連の最高指導者として1991年4月に初訪日したゴルバチョフ・ソ連大統領と海部俊樹首相(当時)が日ソ共同声明に署名して20年。北方領土をめぐる日本とロシアの領土返還交渉は、現在も先行きが見えない状況にある。日露双方の考え方にはどのような差異があるのか。連載「ソ連崩壊20年」の番外編として、イタル・タス通信社東京支局長のワシーリー・ゴロブニン氏に電話で聞いた。(黒川信雄)

 -領土返還交渉において、日本人とロシア人の間で思考や交渉の進め方にどんな違いがあると感じるか

 「さまざまな、細かい問題について、意見の不一致がある。まず、第二次世界大戦の終わり頃をどのように評価するか。ロシアでは社会の多数の人々は、日本が当時、帝国でナチス・ドイツとの同盟国であり、旧ソ連を脅かしていたと考えている。だから、1945年8、9月の(旧ソ連の)作戦に対しても、この大枠で捉えている。つまり、日本が領土を失ったのは、正当な罰だという考え方だ。一方の日本は、旧ソ連の戦争参加については、全く違う観点で見ている。

 また他の例を挙げれば、56年の日ソ共同宣言があるだろう。日本の解釈は、旧ソ連が日本に2島の返還を法的に認めたというものだが、ロシア側にとればこれは、約束ではなく、(2島返還の)提案だったということだ。そして、日本が我々の提案を拒否し、今も拒否し続けている。ロシアが二島返還を提案したというのは、あくまでも平和条約を結んだ後に、いわば「プレゼント」として「譲る」というスタンスだ。「譲る」ことはできる。でも「返還」ではない。ここが微妙なところだ。

日ソ共同宣言については、プーチン氏が大統領になり、2000年のNHKインタビュー、また(01年の)イルクーツク(での森喜朗首相との会談)で(その有効性を)認めた。ただこれは、小泉純一郎首相(いずれも当時)が拒否した。ロシア外務省の見解としては、この宣言は唯一、国際条約という資格を持つ。今後の交渉も、これを一番重要な基盤にしなくてはいけないと考えている。

 また東京宣言の解釈をめぐっては、日本は法と正義に基づいて解決するということを、四島返還を意味するという解釈を取っている。一方でロシアは、領土問題の解決は「いろいろな形を取ることができる」という考えだ。つまり、「今のままで解決する」という考え方だってできる。あらゆる解決方法がありうるということだ」

 -長年日本に住むなかで、ロシア人はどのような日本人観を持っていると感じるか

 「旧ソ連時代は、日本に対しとても好意的だった。半分は好奇心、またもう半分は、日本人の性格への高い評価だ。また文化、料理、映画などにも関心が高かった。

 もちろん、メドベージェフ大統領が国後島を訪問したことは、日本人の反発を招いた。そしてその際には、ロシアにおける日本への態度には変化が生まれた。

 ただ今日は、東日本大震災の影響を受け、ロシアでは日本への同情が極めて強い。反日的な流れには、ほとんど終止符が打たれたと言っていいだろう。

 またロシアでは、反米の意見が強い。それと比べ、日本に対しては別の考え方が多い。つまり日本=米国ではない。日本は、米国のように帝国主義ではない。ロシア人の多くは、米国は今でもロシアにとり脅威だが、日本は違うと考えている。これは、ドイツやフランスといった欧州の国々への考え方と似ているだろう。

-これまでの領土交渉史で、「ここは解決の好機だった」と思える時期があったと考えるか

 「最大のチャンスは、ゴルバチョフ時代の終わりごろから、エリツィン時代の初めまでだろう。もうちょっと日本側が弾力的に振る舞えば、例えばドイツのように積極的に振る舞えば、状況は違っていたのでは。当時、ロシアの予算も厳しい状況だった。もうちょっと思い切った協力ができれば、状況は変わっていたのではないか。また、人間的なつながりづくりも必要だった。米国のアドバイスを受け、エリツィン・橋本間では関係を作ったが、すでにエリツィンは病気で、改革の機運も弱くなっていた。その結果、チャンスを失った。

 ただ理解すべきは、今後ロシアのどの政権であっても、今の日本側の立場を受け入れることはできないだろうということだ。国内の保守派であれ、改革派であれ、受け入れられない。それは国の敗北につながるからだ。妥協が必要だ。

 ただ今の日本では、(そのような交渉を行うほど)政権に余裕がない。力もない。しっかりとした、強い政府が生まれてくる可能性も低いだろう。


関連記事

「米国に死を」

Category: ブログ  
パキスタンの情報漏れ懸念し知らせず CIA長官、米誌に明かす
2011.5.4

パネッタ米中央情報局(CIA)長官は米誌タイム(電子版)が3日報じたインタビューで、ウサマ・ビンラディン容疑者の殺害作戦を事前にパキスタンに知らせなかったのは同容疑者に情報が漏れることを懸念したためだと明言した。

 パネッタ氏は「パキスタンと協力しようとすれば作戦が危うくなる。彼らは標的(ビンラディン容疑者)に警告を与えるかもしれない」と判断したと述べた。

 また作戦実施時まで状況証拠しかなく、隠れ家にビンラディン容疑者がいるとの確証は60~80%程度だったという。爆撃機による空爆や巡航ミサイル攻撃も検討されたが「巻き添え被害が大きすぎる」ため排除された。

 米公共放送とのインタビューによると、海軍特殊部隊の隠れ家突入後、現地で何が起きているか20分間ほどまったく分からず、オバマ大統領もパネッタ氏もビンラディン容疑者射殺の瞬間は目にしなかった。(共同)




「殺害される直前にテープ収録」通信社報道

2011.5.3

AP通信によると、米情報機関当局者は3日までに、国際テロ組織アルカーイダ指導者ウサマ・ビンラーディン容疑者が米軍に殺害される直前にテープを収録し、近く収録内容が出回る可能性があると話した。米紙デーリー・ニューズ(電子版)は米当局者の話として、同容疑者が死亡時に公開するよう関係者に指示していたと報じた。

 テープが音声か映像かは不明だが、APによると、情報機関当局者はテープが既にアルカーイダの手に渡っていると指摘。ただ、同容疑者が米軍の急襲を察知していたのではなく、偶然収録していたものとの見方も示した。

 ビンラーディン容疑者はこれまでにも、米中枢同時テロの実行犯を称賛し、若者に殉教を呼び掛ける内容のビデオ声明などを出している。(共同)



米議員「復讐ではない」

2011.5.2

ケリー米上院外交委員長(民主党)は2日、国際テロ組織アルカーイダの指導者ビンラーディン容疑者殺害について、米国の対テロ戦争で「重要な章を閉じるものだ」との声明を発表して歴史的な意義を指摘、「正義を求めた結果で、復讐ではない」と強調した。

 ロスレティネン下院外交委員長(共和党)も「自由の敵との苦闘は続く」との声明を出し、ビンラーディン容疑者を殺害したことは米国の不屈の姿勢をテロリストに見せつけたとした。(共同)



「USA、USA」NYで市民歓声 

2011.5.2

「USA USA」。国際テロ組織アルカイダ指導者ウサマ・ビンラーディン容疑者の殺害が発表された後の2日未明、米中枢同時テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル(WTC)跡地「グラウンド・ゼロ」前には大勢の市民が駆け付け、大きな星条旗を掲げながら歓声を上げた。

 消防士の男性は「自分の兄弟を含め、多くの愛する人をテロで失った。(ビンラーディン容疑者殺害は)とてつもなく大きな意味がある」と喜びを爆発させた。

 しかし、グラウンド・ゼロ近くのモスク(イスラム教礼拝所)建設計画に賛成し、支援運動もしたという書籍編集者アレクサンドラ・ベンオスマンさんは「遺族やニューヨーク市民の気持ちに区切りが付くのは間違いないが、これで問題が全て解決するわけではない」と、表情を曇らせた。

(共同)


今日ボクが見た風景


スーダンで千人抗議「米国に死を」
2011.5.4

 ロイター通信によると、スーダンの首都ハルツーム中心部で3日、米軍による国際テロ組織アルカイダ指導者ウサマ・ビンラディン容疑者殺害に抗議するため約千人が広場に集結し「米国に死を」などと連呼した。

 急進的イスラム政党が呼び掛けたもので、礼拝の後、スンニ派の複数のイスラム教聖職者が同容疑者をたたえるとともに、アラブ諸国の指導者に対して米国と戦うよう訴えた。参加者は「聖戦を」とも繰り返した。

 ビンラディン容疑者は1990年代にスーダンに滞在。スーダン北部では同国に制裁を科す米国への反感が根強い。米国は98年、ケニア、タンザニアの米大使館爆破テロの後、ハルツームの工場を爆撃。米国は同容疑者が関与し化学兵器を製造していたと主張、スーダンは単なる製薬工場だったとしている。(共同)



今日ボクが見た風景





賽は投げられた・・・



関連記事

薬学院生、夜の顔は“わいせつ魔”(晒す)

Category: 事件  
薬学院生、夜の顔は“わいせつ魔” フェイスブックの書き込みににじむ歪んだ性癖
2011.5.3

大学院で薬学を専攻していた男は、夜になると好みの女性を物色し、わいせつ行為を繰り返す別の顔を持っていた-。

 女性看護師(25)宅のマンションに侵入し、首を絞めて体を触るなどしたとして、神戸学院大大学院薬学研究科の2回生、武智大志被告(25)が兵庫県警に強制わいせつ容疑などで逮捕、起訴された。性的欲望を満たすため手段を選ばなかったのか、顔を隠すことなく、自宅や通う大学の周辺で女性を襲う大胆な犯行。「30件ぐらいやった」と認めているが、インターネットの会員制交流サイト「フェイスブック」に犯行を正当化するような文章を書き込むなど、武智被告の歪(ゆが)んだ性癖が浮かび上がった。


住宅街の捕物劇


 「待て、逃げるな」

 3月7日早朝。兵庫県西宮市の閑静な住宅街に怒号が飛び交った。

 外出先から帰宅した玄関前で、捜査員に囲まれた武智被告は「逮捕状が出ている」と告げられると、一瞬大きく目を見開いて驚いた表情を見せた。

 いったんは観念したかのように、捜査員に促されて自宅に入ったものの、武智被告は突然、隙を見て裏口から逃走。ところが、周囲を張り込んでいた捜査員数人に近くのマンション敷地内で、あっけなく取り押さえられ、逮捕された。武智被告はしばらく抵抗していたが、逃げられないことを悟ったのか、「もう逃げません」とうなだれていたという。


武智被告の逮捕容疑は、女性看護師への強制わいせつと住居侵入。平成22年12月6日夜、1人暮らしの看護師のマンションに無施錠だった玄関から侵入し、食事の用意をしていた女性の首を絞めるなどして押さえつけ、体を触るなどしたとされる。

 捜査関係者によると、看護師のマンションは武智被告の自宅から近く、帰宅途中から看護師に目をつけて追いかけ、室内に侵入したとみられる。


計画的な犯行


 武智被告の自宅周辺では、22年9月以降、18~26歳の女子大生や女性会社員らが路上で男に襲われ、体を触られるなどの被害が相次いでいた。さらに、神戸市中央区の神戸学院大キャンパス周辺でも、同じ時期に女子大生らが胸を触られたり、抱きつかれたりする被害が十数件確認されている。

 いずれも夕方から深夜にかけて集中しているうえ、徒歩や自転車で帰宅途中の女性が狙われるなど、共通点が多かった。また、目撃された男の服装や容姿が似ていることから、女性と子供に対する犯罪を担当する県警生活安全特捜隊と西宮署が同一犯の可能性が高いとみて捜査。犯行現場の遺留物などからDNA型鑑定を進め、うち4件で武智被告のものと一致し、犯行が裏付けられたという。


県警は、このうち一件について4月13日に武智被告を強制わいせつ容疑で再逮捕。22年9月16日深夜に西宮市内の路上で帰宅途中の女子大学生(19)に「言うことを聞かないと殺す」などと脅迫し、自身の下半身を触らせた上、女子大生の胸や下半身を触る行為をしていたという。

 その後の捜査で、人通りが少ない路地を選び、暗がりに連れ込むなどしていたことがわかり、用意周到に計画して犯行を繰り返していたことをうかがわせている。

 武智被告は逮捕後の調べで、「(同様の犯行を)30件ぐらいやった」と供述。ニュースを見た女性から「この男にわいせつ行為を受けた」と被害申告があったといい、県警は他に表面化していない被害があるとみて、捜査を継続している。


身勝手な“正義”


 大学院で薬学を専攻している武智被告。薬剤師の国家資格も取得しており、大学院の修了後は安定した職業も約束されている中で、こうした卑劣な犯行にかき立てるものは何だったのか。

 武智被告の犯罪心理をうかがわせるヒントが、会員制交流サイト「フェイスブック」にあった。


『正義か? 知っているさ。人類が最初に手に入れ、人類が最も多く使い、人類が手に入れた兵器の中で最も強い物だろう。この言葉を掲げれば、全ての虐殺と暴虐と殺戮(さつりく)、全ての略奪と蹂躙(じゅうりん)と姦淫、そして全ての罪が許され、正当化される魔の言霊だろう。ああ、全ての人の罪の名であるものだろう』

 何かの文章の引用なのか、自身の人生観や哲学として、こんな言葉を書き込んでいたのかは、わからない。が、これまで繰り返してきた犯行を正当化しているようにも見える。

 取り調べに対し、武智被告は「彼女と別れたことや、勉強の悩みをきっかけに始めた」と動機を供述。その一方で「(被害者の)女性の体に傷をつけたわけではない」と開き直ることもあり、真意は判然としないという。

 ただ、捜査幹部は「武智被告にとって、わいせつ行為は日常行動の一つになっていたようだ。自己中心的で、被害を受けた女性の立場をまったく考えていない態度が際立っている」と分析する。

 フェイスブックには自身の写真を堂々と公開していた武智被告。意味不明で身勝手な“正義”で、卑劣な犯行は正当化できない。




今日ボクが見た風景


今日ボクが見た風景


武智 大志


出身校: 神戸学院大学 pharmaceutical department

居住地: 兵庫県西宮市

出身地: 兵庫県尼崎市


学歴・職歴
.大学 神戸学院大学2009年卒業 · pharmaceutical department.



http://www.facebook.com/profile.php?id=100001821191427


高校 西宮高等学校2004年卒業.



人生観・哲学
.好きな言葉 正義か?知っているさ。
人類が最初に手に入れ、人類が最も多く使い、人類が手に入れた兵器の中で最も強い物だろう。
この言葉を掲げれば、全ての虐殺と暴虐と殺戮、全ての略奪と蹂躙と姦淫、そして全ての罪が許され、正当化される魔の言霊だろう。
ああ、全ての人の罪の名であるものだろう。





ぶっかけ大学院生、ぶっ倒され逮捕!!



今日ボクが見た風景

異常性欲者・・・去勢してからシャバに出してくださいよ

関連記事

見透かされた首相の限界

Category: 政治  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110086000/a8a2f25986f1abecb841d844b0e899d9_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

見透かされた首相の限界
2011.5.4

東日本大震災の復興財源に関連し、国会で「復旧・復興と財政再建までやれれば政治家として本望だ」と答弁した菅直人首相をみて、ふと半世紀前の池田勇人元首相(昭和35~39年在職)のある言葉を思い出した。池田元首相といえば、10年間で国民経済の規模を実質価値で倍増する目標の下に政策を総動員する国民所得倍増計画を掲げたことで知られる。今でいう成長戦略のようなものだ。

 池田元首相が、その看板政策につながる月給2倍論を最初に訴えた際、高名な経済学者の都留重人氏らから批判を浴びた。都留氏は月給が2倍にならなければ「挂冠(けいかん)(=官職を辞める)」するよう要求。これに対して池田元首相はこう反論した。「挂冠どころか、一生をかけている政治家をさえ辞めるくらいの決意をもっている」

 池田元首相がここまで大見えを切った背景には、ブレーンのエコノミスト、下村治氏による理論的な裏付けがあった。日本経済は終戦後の混乱期を脱して勃興期に向かうというのが下村理論の基本認識。一方の都留氏ら名だたる経済論客は高度成長自体に懐疑的だった。結局、その後の経済は所得倍増計画以上の高い成長を遂げ、日本は経済大国へと突き進んだ。

そんな経済史の一場面と比べたとき、「政治家の本望」と語る菅首相の言葉からは池田元首相ほどの決意も自信も感じ取れない。東京電力福島第1原子力発電所事故などへの対応で後手に回り、消費をさらに冷え込ませかねない、前のめりの増税シナリオで混迷を深める政権の姿をみれば、場当たり的という印象ばかりが強まる。

 実際、震災で大きな打撃を受けた経済界の見方は厳しい。4月27日付で掲載した本紙の主要企業115社アンケートでは菅政権を評価する回答はわずか2%で、震災対応の遅さを批判する声が続出した。日本経団連の米倉弘昌会長も震災後の不安や混乱の元凶は首相らの「間違った陣頭指揮」にあると語り、その指導力を完全に否定した。経団連トップからここまで酷評される首相も珍しい。

 最近は被災地企業の復旧もある程度は進み、生産再開の動きも出ている。だが、メーカーの部品調達難は相変わらずで、震災前の生産水準とはほど遠い。大切なことは、速やかな震災復旧と、新たな成長につながる、その後の復興をいかに果たすかだ。その展望が開けないようでは萎縮した消費者心理も回復しないが、経済界は首相の限界を確実に見透かしている。(副編集長 長谷川秀行)


関連記事

ソニー、ハッカー敵視で標的か

Category: ブログ  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110086000/7b0dfabd59e59dbb4639cf213bc24236_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

ソニー、ハッカー敵視で標的か
2011.5.4

ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション3」向けネット配信サービスなどから全世界で最大7700万人分の個人情報が流出した恐れがある問題で、ソニーは3日、パソコン向けオンラインゲーム事業を展開する別の米子会社のネットサービスもハッカーからのサイバー攻撃を受け、新たに最大2460万人の個人情報が流出した可能性があると発表した。被害は延べ1億人に上る恐れが出てきた。クレジットカードなどの番号や有効期限も約1万2700件が流出した可能性がある。

 攻撃を受けたのは、米カリフォルニア州にあるゲーム配信子会社ソニー・オンラインエンタテインメント(SOE)。パソコンや同社のゲーム機向けに、インターネットを活用して多人数で楽しむゲームなどを提供している。

 流出した可能性があるのは、サービスに登録した最大2460万人分の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス、性別、生年月日、登録名など。さらに2007年当時のデータベースから、クレジットカードやデビットカードの番号、有効期限が流出した可能性があり、約4300件が日本国内のカードという。

ソニーによると、不正侵入は米国時間の4月16日から17日にかけて行われた。同20日に外部からの不正アクセスを認識しサービスを一時停止。個人情報流出の形跡がないと判断し翌21日に再開した。だが、米国時間の1日午後2時半に情報流出の可能性が浮上、サービスを再び止めたという。

                   ◇


「訴訟」と関連も


 ソニーの米国子会社、ソニー・オンラインエンタテインメント(SOE)の個人情報流出問題は、すでに判明している最大7700万人分と合わせ、全世界で延べ1億人を超え、世界最大級となる可能性が出てきた。企業や団体へのハッキングやウイルスによるサイバー攻撃は珍しくないが、ソニーはネットワークビジネスの比重を高めていただけに、システムの脆弱(ぜいじゃく)性への対応や事後処理のまずさなど、危機管理の甘さが際立つ格好となっている。

 一連の情報流出との関連が取りざたされているのが、ゲーム機「プレイステーション(PS)3」の基本情報を公開した著名ハッカー、ジョージ・ホッツ氏をソニーが1月に提訴(3月末に和解)したことだ。

ソニーとしては「知的財産を守るため海賊版は許さない」と当然の姿勢だったが、これに「アノニマス」と呼ばれる国際的なハッカー集団が「情報は自由だ」とかみつき、ソニーへのサイバー攻撃を表明した。アノニマスはこれまでも米カード会社やアラブ騒乱を抑圧する各国政府などへの大規模攻撃で知られている。

 問題はサイバー攻撃を認識しながら、「脆弱性に対処していなかった」(長谷島真時業務執行役員)ことにある。脆弱性とはシステム上の欠陥や仕様上の問題点のことで、「あまりに脇が甘い」(ITコンサルタント)と批判が強い。

 今回、情報流出が明るみに出たSOEは4月20日(米国時間)に「システムの脆弱性」を確認し、サービスを一時停止した。だが翌21日には問題なしと判断しサービスを再開している。結局、5月1日になって情報流出の可能性を認識し再停止した。原因究明よりサービス再開を優先した姿勢に疑問が残る。


信頼回復 長い道


 4月26日にPS3向けサービス「プレイステーション・ネットワーク(PSN)」からの情報流出を発表した際には、発覚から発表まで1週間かかったことが批判された。今回は発覚から25時間後の公表だ。短くはなったが情報公開の方法に改善の余地がある。

 ソニーには原因究明や再発防止策、補償問題など、課題が山積する。後手に回った対応が続けば「信頼をもう一度勝ち取る」(平井一夫副社長)までの道程は長くなるばかりだ。


関連記事

枝野氏、北朝鮮の邦人拘束「コメント控える」

Category: ブログ  

北朝鮮が邦人拘束を初確認 麻薬、通貨偽造容疑で

2011.5.4

北朝鮮の朝鮮中央通信は4日、北朝鮮に入国した日本人3人を拘束し、うち1人を既に国外追放にしたと報じ、邦人拘束の事実を初めて確認した。麻薬や通貨偽造に絡んだ犯罪に関わった容疑が拘束理由で、容疑を認めているとしている。

 朝鮮中央通信は「(2人の事案は)現在、法的処理中。極めて重大な犯罪で、しかるべき法的責任を負うことになる」と報道。2人の拘束が長期化する可能性もある。

 関係筋によると、現在も拘束されている2人は関東在住の40代と30代の男性。別の70代男性と共に3月中旬、中国吉林省琿春市から北朝鮮の経済特区、羅先市に陸路で入国し拘束された。

 3人はその後、首都平壌に移送。70代男性が4月上旬に釈放されて中国に戻り、日本の公館に助けを求めたことなどから拘束が判明した。(共同)





北朝鮮が麻薬密輸容疑で邦人3人拘束 1人釈放 解放に1億円要求か

2011.4.20

北朝鮮当局が3月中旬、日本人男性3人を拘束したことが20日分かった。麻薬を密輸しようとした容疑で拘束されたとみられ、うち1人は釈放されて日本に帰国したが、2人はまだ拘束されている。関係筋が明らかにした。日本政府は拘束情報を把握しており、北朝鮮の出方を見極め慎重に対処する方針。

 関係筋によると、拘束中の2人は関東在住の40代と30代の男性。2人は3月中旬、別の70代男性と3人で中国吉林省琿春市から北朝鮮の経済特区、羅先市に陸路で入国。多額の日本円を持ち込んだとされ、麻薬の取引中に治安機関の国家安全保衛部に拘束されたとみられる。

 3人はその後、首都平壌に移送。70代男性が4月上旬に釈放されて中国に戻り、日本の公館に助けを求めたことなどから拘束が判明した。日本の警察当局は、帰国したこの男性に事情を聴いたもよう。北朝鮮側が釈放のため、拘束中の男性側に1億円を要求しているとの情報もある。




枝野氏、北朝鮮の邦人拘束「コメント控える」

2011.4.20

枝野幸男官房長官は20日の記者会見で、北朝鮮が麻薬密輸の疑いがあるとして日本人男性3人を拘束したことについて「報道は承知しているが、事案の性質上、コメントすることは差し控えたい」と述べた。


関連記事

真央、痩せすぎだった…今回の惨敗を良薬にする

Category: ブログ  
真央、痩せすぎだった…予定より4~5キロ
2011.5.4 11


フィギュアスケートの世界選手権に出場した日本勢が3日、開催地モスクワから帰国し、順位、得点とも出場した世界選手権で自己ワーストの女子6位に沈んだ浅田真央(20)=中京大=は今大会前の減量に失敗。指導を受ける佐藤信夫コーチ(69)と相談し、来季は体重チェックに細心の注意を払い、周囲の環境を最大限に生かす。4年ぶり2度目の世界女王に輝いた安藤美姫(23)=トヨタ自動車=は慈善演技会などに出演するためロシアに残った。(サンケイスポーツ )
 1年の総決算で、厳しい現実と向き合った。順位、得点ともに大会自己ワーストに終わった真央は会見の席上、「一番印象に残ったのが世界選手権」と今季を総括し、「自分のベストが出せなかった。完全な演技ができなかった…」。失意の表情を隠せなかった。

 日本勢初の2連覇を狙った世界選手権ではショートプログラム(SP)7位と出遅れ、フリーでも振るわず、6位。戦う前から低空モードに入っていたことが、悔しさを募らせるのだ。



真央を指導する佐藤コーチは期間中、「パワーが足りない」と嘆いた。真央はこの日、言い訳を口にしなかったが、大会直後に「(減量を)早くスタートしすぎた」と吐露。関係者は「いつもより4、5キロダウンしている」と証言した。武器のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は2度跳び、ともに回転不足とされた真央は「(体重が)1、2キロ増えるだけで重いと感じることもある。とても繊細です」。

 今後は環境を最大限生かすことが模索される。真央は今季途中から信夫コーチの夫人、久美子コーチ(65)にも指導を受けている。女性の視点で、体重コントロールなど私的な“乙女の窓口”になることも可能。森永製菓のウィダー「栄養・トレーニングサポートプロジェクト」から管理栄養士も派遣されており、より科学的な体重管理も具体化できる。

 信夫コーチは「注意深く観察する」と、体重調整を課題に挙げた。3年後のソチ五輪へ、今回の惨敗を良薬にする。(伊藤昇)




関連記事

« »

05 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク