FC2ブログ

今日ボクが見た風景

「証拠なんてないよ」と叫んで退廷

Category: 事件  

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110083000/e4d56189744695a1dd228ca5bd133dca_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

中国人妻に2審も無期 「証拠なんてないよ」と叫んで退廷

遺産相続を目的に夫と替え玉に仕立てた男性2人の計3人を殺害したとして、殺人などの罪に問われ、1審大阪地裁で無期懲役(求刑死刑)を言い渡された中国人妻、尹麗娜(イン・リナ)被告(55)の控訴審判決が20日、大阪高裁であった。古川博裁判長は3件の殺人について1件を傷害致死、1件を無罪とした1審判決を支持し、検察、弁護側双方の控訴を棄却した。

 2審で検察側は3件とも殺人罪が成立すると主張。弁護側はいずれの事件でも無罪を主張していた。

 2審判決は、1審で殺意が認められず傷害致死とされた夫の加藤善一郎さん=当時(77)=の事件で1審の判断を踏襲。無罪とされた高木清さん=当時(71)=についても「被告の犯人性を認定するのは困難」と無罪を維持した。

 判決によると、尹被告は平成13年10~11月に加藤さんを暴行して傷害を負わせて死なせ、自然死を偽装して遺産を相続しようと計画。14年2月、替え玉に仕立てた糖尿病の近藤晃さん=同(69)=を殺害した上、加藤さんの遺産計約3240万円を詐取した。

 通訳を伴った判決言い渡しは約5時間半に及び、尹被告はハンカチを目や鼻にあてて涙ぐむしぐさをみせ、「(通訳の)声が小さい」などと発言し、裁判長から「不規則発言はやめてください」と注意される場面も。最後は「証拠なんてないよ」と日本語で叫んで退廷した。



今日ボクが見た風景


中国人妻・尹麗娜「替え玉連続殺人事件」とは





大阪地裁の長井秀典裁判長の判決



長井秀典裁判長は無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。
替え玉としてインスリンを全く与えずに過飲食させられ殺害された近藤晃さんの殺人罪の成立を認めたが、夫であった加藤さんは傷害致死罪と認定、高木さん殺害は無罪としたため、無期懲役となった。




裁判での尹被告



鮮やかな赤や黄緑、ヒョウ柄などの派手な服装に身を包み、長い髪をなびかせて法廷に姿を現わして、中国語で早口でまくし立て、無期懲役の判決がでたあとには「裁判官は検察の言うままになっている」などと不規則に発言を繰り返している。また突然涙を流したりと感情をむき出したかと思えば、傍聴席に向かって笑顔さえ見せている。
大阪拘置所で読売新聞記者と面会し「怖いことは何もない。そんな結果(死刑)が出ない自信がある」と述べ、判決内容に自信をみせる一面も。

また今日の大阪高裁では、弁護側の証拠を高裁が採用しないと決めた際、証言台に頭を強くぶつけて倒れ、一時は救急車を呼ぶ騒ぎになった。その後起き上がって「検察は証拠を全部出せ。全部うそだ」などと抗議したとのこと。
被告人質問では「加藤さんが生きていたら私は救われる」などと涙ながらに無実を主張した。





中国人が自分の非を認めるわけが無い

性善説に基づいて作られた日本の法律じゃ生温すぎて

性悪な民族を裁く機能を持たないのです


改正が必要ですね


何しろ今、日本において犯罪者の大部分は外国人(亜細亜系)

なのですからね

尹被告は自身が経営していた同市西成区のスナックで知りあった加藤善一郎さんと13年5月に結婚し、同年10月下旬、自宅アパートで加藤さんを殺害。
そして半月後の11月中旬には、尹被告は加藤さんの健康保険証を使って糖尿病を患う男性2人を病院に通わせていた。それは加藤さんの替え玉として病死に見せるためだった。
この二人の男性のうちの一人である近藤晃さん(当時70)は翌年2月、尹被告とともに石川県を訪れ、インスリンを全く与えずに過飲食させられて死亡する。これによって尹被告は加藤さんの病死を届け出た上で、委任状を偽造するなどして加藤さん名義の土地と約3000万円の預貯金を自分名義することに成功した。

もう1人の替え玉である高木さんは13年11~12月、尹被告に付き添われて病院に通っていたが、行方がわからなくなり翌年遺体の一部が大阪府南部で発見されるものの、尹被告が殺した可能性が高いが確実な証拠がないようである。高木さんの遺体が入れられていたリュックから尹被告の毛髪が発見され、このリュックが中国製で国内では販売されていないことも判明したが、尹被告が直接殺害した証拠は見つかっていない。

この二人の替え玉を見つける際に尹被告は大阪市西成区で体調の悪そうなホームレス男性に手当たり次第に「入院しない?」と声をかけたり、知人に「病気の爺さんを探して欲しい」と依頼していたという。
また加藤さんから奪った3000万円のうち、1000万円を中国・北京の兄と娘に送金していたことが明らかになっているとのこと。
関連記事
スポンサーサイト



窃盗容疑で中国人3人逮捕

Category: 中国  

窃盗容疑で中国人3人逮捕「震災で航空券が高騰し、帰れず…」


2011.4.20

民家に侵入し現金やパソコンを盗んだとして、警視庁捜査3課は20日までに、窃盗などの疑いで、千葉県市川市の無職、陳愛興容疑者(26)ら中国籍の男3人を逮捕した。

 捜査3課によると、陳容疑者は「震災後、中国の親族から帰国するように言われたが、航空券の相場が高騰したため、日本にとどまっていた」と供述している。

 逮捕容疑は3月4日夜、千葉市の男性公務員(57)宅に侵入し現金6千円とパソコン1台(10万円相当)を盗んだ疑い。

 3人はスーツ姿で会社員を装っていた。陳容疑者ら2人は容疑を認め、1人は否認している。

 千葉県を中心に大阪府、兵庫県などで同様の被害約30件(約1900万円相当)が確認されており、捜査3課は関連を調べている。


                ∧∧     ♪ ∧__,∧     ♪ / 支 \      < `Д´ >      ( `ハ´)  シナとニダーが     (つ  つ      (つ  つ     |   |      |   |   力を合わせて ♪     し― つ       し― つ        彡         彡         ♪      ∧∧   m ∧__,∧     m /  支 \ ♪   | < `∀´ >     | ( `ハ´ )   日本の    ヽ    つ     ヽ   つ    |   |        |   |    幸せを~ ♪    し―ーJ       し―ーJ         ♪    , -―-、、      , -― ∧∧  ♪   /  ∧__,∧    /  /  支  \   l  < `∀´>   l  ( `ハ´) 奪い取るダック ♪   ヽ、_ フづと)'    ヽ、_ フづと)'   ~(_⌒ヽ      ~(_⌒ヽ     )ノ `J        )ノ `J 

関連記事

諦めない捜索に感謝の声 インド隊

Category: 世界  

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110083000/9ddd42c1e8441b1eed1fc702daa15547_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

諦めない捜索に感謝の声 インド隊が見つけてくれた

2011.4.20

「ごめんなー、おっかあ。見捨ててごめんな」

 東日本大震災の津波が、港から約1キロ内陸の高台にまで押し寄せた宮城県女川町の荒立地区。寒風が吹きすさぶ4月2日午後、10メートル以上に積み重なったがれきの中から運び出された遺体の顔を見た佐藤行義さん(38)は、むせび泣きながら母親、順子さん(59)の遺体を抱き締めた。自衛隊が取り組めなかった現場で作業したのは、今回初めて国外派遣されたインドの国家災害対策局対応部隊(NDRF)だ。

 佐藤さんの耳には、順子さんが津波に流されながら発した「助けてけろー」という叫び声が残り続けていた。天をつかむように必死に伸ばした順子さんの腕が、水面から突き出されたのを見たのが最後だ。

土台だけが残る自宅近くに避難所から毎日通い、順子さんと祖父の石森慶治さん(87)の行方を捜し続けた。通り掛かった自衛隊に捜索を掛け合ったが、作業の事情などですぐにはかなわず、途方に暮れていたときにインド隊が現れた。日本人ボランティアから佐藤さんの事情を聴いたアロック・アスワティ隊長(41)は即座に捜索を指示。作業2日目で順子さんが見つかった。

 地元住民の要望に耳を傾け、諦めずに懸命に活動するインド隊の姿に、住民から感謝の声が相次いだ。(EX編集部/撮影:共同/SANKEI EX PRESS)



今日ボクが見た風景




      ■□■

 ≪「感謝つづられたノート」は町の一員の証し≫

 東日本大震災の被災地、宮城県女川(おながわ)町で3月28日から救援活動を展開したインドの国家災害対策局対応部隊(NDRF)は4月8日、任務を終えてインドに帰国した。取材に応じたアロック・アスワティ隊長(41)は「被災者の情報だけを頼りに、行方不明者を捜索することは極めて難しい作業だった」と振り返る一方、それでも困難な活動をやり通せたのは「(被災者たちが)隊員に対し外国人としてでなく、地元社会の一員として接してくれたおかげだ」と話した。

救助隊員歴17年のアスワティさんさえ、被災した女川町の様子に言葉を失ったという。「ツナミにすべてが流された状態だった。あれほど悲惨な風景は見たこともなく、想像をはるかに超えていた」

 電気も水もない。寒さは厳しく雨にも降られた。がれき撤去や行方不明者の捜索はすべて手作業だった。

 「あるのは住民の証言だけ。それをもとに、津波が襲ってきた後、そして、引いた後を想定して場所を特定し作業した」とアスワティさん。行方不明者を捜す住民にとっても、少しでも情報がほしいインド隊にとっても、お互いがなくてはならない存在となっていく。

 ■「女川の復興信じてる」

 ある家屋は、津波によって乗用車が屋上に乗りあげていた。不安定な状態だったが、支柱で固定し「危険で難しい作業」(アスワティさん)を開始。そして悪戦苦闘の末、乗用車から男性の遺体を発見した。「お父さんです。お母さんも一緒にいたはず…」との家族の証言をもとに再び捜索し、母親の遺体も見つけることができた。

根気はいるが、手作業がかえってよかった。遺体を傷付けることがなかったからだ。遺体発見後は必ず2分間の黙祷(もくとう)をささげた。全日程を通して7遺体を収容。がれきや泥に埋もれたお金や貴金属、家族写真なども発見し回収した。

 最終日の6日、活動を終えると、女川町の被災者たちから1冊のノートをプレゼントされた。英語と日本語で感謝の言葉がつづられていた。

 「やりがいを感じた瞬間でした」と顔をほころばせるアスワティさん。自分たちが確かに、町の一員だった証しのように感じられた。

 「女川は以前よりもさらに美しい町になると信じている。数年後に女川に行って、その復興ぶりをこの目で見るつもりです」

 (ニューデリー 田北真樹子/撮影:共同、AP/SANKEI EX PRESS)



関連記事

「私は日本という女性と結婚」

Category: 世界  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110083000/fbb52b3c89258566f6b38482a533a03e_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

「私は日本という女性と結婚」 ドナルド・キーン氏、永住へ帰化手続き


日本文学研究で知られる米コロンビア大名誉教授のドナルド・キーンさん(88)が日本に永住する意思を固め、日本に帰化する手続きを始めたことが15日分かった。関係者が明らかにした。関係者は「東日本大震災で大変心を痛め、被災者との連帯を示すために永住への思いが固くなったようだ」と話している。

 キーンさんは1922年、ニューヨーク生まれ。学生時代に「源氏物語」の英訳を読み、日本文化に興味を抱いた。日米開戦後は海軍情報士官として、玉砕した日本兵の遺書を翻訳したり捕虜を尋問。復員後、英ケンブリッジ大、米コロンビア大、京都大で日本文学を学んだ。「日本文学の歴史」「百代の過客」「明治天皇」などの著作で知られる。

 三島由紀夫とは京大留学中の54(昭和29)年に知り合って以来の友人で、三島作品の翻訳も行った。2008(平成20)年に文化勲章を受章した。

 松尾芭蕉の「おくのほそ道」をたどる旅をし、英訳も出版。東北大(仙台市)で半年間、講義したこともある。それだけに、被災地の状況を心配している。平泉の中尊寺は難を逃れたが、何度も訪れた松島や多賀城など芭蕉ゆかりの地は大きな打撃を受けた…。

 キーンさんはこれまで1年の半分ほどを東京都北区の自宅で過ごしてきたが、26日にコロンビア大で最終講義を迎えることもあり、日本に永住することを決めた。周囲に「日本が大好きだから」などと説明しているという。


「危機だからこそ」


 法務省は15日、震災直後の3月12日から4月8日までの4週間に日本から出国した外国人は延べ53万1000人で、このうち発生後1週間では24万4000人だったと発表した。震災発生前の1週間は14万人だった。

 震災と福島第1原発事故を受けて、各国が一時的な出国検討を勧告したり、被災地からの帰国支援を実施したことが影響した。

 NHKのインタビューに応じたキーンさんは「日本は危ないからと、(外資系の)会社が日本にいる社員を呼び戻したり、野球の外国人選手が辞めたりしているが、そういうときに、私の日本に対する信念を見せるのは意味がある」と語った。

 「私は自分の感謝のしるしとして、日本の国籍をいただきたいと思う」とし、夏までに日本国籍を取得する考えだ。

 独身を通してきたキーンさんは「私は『日本』という女性と結婚した。日本人は大変優秀な国民だ。現在は一瞬打撃を受けたが、未来は以前よりも立派になると私は信じる」と、新たな祖国になる日本の復活を信じている。


関連記事

「民主主義はカネ」

Category: 中国  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110083000/8a30959c4cd4405afb406c6a206eb799_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

中国政府が作った米人権報告書「民主主義はカネ」

米国務省が2010年版の人権報告書を発表し、中国の人権状況に深い懸念を示した。世界の190の国・地域が対象。すると、中国政府が米国に関する人権報告書を発表した。犯罪、人種、男女格差、移民など、米国社会のあらゆる問題に言及し、「他国の内政干渉はやめ、自国の状況を改善させるべきだ」と指摘した。

 米国務省は国・地域別の人権報告書を毎年、議会に提出することを義務づけられている。援助や貿易が検討された際の判断材料などとなる。あくまで国内向けの報告書だが、米国の影響力を考えると他国も無視できない。米国が「問題あり」とみなした国とは、付き合いにくいのだ。人権報告書は米国が“上から目線”で論じるような格好になる。中国はそれが気にくわない。


活動家拘束


 米国務省の人権報告書は8日に発表された。中国については、ノーベル平和賞受賞者の劉暁波(りゅうぎょうは)氏(55)が獄中にあることなどに言及し、民主化活動家らの拘束は政府への批判を沈黙させるための弾圧であると批判した。ヒラリー・クリントン国務長官(63)は記者会見で、「状況はさらに悪化しているように見える」と指摘した。

中国政府は、中東・北アフリカでの民主化要求の広がりが、中国に飛び火することを警戒している。国務省によると、活動家らの拘束は今年2月以降、顕著になっており、弁護士、作家、芸術家、知識人らが相次いで拘束された。この中には、著名な芸術家の艾(アイ)未未(ウェイウェイ)氏も含まれる。国務省の担当者は「疑いようもなく悪い状況だ」と述べた。


民主主義はカネ


 中国政府の米人権報告書は11日に発表された。米国の人権状況は次のように説明されている。

 米国では毎年5人に1人が犯罪の被害に遭う。銃規制が緩やかで、銃乱射などの凶悪事件が絶えない。有罪を押しつけられることも少なくなく、DNA鑑定により過去20年で17人の死刑囚を含む266人の冤罪(えんざい)が判明した。失業率は高く、ホームレスは増えている。白人とマイノリティー(人種的少数派)の格差、男女格差は歴然として存在する。また、移民の権利、利益は保障されない。

 米国は「民主主義の先導役」を自称しているが、その民主主義を動かしているのは金である。2010年の中間選挙には39億8000万ドル(約3380億円)を要した。利益団体が金をつぎ込むのである。また、米国はインターネットへの自由なアクセスを主張しているが、それは他国においてであって、自国では(米外交公電などをネットに流出させる)ウィキリークスをなんとかしようと躍起になっているのだ。

米国主導のアフガニスタン戦争、イラク戦争では多数の民間人の犠牲者が出た。また、米国の「テロとの戦い」には、不当な拘束と虐待の疑いがつきまとう。


人権利用の覇権主義


 引用には、AP通信やニューヨーク・タイムズ、ピュー・リサーチ・センター、国連報告書など、出典がきちんと明示されている。中国政府に指摘されなくとも知られた話ばかりだともいえる。報告書は「自国の人権状況を改善させるための具体的な行動をとるよう米国政府に助言する。人権を利用して内政干渉する覇権主義的な行為はやめるべきだ」と指摘した。

 中国政府は、中国の人権状況に懸念を表明した米国務省の報告書に反論したわけでなかった。自分のことは棚に上げて米国を攻撃した、あるいは、勝手なことをしているのはお互いさまだだと呼びかけたのである。

(編集委員 内畠嗣雅(うちはた・つぐまさ)/SANKEI EXPRESS)



関連記事

「頑張ろう・JAPAN」

Category: ブログ  

今日ボクが見た風景

ある「仮面ライダーのイラスト」がネット上で話題になっています。このイラストは、海外の方が書かれたものと推測されており、中央には仮面ライダー1号が被災した子供を抱き抱えています。

背景は日の丸でデザインされており、赤い丸には、「頑張ろう・JAPAN」との文字が。また、その子供は野球のユニフォームを着ており、背中には「1」という背番号が描かれています。


このイラストが投稿されていたのは、「Tunami 津波」というサイトで、ここではイラストレーターや漫画家の方からイラストを募っています。そして、そのイラストなどは、最終的にチャリティーオークションにかけられ、全収益はGive2Asiaへ寄付されるようです。

このイラストを見たネットユーザーからは、「かっこいい!」「泣ける」「出そう」「上手」など多くのコメントが投稿されています。

寄稿:Pouch


関連記事

« »

04 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク