FC2ブログ

今日ボクが見た風景

黙秘を続けた理由は…

Category: 事件  

黙秘を続けた理由は…暴行で死なせバラバラに、猟奇事件の意外な背景

静岡県菊川市で昨年5月、パート店員の女性が行方不明となり、その後、近くの池からビニール袋に小分けされた女性の骨が見つかった猟奇事件。静岡県警は、女性の知り合いの男を死体損壊・遺棄容疑で逮捕、起訴し、今年2月には殺人容疑で再逮捕した。だが、3月に追起訴された男の罪名は傷害致死罪。当初から全面否認を決め込んだ男の供述を突き崩せなかった。

 「証拠関係を総合し、傷害致死の事実を認定した。証拠関係は公判段階で明らかにする」。3月10日、近江吉弘被告(58)の追起訴を発表する静岡地検の森悦子次席検事は、淡々と説明してみせた。

 起訴状などによると、近江被告は昨年5月、当時住んでいた静岡県菊川市牛渕の自宅で、知り合いのパート店員、松本とし子さん=当時(62)に暴行を加え、何らかの方法でけがを負わせ死亡させたとされる。

 近江被告はすでに、昨年5~6月までの間、自宅やその周辺で松本さんの遺体を切断したり焼却したりし、一部を近くの竹やぶや同市内の池に捨てたとして、死体損壊・遺棄罪で起訴されていた。

 刑法で殺人罪は「死刑または無期もしくは3年以上の懲役」、傷害致死罪は「3年以上の有期懲役」と規定しており、両者の量刑にはかなりの落差がある。捜査当局は殺人罪での起訴を断念し、状況証拠を積み重ねて傷害致死罪を適用するほかなかった。


実際、この事件は状況証拠には事欠かなかった。近江被告が当時住んでいた菊川市内の自宅では、畳に松本さんのDNA型と一致する多量の血液が染みこんでいた。また、この家の庭からは人骨と歯が見つかっており、松本さんの歯形と一致。松本さんの名前の書かれたカードの燃えかすも見つかっていた

 県警は2月、近江被告を再逮捕した際の会見で、「遺体の状況や、大量の血痕が近江容疑者の自宅で見つかったこと、被疑者の動きを総合的に勘案した結果、殺人罪を問えると判断した」と説明していた。しかし、証拠関係を総合した地検の判断は「殺人罪には問えない」ということだった。


否認突き崩せず

 


 捜査関係者によると、近江被告は捜査当局のこれまでの調べに対し、事件についての供述を一切拒否。それどころか、「警察なんて、証拠と供述がなければ何もできないんだろ」とうそぶいていたという。

 取調室では1点を見つめたまま、何も話さない。時折、捜査員をバカにしたような薄笑いの表情を浮かべることもあったようだ。別の捜査関係者は「そういうやつなんだ」と、事件の解明が進まない状況に怒りをあらわにしていた。県警からは「黙秘しさえすれば、誰もが重罪に問われなくなるのか、との声が上がる可能性もある」と、危惧する声も出ている。


事件について供述しない近江被告の取り調べで、殺意を認定できなかったことで、結果として「供述がなければ警察は何もできない」という近江容疑者の言葉を覆せなかった形に見える。

 県警幹部は「やっていないなら、やっていないと話さないと、無罪にはならないし、不利になるのは目にみえている」とはいうものの、「弁護士がどう出てくるか、裁判員がこの事件をどう判断するか、まったく予測がつかない」と、裁判員裁判を見据えて不安材料は多い。

 そもそも動機も解明できていない。捜査関係者の話を総合すると、近江被告は、松本さんが行方不明となる直前の3月下旬から4月中旬にかけて、松本さん方に同居。夫は行方不明になった際、「(関与は)近江ではないか」などと話したとされる。

 だが、「2人に交際関係もなく、金銭トラブルもなかった」(捜査関係者)ため、殺害動機についてはいまだ分からずじまい。肝心の本人の供述もまったく得られないままでの、起訴となったようだ。

 動機も殺害方法も、死体損壊に至る経緯なども明らかになっていない猟奇事件。状況証拠しかない中で、捜査当局が提起した起訴事実をどこまで認めるのか。注目の裁判員裁判となりそうだ。




充分、証拠揃ってると思うが。これじゃ犯罪天国だな。
関連記事
スポンサーサイト



「中国で肉の摂取は控えて」 独機関

Category: ブログ  

独機関「中国で肉の摂取は控えて」 ドーピング検査で陽性の恐れ

ドイツの反ドーピング機関NADAは、中国で流通している肉を食べると検査で陽性反応が出る恐れがあるため、遠征する選手らに同国では肉の摂取を控えるよう要請した。

 NADAは中国とメキシコでは、ドーピングや薬物検査で陽性反応が出るリスクが高いとする報告書を発表。動物の筋肉量を増加させる効果がある禁止薬物のクレンブテロールを摂取する危険性を指摘した。

 一方、中国アンチ・ドーピング機構のZhao Jian氏は、英字紙チャイナ・デイリーに対し、ドイツが行った措置は過剰反応だと反論。「外国人選手には、中国で提供される料理の質が保証されている」と主張した。

 また同氏は「大きなスポーツ大会のために仕入れられる材料はすべて、綿密な検査が行われている。中国国内の選手も心配することはない。国内のトレーニングセンターで出される料理に対しても同様の検査が実施されている」と強調した。

 同機構によると、毎年ランダムに抽出した選手1500人を対象に薬物検査を実施しているが、陽性反応が出るのはまれだという。

 Jian氏は、違法添加物を使用しているディーラーの存在を認め、食肉にその物質が含まれていることもあり得るとしながらも、「このことが薬物検査の陽性反応につながる可能性は極めて低い」と述べた。(ロイター)





関連記事

中国人の男が米国で軍隊詐欺

Category: 中国  

2011.4.17


中国人の男が米国で軍隊詐欺、市民権えさに100人以上入隊

米警察当局は12日、架空の軍隊を作り、入隊すれば米国の市民権への道が開かれると移民を勧誘していた中国人の男を、詐欺の疑いで逮捕した。

 ロサンゼルス地区検察局によると、Yupeng Deng容疑者(51)は「米国陸軍特殊部隊予備役(MSFR)」と名付けた架空の軍隊を作り出し、中国出身者100人以上を勧誘したうえで、入隊料として300-450ドル(約2万5000-3万8000円)を支払わせていた。

 入隊した「隊員」たちには制服を与え、ロサンゼルス郊外で行進させたほか、サンディエゴ空母博物館にも連れて行ったという。

 また、勧誘する際に偽の書類や身分証明証も渡しており、公文書偽造などの罪にも問われ、有罪となれば禁錮8年の刑が科されることになる。(ロイター)





関連記事

世界を欺いた中国

Category: 中国  

2011.4.17


世界を欺いた中国の美少女フィギュアスケート選手たち


国際大会の銀盤で華麗に舞う中国の著名フィギュアスケート選手らが、年齢を詐称して出場資格を手にしていた疑惑が浮上している。中国スケート協会では「大会出場時の年齢が正しく、協会のサイトで公表していた情報は誤り」などと釈明に追われたが、中国メディアは「年齢詐称は中国スポーツ界の公然の秘密」と断じ、多くの選手が偽造の身分証を持ち、年齢を偽っている実態を暴露。国際スケート連盟(ISU)や国際オリンピック委員会(IOC)も事態を重視しており、今後も波紋は広がりそうだ。(吉村剛史)


食い違う生年月日

 


 年齢詐称疑惑が浮上したのは、昨年12月に北京で行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルでペア銅メダルに輝いた女子のホープ、隋文静選手ら中国の9選手。AP通信が今年2月になって報じた。

 ISUでは、シニア大会への出場資格を、五輪・世界選手権に関しては当該シーズン前の7月に満15歳以上、他の大会については14歳以上と定めており、トリノ五輪では日本の浅田真央選手が、ISUの規定に87日不足したため、出場権を逃している。

 しかし、中国スケート協会の公式サイトで公表されていた隋文静選手の生年月日は1997年5月7日で、昨年7月の時点では満13歳のはずだった。

 同様に、ジュニア大会は、13歳から19歳(男女シングル、ペアの女子)または21歳(ペアの男子)までとの規定だが、やはり中国スケート協会とISUに示された生年が違っていた2006年のトリノ五輪ペア銀メダリスト、男子・張丹、女子・張昊の両選手についても疑惑は浮上。


協会のサイトで1987年10月4日生まれとされる張丹選手は、2002年のソルトレーク冬季五輪の、また1982年2月6日生まれとされる張昊は、優勝した2003年の世界ジュニア選手権の出場資格から外れていたかっこうだ。

 今回はこのほかにも、隋文静選手のペアの相手で、1989年3月と、92年8月の、2つの生年月日が公表されていた男子の韓聡選手など、女子シングル、男女ペア、ペア男子の6選手の名前が浮上している。

 中国スケート協会では新華社通信を通じ、「張丹、張昊両選手は国際大会に出場時の年齢が本当で、中国スケート協会のサイトで公表していた情報は誤り」「地方の大会主催者から送られてきた資料や報告、また協会のチェック作業のミスにより、誤りがあった」などと釈明に追われた。


実はお家芸?

 


 こうした中国のアスリートの年齢詐称疑惑は、フィギュアスケート以外でも枚挙にいとまない。

 2008年の北京五輪開催時には、米紙「ニューヨーク・タイムズ」が、体操女子団体総合で金メダルを獲得した中国の2選手に対し、「出場資格の16歳に満たない満14歳だった」との疑惑を報じた。

 その際、中国国家体育総局体操管理センターの担当部長は「全選手とも身分証、戸籍を確認して代表登録しており、間違いはありえない」「外国メディアの報道をもとに、いちいち調査する暇はない」と突っぱねている。

 しかし昨年2月には、00年のシドニー五輪の女子団体総合で銅メダルを獲得した中国の女子体操選手が生年を偽り、規定の16歳に満たない14歳で出場していたことが、国際体操連盟(FIG)の調査で判明。


同体操管理センターでは「個人の行為だ」と切り捨てたが、指摘を受けたIOCが同年4月に中国のメダルを剥奪(はくだつ)し、競技から10年を経て、当時4位だった米国チームを繰り上げ銅メダルとする異例の事態となった。

 また年齢詐称ではないものの、07年12月には、同年10月の北京国際マラソンの際、タイムを計測するチップを他人の分もつけて走る替え玉ランナーが20人もいたことが、中国陸上協会の発表で発覚。

 うち北京体育大学の男子選手は、女子選手のチップをつけて走ったため、一時フルマラソン女子の部の公式記録1位として公表されるなどの失態が生じ、北京五輪を翌年にひかえ、世界中から中国のスポーツ大会運営能力に対し疑問符が突きつけられた。


開き直り?

 


 このためか、今回の疑惑噴出では、新華社をはじめ、各中国メディアも関連ニュースを多数取り上げ、「(中国では)こんなことはニュースであってニュースではない」「詐称は中国スポーツ界の公然の秘密」などと断じ、多くの選手が複数の身分証を所持して年齢を偽っている実態を暴露している。

 実際、偽ブランド品など海賊版がまかり通る中国では、身分証の偽造なども容易で、上海紙「青年報」(電子版)は、1988年生まれの本来の身分証と、3歳下に偽るための偽造の91年生まれの2枚の身分証を所持しているというスポーツ選手に匿名でインタビュー取材した「中国運動員口述実録」と題する独自インタビュー記事を掲載。


「うちのチームの選手は年齢を変えてない人は1人もいない」などとする選手の証言を紹介し、将来の国際大会の出場などで有利にはたらくよう、7~8歳のころにコーチに頼み、2~4歳程度を偽る手口などを解き明かしている。

 08年の北京五輪閉幕時は、世界最多の50個の金メダルを獲得し、銀21個、銅28個を加えたメダル獲得総数でも、米国に次ぐ世界第2位に輝いたとして大いに国威を発揚した中国だが、今後はこうした過去の栄光に対しても、世界の厳しい疑惑の視線が向けられそうだ。




関連記事

非常事態規定がないに等しい現憲法の欠陥?

Category: ブログ  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110083000/7b2710a5dae2bf95b95878a2a2926a3c_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

そらあんた、日本国憲法は日本のためのもんだから
よその国の人が権限持ったとしても使いこなすことは出来ないんですよwww

そう云う魔法がかかっているんですwww
日本が認めない人の手に日本を委ねているうちは
日本の身震いは止まりませんよ


関連記事

良い傾向です!震災直後のノーCM放送

Category: ブログ  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110083000/d5ee8fbffceeb0cf82610fcf72dfb9ba_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

ゴールデンタイムに流されるパチンコ、パチスロのCM
なんの人気なのか気がつけば創価会員芸能人のオンパレード
知的でない下世話おチャラケお笑い番組
かと思えば韓国ドラマ・・・

いらねーっつの

汚染放送局なんぞ潰れてしまえ

韓国、中国に関連した番組は全部スイッチ切ってます

観ません 

もう一度言います

観ません
関連記事

【帰国事業】【再開しよう!】

Category: 韓国・朝鮮  





自民党から共産党まで

朝日新聞から産経新聞まで

大賛成したのが帰国事業だった

反対していたのは韓国民団と

赤尾敏総裁率いる大日本愛国党くらいだった









1959年当時、日本は韓国とも国交がない状態(国交正常化は1965年)。
当時、北朝鮮は産業が急成長する「地上の楽園」、韓国は「軍事独裁国家」というイメージだった。
韓国と北朝鮮は朝鮮戦争停戦中という状態。
日本国内でも、民団(韓国)と総連(北朝鮮)が対立し、北側は「北朝鮮に帰る!」と帰国を推進、南側は「日本政府による在日朝鮮人を追放する策略だ!」と叫び反対。

0′45″~ 当時も今も、北朝鮮とは国交がないので、日本赤十字社と朝鮮赤十字会がカルカッタにて交渉・調印。

1′28″~ 1959年12月14日、第1次帰国船が新潟港を出港する様子。

3′11″~ 日本の在日のほとんどが、南朝鮮の出身。それが敵国である共産主義の北朝鮮へ帰国させるとは何事だ!と反対。

3′28″~ 韓国は「李承晩ライン」を勝手に引き、日本の漁船を次々と臨検・拿捕し、さらには銃撃し殺害する事件も起こった。その抑留された漁師の家族達の悲痛の訴え。

9′28″~ 北朝鮮は、日本の出先機関である朝鮮総連を利用して、北はこんなに復興した。帰ってくれば、仕事も住む所も保障すると盛んに帰国を煽った。日本国内に住んでいた在日朝鮮人­はそれを信じ、日本での土地・財産を総連に全て寄付し、北へ帰って行った。そうすれば北での生活は保障すると騙されて。そこが「地上の楽園」ではなく、「地獄」だと知らず­・・。

※ちなみに、北朝鮮への帰国船の費用は北朝鮮が負担。一方、韓国も北朝鮮に対抗して、韓国への帰国事業を進めようとしたが、帰国や定住に関わる費用を日本に負担するよう求­めたため、実現しなかった。






昔から、日本国内で、彼等自身の勢力争い・・・

帰れなかったのは日本のせいですか?

んで、今はこれ ↓



【世界最劣悪】不法移民の末裔【在日朝鮮韓国人】




在日特権を手に入れ
日本人に「帰れ」と言う

間違っていませんか?
だからあなたたち世界中で嫌われるんですよ

あなた方の主張する可哀想な歴史も
あなた方の同民族による争いがあったからです

なんでもかんでも日本のせいにしないで頂きたい

迷惑です こんな バカ↓











息子さんとは仲良くなれそうですw

関連記事

在日朝鮮人強制連行のウソを論破

Category: ブログ  
高市早苗氏 在日朝鮮人強制連行のウソを論破 平成22年3月10日1




なんにも答えられない民主党
なぜなら

そもそも 経緯も何も
まるで歴史的根拠が無いからw
関連記事

竹島への異常な執着心  捏造大韓国

Category: ブログ  
朝鮮人から金もらってるTV局


関連記事

天安門

Category: ブログ  


「NHKの「クローズアップ現代」とい­う番組で国谷裕子­アナウンサーが
「ひとりの犠牲者もなく平和的に­終結し天安門で­は一切虐殺は無かった」
との驚くべき報道をしていた事件ですね

ほんとだ だれも しんでないね
とても へいわ だね


日本も息­を吐くように平気でウソを吐く国に成り下がったのですね





ウイグル、チベット、ベトナム、
日本に対して元寇、中国の歴史は­殺戮の歴史
関連記事

米国は中国人朝鮮人が核をもっても日本人だけは絶対ダメ

Category: ブログ  

関連記事

【嘘字幕】ドイツのテレビが中国の尖閣侵略抗議・渋谷デモを【MAD】

Category: ブログ  

関連記事

« »

04 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク