FC2ブログ

今日ボクが見た風景

民主党 外国人参政権付与計画に込めた思いは「強固な日中同盟」

Category: 政治  

2009年の政権交代で強大な権力を手にした時点で、民主党はどこへ向かおうとしていたのか。

小沢一郎氏は何を目論んでいたのか。

高崎経済大学教授の八木秀次氏が警鐘を鳴らしていた。

以下、八木氏の談。(SAPIO 2010年2月10日号より)


 選挙は小沢にとって自らが権力を握るための手段でしかない。

そのためなら何でもする。どんなことでも言う。マニフェストの中身はどうでもよい。
 
 最近、小沢や側近は日米中の正三角形の関係ということを言い始めた。

普天間基地の移設問題で日米関係がギクシャクしている最中に600人以上を引き連れて訪中し、天皇陛下と習国家副主席との特例会見も実現させた。
 
 そんな中で小沢側近の山岡賢次国対委員長は「日米関係が基地問題で若干ギクシャクしているのは事実だ。そのためにもまず、日中関係を強固にし、正三角形が築けるよう米国の問題を解決していくのが現実的プロセスだと思っている」と発言している。これは京都大学教授の中西輝政氏も指摘しているように、米国とも中国とも友好関係を築いていこうという意味ではなく、日中関係を強固にしてアメリカに対峙するということであり、日米同盟から日中同盟へのシフトチェンジを意味している。
 
 そしてこの状況下で

マニフェストにも書かれていない

永住外国人参政権付与法案の通常国会提出だ。


永住外国人問題の本質は現在では、特別永住権を持ち本国への帰属意識の希薄な在日韓国・朝鮮人問題から、一般永住権を持ち本国への帰属意識の強い在日中国人問題にシフトしている。
 
 要するに

中国国籍の人々に日本の地方行政を左右する参政権を付与するということだが、次には被選挙権付与や国政の参政権付与が控えている。


民主党政権の成立によって、“日中同盟”に加えて

中国人が日本の主権に関与する事態が訪れているのだ。


関連記事
スポンサーサイト



中国での反日デモに参加する若者は“江沢民の子供たち”

Category: 中国  
簡単に数千人もの若者が集まり、日本に対する憎悪の炎を燃やす反日世代(20代)「憤青」(フェンチン)。彼らは、どうやって育成されたのか。なぜ、今回こうも多くの若者がデモに参加したのか?

 中国出身の評論家、石平氏はこういう。「今回のデモの主役は、一人っ子政策が敷かれた1980年代以降に生まれた『80后(バーリンホウ)』です。甘やかされ、何不自由なく育った80后は、反日教育を強く刷り込まれた世代でもある。その反日教育を国策として主導したのが、1993年に国家主席となった江沢民であり、80后を反日に染め上げたのです」(石平氏)

 1970年代末、当時の最高実力者、鄧小平が改革開放政策へ舵を切ったことで、中国社会には経済格差が広がり、地方では農民暴動が頻発していった。同時に政治的な自由を求める声が高まった。それが民主化運動、そして天安門事件へつながっていったわけだが、民主化運動を弾圧して壊滅させた“功績”が認められ、国家主席にまで昇りつめたのが江沢民前国家主席である。

「江沢民は日本を仮想敵に据えた。『日本が再び中国侵略を企てている。その侵略から国を守るのが中国共産党だ』という考えを刷り込んだ。国民の求心力を保つため日本憎しの共通意識が必要とされたのです」(石平氏)

 つまり、“江沢民の子供たち”とも呼べるのが、今、反日デモで怒りの声をあげている若者たちなのだ。


※週刊ポスト2010年11月12日号


関連記事

日本は叩いてもニコニコ 中国国民の「反日洗脳」は簡単と識者

Category: 中国  

日本への憎しみだけを教育されて育った世代。それがいま、中国で「反日」を叫ぶ若者たちだ。1990年代初頭、江沢民政権が始めた「反日教育」は思惑どおり、国民の隅々までに行き渡った。いまや「反日カード」は共産党政権維持のために欠かせないものとなった。評論家、石平氏が体験的反日キャンペーンを語る。


******************************


 反日教育をもって、江沢民は何をめざしていたのか。

 ひとつは、国民に対して日本人への憎しみを植え付けること。そして、日本は軍国主義を復活させて中国を侵略する危険性があるから、共産党の指導の下で一致団結して日本の軍国主義の復活を阻止、日本からの再びの侵略に対抗しなければならない、という思想の刷り込みである。

 江沢民の反日教育は、天安門事件によって、党と政府に向けられた国民の憎しみの感情をそらし、失墜した党の威信を取り戻すためだった。事件以来、江沢民が直面した大きな課題は、共産党の一党独裁の正当性をどう主張するかということだった。

 日本はその課題を解決する格好の対象だったのである。歴史的にも憎しみを煽る物語を作りやすい。国家としても適度に大きく、距離的にも近いから国民も実感しやすい。何より、日本という国はいくら叩いてもニコニコするだけで、外交的にも反抗しない。

 中国で国民を洗脳するのは簡単なことである。中国共産党には国内のメディアをすべて掌握する中央宣伝部がある。すべてのメディアが中央宣伝部の方針に従うのだ。

 もちろん「反日キャンペーンをせよ」という方針を出すのではない。「軍国主義が行なった犯罪を強調し、国民の愛国主義を高めるように」との方針が伝達される。同時にやってはいけないことの指示も出される。この場合は日本を弁護する情報は一切出してはならないという指示である。

 日本人の残虐性ばかりを見聞させられる国民が、日本人を憎むようになるのは当然といえば、当然だ。このような反日教育は90年代初期からいま現在まで続いており、「歴史問題」や「戦争犯罪」に対する宣伝・教育は何も変わっていない。


※SAPIO2010年11月24日号


関連記事

「抗日戦争」授業で中国教師は泣き崩れ子供は教科書投げつける

Category: 中国  

日本への憎しみだけを教育されて育った世代。それがいま、中国で「反日」を叫ぶ若者たちだ。1990年代初頭、江沢民政権が始めた「反日教育」は思惑どおり、国民の隅々までに行き渡った。いまや「反日カード」は共産党政権維持のために欠かせないものとなった。評論家、石平氏が体験的反日キャンペーンを語る。


******************************


私が留学のため来日したのは1988年。その翌年、天安門事件が起こり、多くの学生が亡くなった。私は日本で抗議活動をしていたために、しばらく中国に帰ることができなかった。

ようやく帰国できたのは、事件発生から3年後の1992年だった。久しぶりに帰国した祖国の雰囲気は一変していた。日本に対する認識、あるいは感情的なものが80年代のものとは全く別のものとなっていたのだ。一般の民衆も大学生も、そしてかつて一緒に民主化運動を闘った友人たちも一斉に「反日」になっていた。

私は教科書や出版物、新聞記事、抗日戦争を題材にしたテレビ、映画すべてを確認した。江沢民政権はメディアを総動員して、中国的に言えば「全方位的」な反日教育を行なっていたのだ。

日本人は、ひたすら残虐な行為をする存在として描かれ、観客の憎しみの感情を喚起、煽動する。

現在、中国全土で50を超す「抗日記念館」がつくられ始めたのもこの頃だ。そのほとんどで日本軍にむごたらしく殺された中国人の蠟人形や絵画を展示しており、学生たちはそこで学ぶ。

学校の授業ではどうか。「抗日戦争」を教える時、教師は日本軍の残虐な行為を涙ながらに語り、果ては泣き崩れる。すると子供たちも泣き叫び、興奮して教科書を投げつけたり、机をひっくり返すというような集団ヒステリー状態になる。

たとえば、南京大虐殺について中国の教科書は「日本軍は南京占領後、南京人民に対し、血なまぐさい大虐殺を行ない、驚くべき大罪を犯した。〈中略〉戦後の極東国際軍事裁判によれば、南京占領後6週間以内に、武器を持たない中国の国民30万人以上を虐殺した」とある。これを読んで教師は泣きながら子供たちに説明を加えるというわけだ。

実は、教師には日本を恨むよう子供に感情的に訴える「中国歴史・教師用指導書」というマニュアルが配布されている。最近ではDVD化されているようだが、そこには、教師が「人殺しをするわ、放火をするわ、凶悪の限りだ」と叫び、子供たちに復唱させる場面もあった。抗日戦争の犠牲者数を2000万から3500万人と発表したのも江沢民だった。


※SAPIO2010年11月24日号


関連記事

南京事件 人口20万人だったが「虐殺数30万人」と中国教科書

Category: 中国  
一人っ子政策が敷かれた1980年代以降に生まれた『80后(バーリンホウ)』。甘やかされ、何不自由なく育った80后は、反日教育を強く刷り込まれた世代でもある。80后の若者は約2億人とされているが、では、実際に彼らはどのような反日教育を受けてきたのか。

『韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する』(小学館文庫)の著者で、明星大学戦後教育史研究センターの勝岡寛次氏によれば、中国の中学校用の歴史教科書は日本人にとっては驚愕するような内容だという。

 80后が学んだ教科書『中国歴史』(人民教育出版社)の日本に関する記述は、近代以前と以降で姿勢ががらりと変わる。近代以前は中国に対して日本が朝貢する主従関係だったことが繰り返し強調され、元寇など中国が加担した侵略戦争がなかったことにされている。近現代史の記述になると、日本は悪逆非道の国として描かれていく。

 プロパガンダの極めつけは、南京事件である。

〈日本軍は南京占領後、南京人民に対し、血なまぐさい大虐殺を行ない、驚くべき大罪を犯した。(中略)戦後の極東国際軍事裁判によれば、南京占領後6週間以内に、武器を持たない中国の国民30万人以上を虐殺した、とのことである〉

「いわゆる東京裁判の判決に記されている数字は著しく根拠が薄弱ですが、史実として『東京裁判の判決』を記すのであれば正確には『20万人以上』です。『30万人以上』は勝手な水増し。

 そもそも当時の南京市の人口は約20万人で、それ以上の数をどう殺したのか。しかも東中野修道氏(亜細亜大学教授)の『「南京虐殺」の徹底検証』によれば、南京陥落の翌年、1938年の年末には南京市の人口は44万人に膨れ上がっている。なぜ中国人はわざわざ南京に集まってきたのか。治安の確保された安全地帯だったからではないのでしょうか」(勝岡氏)


※週刊ポスト2010年11月12日号


関連記事

「北海道産ビスケット」や「富士山」の商標 所有は中国人

Category: 中国  

北京の遊園地で踊る痩せたミッキーマウスやゆがんだ顔のドラえもん。

露店などで堂々と売られるブランドバッグのコピー商品。

そんな印象から中国を単なる「パクリ大国」と思っている読者も多いだろう。


しかし、事態はさらに深刻化している。


中国を相手にした知的財産権問題は「新たな局面」に入ってきた。

ジャーナリストの中島恵氏が報告する。


******************************


 すでに「北海道」「愛知」などの都道府県名のほか、

「秋葉原」「博多」などの地名も中国での「冒認出願」が確認されている。

それによって、日本の地名を使った商品が出回ることになる。


 冒認出願とは日本企業や日本の農産品などの商標が、第三者によって先に出願・登録されてしまうこと。

中国の商標法では先に出願した者に商標権を与える「先願主義」を採用しているため、

こうした問題が起きている
 
 例えば、「北海道産ビスケット」は中国で売られているマレーシア産のものだ。

地名の一部は出願の公告期間中だったため地方自治体などが異議申し立てを行なっているが、

「富士山」などすでに正式に登録されたケースもある。


※SAPIO2010年11月10日号




関連記事

「日本は腐っても鯛」だから中国は日本の土地不動産買い漁る

Category: 中国  

最近、中国では「反日」機運が高まっているが、その一方で、中国人による「日本買い」が広がっている。

中でも日本の土地・不動産の買い漁りは激しく、ノンフィクション作家の河添恵子氏は今こそ法規制が急務だと主張する。


******************************


 なぜ今、中国人は「日本買い」に邁進しているのか?

 中国には「狡兎三窟」(こうとさんくつ)という言葉がある。「ずる賢いウサギは3つの逃げ場を用意している」という意味だが、昨今の富裕層の資産管理も然り。資産は現金や預金だけでなく不動産や有価証券など3つ以上に分散する。不動産も国内、海外数か所と幾つも持ちたがる。「愛国」を表看板で掲げつつも、共産党政府系の人間を含め、政府・他者を信用していないことが根底にある。

 しかも中国国内では土地の所有は認められておらず、借地権のみ。なにより環境が劣悪で、食材にも不安があるという中で、リスク分散、投機目的、新たな利権確保のひとつとして「日本買い」がある。皮肉なことに、日本人にとっては経済の低迷続きで「不安」な日本も、中国人にとっては〝腐っても鯛〟高値安定の優良物件なのだ。

 そうした現実に対して日本政府はあまりにスキだらけだ。

 例えば、外国人土地法という法律がある(大正14年に制定)。その第4条には、「国防上必要ナル地区ニ於テハ勅令ヲ以テ外国人又ハ外国法人ノ土地ニ関スル権利ノ取得ニ付禁止ヲ為シ又ハ条件若ハ制限ヲ附スルコトヲ得」とある。だが、この法律自体が、現在は形骸化している。

 2008年頃から、長崎県・対馬での韓国資本による土地取得が問題になったのを機に、同法が注目された。当時、政府はこの法律の活用を見送る答弁を行なったが、むしろ同法を強化して、例えば国防上の拠点や北海道の水源地など国民の安全・安心にかかわる土地の場合、外国人に対しては借地権に限定したり、取得数と面積、場所の制限を設けたり、不動産取得税の税率を大幅に上げるといった対策が急務ではないだろうか。

 実際、北海道の町村では、外国資本による「水源狙い」の土地取得に用地買収で対抗したり、条例によって開発・土地取引を規制する動きも広がっている。


※SAPIO2010年11月10日号


関連記事

世界中で犯罪犯す中国人 アルゼンチンでは「中国人に注意」

Category: 中国  

中国人不法移民が大量に溢れ出ている。溢れ出る先は日本や韓国など近隣のアジア諸国にとどまらず、南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアと、地球の隅々にまで及ぶ。彼らの多くが密航や偽造パスポート、なりすましなどで不法に相手国に入国し、行く先々で文化衝突を繰り返し、犯罪を撒き散らしていると評論家、黄文雄氏が警告する。


* * *


来日外国人の犯罪の中で、中国人の検挙件数が突出しているのは周知の事実だ。「2010年警察白書」によると、2009年の中国人の検挙件数は1万2572件(全外国人の45.2%)、検挙人員は4812人(同36.3%)にのぼる。

こうした傾向は日本に限ったことではない。韓国でも、2009年に検挙された外国人犯罪者は2万3344人で、前年に比べると13.2%増加し、国籍別に見ると中国人が1万3427人で実に57.5%を占めた。同国に就労目的で不法滞在する中国人は8万人超。昨年10月にはイタリアの豪華客船で済州島を訪れた中国人ツアー客が集団失踪するという事件も起きている。

一方、移民大国アメリカに密入国する中国人は年間約50万人と推定される。2010年1月のハイチ大地震の際、現地に滞在中の数百人の中国人の安全が懸念されると報じられたが、彼らは中南米に潜行している不法入国者で、最終目的地は北米大都市のチャイナタウンだった。

そのチャイナタウンで最も規模が大きいのがニューヨークとサンフランシスコだ。ここでは中国人による抗争、恐喝、暗殺、殺人事件が頻発しており、サンフランシスコでは2008年1月、10件、100人規模の中国人売春組織が摘発された。チャイナマフィアはイタリア系マフィアにとって代わる存在になりつつある。

南米にもチャイナマフィアの勢力は拡大しており、中国移民の巻き起こす凶悪犯罪が後を絶たない。南米のチャイナマフィアのボスはブラジルのサンパウロを拠点とし、毎年年末になると、みかじめ料を要求する。払わないと店を壊されたり、店主が殺されたりする。その勢力は国境を越え、たとえばペルーのリマにある2万~3万軒の中華料理店も取り立ての対象になっていると聞いた。

またアルゼンチンには台湾系の移住者が3万人から5万人いたが、マフィアの過酷な取り立てに耐えられず北米に逃亡、残っているのは1万人ほどだ。数年前にブエノスアイレスの貴金属店に立ち寄ったことがあるが、店内にはカービン銃が置いてあり、「中国人に注意」と書かれた紙が張られていた。


※SAPIO2011年2月9日・16日号




関連記事

中国人観光客向け偽装ビジネスに「偽装日本人風俗嬢」登場

Category: 中国  

日本政府は2016年に中国人2000万人の来日を期待し、

年収85万円程度の〈中間層〉までビザ発給の幅を広げた。


しかし現在、免税店などを筆頭に、日本で騙される被害に遭う中国人観光客が増えている。

中国の旅行会社、免税店、ガイドが結託してそれぞれリベートを得る仕組みができているおり、

ことに、松阪牛、蟹、ふぐなどの高級食材で、騙しが頻発しているのだ。


 そして驚くべきことに、「偽装」は「偽日本風俗店」まで生んでいる。

 店から「絶対中国語を話してはいけない」と厳命された女が、中国男の宿泊先に派遣される。

男は、日本の女を抱いて喜んだ。だが帰国後、周りの話で幻想が壊れる。

女は在日の中国人だったという例もあるのだ。
 
 中国人観光客の間では、こんなケースさえ発生している。

 現在中国では、地元の旅行会社が主催する10万円以下の格安ツアーが人気を集めている。

しかし、失望落胆、疲労困憊して帰国する中国観光客も珍しくないという。


※週刊ポスト2010年10月1日号




関連記事

« »

02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク