今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代中国の現実

Category: ブログ  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110066000/9370f4f91a840cbf76680134395eb5ae_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js
関連記事
スポンサーサイト

朝鮮学校へ補助金交付、神奈川県はまった術中

Category: ブログ  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110066000/f75e5dc49ebf52482376c2f0db31bb8d_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js




バカである
関連記事

死刑制度

Category: 事件  


この議論の中で答えは出ていますね

人間には報復の精神があります

殺された人間は殺した人間を恨みます当然です

死刑廃止論者は
「報復はしてはいけない、殺人者を殺しても新たな被害者を法律が生み出すだけだ」

では、死刑が廃止され殺人者本人が法律で守られた場合
殺された側の報復は殺人を行った本人の親族や近親者にまで及ぶ可能性を生み出します

そして、その二次的な報復を果たした敵討ち殺人者は法律で守られ又生き続け

二次的敵討ち殺人の被害者は又加害者への報復(三次的殺人)を考えるようになるのです

つまり、死刑制度とは
それらに関係する総ての親族の報復スパイラルの切断の意味が強く

社会秩序を保つ為には不可欠なのです


人間の心理(真理)です
決して面目や理想論だけでは片付けられません

えせ人道家の発言は大人ですね~といっときますが

同時に何かに目隠しされ本当の事を云えない立場の方々なのですね
お気の毒に・・・と申し上げさせていただきます
関連記事

「死んでも中国人になりたくない」

Category: 中国  



嘘吐きには「黙れ嘘吐き」で正解
関連記事

中国 レアアース汚染――がん患者急増

Category: 中国  


 平安時代に遣唐使が廃止されたことは象徴的なことです。 「もはや中国に学ぶべき事はない。」ということは千年前に知られ­ていました。 欧州のの征服政策に危機感を持った日本が連帯を願うべく交渉した­中国も朝鮮もどう形容しましょうか。。

現代的に言えば、 「中国や、播かずため込むODA,,,」、字余り。。。 文化は互いに尊敬し、伝播しあうべきものです。

中華思想など、そもそも傲慢な独りよがりです。



清が没落するとモンゴルは独立、そしてロシア側と日本側に割れる­。内モンゴル自治区と呼ばれているのは日本側モンゴルだった地域­。日本敗戦の災禍はいまだ続いている。


中国がモンゴルをどう扱っているかが分かる。決して同胞とは見て­いない。もっとも中国は10%の市民と90%の奴隷でできている­国。貧富の格差なんて生易しいもんではない。中国人が中国人を奴­隷としてしまう。





なるほど・・・
関連記事

木更津に「中華街?」 

Category: 日本の病原  

中国の土地買収深刻 ニッポンの無警戒さ浮き彫り


全国各地で中国系資本など外資による土地買収が深刻な状態になっている。水源地や森林だけでなく、中国資本は企業を買収して「中華街」のような街を作ったり、中国領事館が市中心部の広大な土地を買収しようとしたケースもある。背景には、経済成長著しい中国に期待する地方の疲弊があるが、中国の席巻によって危惧される景観や治安といった面への警戒感は伝わってこない。

そびえたつ「中華門」

 千葉県木更津市の中心街に6年前、中華街を思わせる巨大な「中華門」がそびえ立った。地元住民からは「中華街を作るのか」といった声が聞かれた。

 「中華門」の所有者は、中国資本に買収された老舗ホテル。このホテルには中国人向けの送迎バスが発着し、旧正月となる2月の予約も既に埋まっているという。

 木更津市は平成16年、水越勇雄市長自らが訪中し、観光PRの「トップセールス」を行った。「手をこまねいていてはいけないと考えた」と水越市長。これを契機に中国からの進出が加速した。

 同市の中国人宿泊客は右肩上がりに増加。ホテルを対象に、中国人宿泊客を取り込むための勉強会も行われている。

今日ボクが見た風景

千葉県木更津市のホテルにそびえ立つ「中華門」(宇都宮尚志撮影)

2つの「中国問題」

 新潟市でも、総領事館の移転問題と中華街構想という2つの「中国問題」が持ち上がっている。

 新潟市の中国領事館は新潟市が県と連携し、昨年6月に誘致した。当初、総領事館は市中心部のオフィスビル。しかし、わずか2カ月後の8月に、中国側は移転先として、市立小学校跡地約1万5千平方メートルの売却を市に打診してきた。

 市側は地元への十分な説明がないまま、予定地の測量に着手。住民感情が悪化した上、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件なども発生し、住民の反発が高まった。

 10月に総領事館は突然、別のビルに移転。11月中旬、市は中国側に「住民の理解なしに売却はできない」と伝え、跡地の売却話は凍結したままだ。

 名古屋市でも中国総領事館が中心部の国有地の購入を計画。周辺住民の反対でストップするなど、同種の“事件”が起きている。


「池袋化」の懸念

 「新潟にチャイナタウンを作ってはどうか」

 新潟市の中華街構想は、昨年7月、総領事館の開設を記念した地元メディアによる王華総領事と泉田裕彦新潟県知事らの対談の席上、王総領事から持ちかけられた。

 泉田知事は「世界に誇れる中華街があれば新潟の宝物が増える。魅力的な構想だ」と前向きに回答した。

 現在、衰退著しい中心商店街が誘致に名乗りを上げているが、「新潟が(中国人が大量に流入した)東京・池袋のようになる恐れがある」(住民)と、地元には景観や治安上の懸念がくすぶっている。

 今や地方都市は中心市街地や商店街が“シャッター通り”と化し、経済の疲弊は深刻だ。中国の浸透の背景には、衰退する地方が中国の進出に飛びつく構図が垣間見える。木更津市の水越市長は「中国人観光客は驚くほどお金を落としてくれる。不安は感じていない」と話す。

 ただ、景観や治安の面から無警戒な進出を危惧する声もある。任期中の平成18年に仙台市内で進んでいた「中華街構想」を撤退させた当時の市長、梅原克彦氏は「地方の首長や議員の問題意識の欠如は深刻な問題だ。市民にとって本当に大切なのは街の安全や景観。目先の利益に目がくらんでいる」と警告する。


関連記事

どん管内閣

Category: ブログ  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110064000/eaad91cb4844c4d3a7716001f7aab04f_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js
関連記事

蒟蒻畑を製造中止にした人達

Category: 日本の病原  

関連記事

朝鮮人と呼ばれて不快感を示す趙春花さん

Category: 日本の病原  

関連記事

TVに出ている中国人工作員

Category: 日本の病原  

関連記事

「外国人参政権」市民投票条例案に抗議殺到

Category: 危険な法案  

事実上の「外国人参政権」市民投票条例案に抗議殺到 奈良・生駒

 奈良県生駒市が、市政の重要事項について市民の意思を直接問う「市民投票条例案」を、定住外国人にも投票権を付与する形で成立を目指していることが7日、分かった。成立すれば事実上の「外国人地方参政権が認められることになる。同市は「あくまで民意を確認する手段で、参政権という認識ではない」としているが、市には電話やメールなどで1500件以上の苦情や抗議が殺到したといい、論議を呼んでいる。


専門家「違憲、姿なき浸透を許してしまう」


 同市の条例案は、投票資格者の6分の1以上の署名が集まれば、市長に対し市政の重要事項の是非をめぐる市民投票を請求できる。投票結果(賛否)が全投票資格者の4分の1以上の場合は、市長や議会に尊重義務が生じる。

 投票資格者は市内在住の男女18歳以上で、市内に3カ月以上居住する在日外国人や、在留資格を取得し国内に3年以上、市内に3カ月以上定住する外国人にも付与される。

 重要事項は、病院や産廃施設の建設、学校統廃合などで、市長のリコールや議会の解散、憲法改正、外交、防衛などは対象外としている。昨年11月に山下真市長の諮問機関の市民自治推進会議が条例案をまとめ、市のホームページなどで公開。市民に意見を求めるパブリックコメントを1カ月間実施したが、「外国人参政権を認めるのか」などと苦情が殺到した。


このため、当初は、市内で米軍基地が建設される構想があった場合、「市民の意思を明確に国に表明するための投票は可能」という条文が条例案に盛り込まれていたが、反発を受けて削除。市は今後、パブリックコメントの意見を踏まえた同会議の答申を得て、3月の定例市議会に条例案を提出する方針だ。同市によると、外国人に条例による投票権を認めているのは広島市大阪府岸和田市三重県名張市など全国に複数あり、同市市民活動推進課は「生駒市だけが特別ではない」としている。

 山下市長は産経新聞の取材に「外交・安保などナーバスな話題が取り上げられるわけではない。身近な問題が中心で、国民主権と相反する問題ではない」とコメントしている。



外国人参政権に詳しい独立総合研究所社長・青山繁晴氏の話

 「参政権は日本国民に限られ、外国人に投票権を与えることは違憲の疑いが濃厚だと考えている。生駒市の条例の場合、4分の1という少数の票を固めれば市政に大きな影響をもたらすことが可能になり、外国側の『姿なき浸透』を許してしまうきっかけになるのではないか」




━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



国民、市民の意見を求めるなら外国国籍の意見をきくなバカ


関連記事

自治体の無警戒

Category: 危険な法案  

22市町に外国人住民投票権 自治体の無警戒さ浮き彫りに



市政の重要事項の是非を市民や定住外国人に直接問うと定めた「市民投票条例」の制定を目指す奈良県生駒(いこま)市のほかに、事実上の外国人地方参政権容認につながる条例を制定している自治体が少なくとも22あることが8日、産経新聞の調べで分かった。条例をめぐり、外国勢力の動きが見え隠れするケースもあった。国家意識が希薄になる中で、国籍条項を顧みず、なし崩しに走る自治体の無警戒ぶりが浮かぶ。

 一定の要件を満たせば原則議会の議決なしで住民投票を実施できるとした「常設型住民投票条例」は平成14年9月、愛知県高浜市で初めて制定。投票資格者の年齢を「18歳以上」と定め、永住外国人にも付与したことで話題となった。

 条例制定はその後広がったが、当初は投票資格などに一定の条件を課すのが一般的だった。ところが、こうした条件はどんどん緩和され、在日米軍基地を抱える神奈川県大和市では制限がないままに16歳以上の日本人と永住・定住外国人による住民投票を容認する条例が制定されている。


住民投票条例ではなく、「自治基本条例」で住民投票を定め、規則で永住外国人の投票を容認した東京都三鷹市のようなケースもある。自治基本条例で「市内に住所を有する市民による市民投票」と定めたうえで、「市民とは市内に在住、在勤、在学する者、または公益を目的として市内で活動する者」と「市民」の定義を大幅に広げた埼玉県川口市や、「市長は、住民投票で得た結果を尊重しなければなりません」と住民投票に拘束力があるかのように定めた東京都多摩市のような条例もあった。

 「平成の大合併」と呼ばれた市町村合併の際、永住外国人に「住民投票権」を付与して合併の是非を問うた自治体も多かった。在日本大韓民国民団(民団)による地方議会への働きかけで、永住外国人に投票権を付与するよう条例を改正した埼玉県岩槻市(現さいたま市、条例は合併で失効)や三重県紀伊長島町(現紀北町、同)の例が民団の機関紙「民団新聞」で明らかにされている。


関連記事

« »

01 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。