FC2ブログ

今日ボクが見た風景

愚民が選んだ愚民党

Category: 政治  


腑抜けた国民

後悔しても遅い

日本は今カタチを変える

義は滅び

愚が栄える

ヤラレル前にヤルカ

それとも

義と共に・・・
関連記事
スポンサーサイト



こんな自作自演が氾濫する日本

Category: 在日・パチンコ  


日本人の皮を脱げ在日

お前らのような奴が居る内は

日本人は在日を認めない

同情もしない

特権も剥ぎ取ってやる

腐れ外道
関連記事

天皇陛下の御誕生日、心より御祝い申し上げます。

Category: 日出処ノ天子  



テレビ報道との違いをご堪能頂けましたら幸いです。

今年も皇居にて天皇誕生日一般参賀を取材させていただきました。

喜寿を参賀されている方達とともに祝うことができ、日本人として至福なひとときとなりました。
今年も臨場感をご堪能頂けましたら幸いです。
そしてまた、テレビ報道が何の目的で何を隠蔽しているのか、一人でも多くの人に感じ取って頂けましたら幸いです。

天皇陛下の御誕生日、心より御祝い申し上げます。

報道革命 http://FreeJapan.TV 代表 坪田恒・動画も転載フリー

★ FreeJapanTVの日本一 http://freejapan.tv/?one  ★ご支援口座番号 三菱東京UFJ 浦和支店 普通810408 ツボタ ヒサシ

関連記事

神風特攻隊 「国破れても国は滅びず」

Category: 戦争  





関連記事

米バージニア州銃乱射事件に見る米国の本音

Category: 在日・パチンコ  

関連記事

日本の佳き未来を願い

Category: 日出処ノ天子  

今日ボクが見た風景


今日ボクが見た風景

奉祝・天長節(天皇誕生日)


天皇陛下76歳
 天皇陛下が喜寿を迎えられました。陛下益々のご健勝と皇国の弥栄を心よりお祈り申し上げます。博士の独り言/両陛下の尊影を宮内庁ホームページより引用

----------

陛下のこの一年


 天長節を奉祝いたし、両陛下のご健勝と皇国の弥栄を謹んで祈念いたします。今上陛下におかれては喜寿をお迎えになられるに際し、本年も執務実(まこと)にご多忙の中、心温まる行幸、お言葉の数々を国民の私達に賜りました。陛下は常に国民ととも在られる。このことを先祖代々の日本に生まれたる一人として誠に有り難く、なおも有難く存ずる次第です。 ここで、陛下の本年のご事跡を拝したく存じます。

  以下、宮内庁ホームページより参照

 天皇陛下には本年,つつがなく喜寿をお迎えになりました。

 陛下はこの1年も国事行為としてほぼ毎週2回のご執務を行われ,内閣よりの上奏書類等885件にご署名やご押印をされました。宮殿では,そのほか,内閣総理大臣の親任式,認証官任命式(国務大臣始め136名),新任外国大使の信任状捧呈式(32名),勲章親授式(大綬章,文化勲章)及び勲章受章者の拝謁などの儀式や行事に臨まれました。また,各省事務次官,日銀総裁などのご進講も受けられました。また,皇后陛下とご一緒に各界優績者の拝謁のほか,午餐や茶会など多くの行事に臨まれました。今年はバンクーバーにて冬季オリンピック競技大会及び冬季パラリンピック競技大会が行われたため,それぞれの入賞者をお茶に招かれ,健闘をたたえられました。御所では両陛下で恒例の日本学士院会員,日本芸術院会員,文部科学省研究振興局長ほか,青年海外協力隊帰国隊員及び青年・シニアの海外ボランティア代表,国際交流基金賞受賞者などとお会いになったほか,定例の外務省総合外交政策局長によるご進講や各種行事に関するご説明などが合わせて47回ありました。このほか勤労奉仕団,賢所奉仕団や新嘗祭のための献穀者に対し54回のご会釈がありました。

 今年は外国へのご訪問はありませんでしたが,来日した大勢の外国の賓客を宮殿や御所で接遇されました。宮殿では,5月にカンボジア国国王陛下を国賓として迎えられ,宮中晩餐を催されました。そのほか,公式実務訪問で来日した,メキシコ国大統領夫妻,ラオス国国家主席夫妻,ルーマニア国大統領夫妻,ガーナ国大統領,モンゴル国大統領夫妻,ボリビア国大統領のため午餐を催されました。また,来日した東ティモール国,アフガニスタン国,エクアドル国,ボツワナ国,グアテマラ国,ジブチ国の各大統領,ガボン国大統領夫妻及びブルネイ国国王陛下とご会見になりました。そのほか,ポーランド国上院議長,マレーシア国首相夫妻,欧州理事会議長夫妻及び欧州委員会委員長,スウェーデン国国会議長,ラオス国国民議会議長夫妻,中華人民共和国国務院総理,スペイン国首相,トルコ国大国民議会議長,インド国首相夫妻,バングラデシュ国首相をご引見になりました。新任の外国大使夫妻を招かれてのお茶,日本滞在が3年を超える外国大使夫妻のための午餐,離任する大使夫妻のご引見は例年どおり行われました。一方,日本から外国に赴任する大使夫妻にも皇后陛下と共にお会いになっており,また,赴任先から帰国した大使夫妻をお茶に招かれて、任地の話をお聞きになりました。御所ではヨルダン国国王陛下と王族方,オランダ国皇太子殿下,タイ国王女シリントン殿下,同国王女チュラポン殿下,モナコ国アルベール2世公殿下と同婚約者をご昼餐・ご夕餐に招かれました。また,APEC首脳会議のため来日したカナダ国首相夫妻をご夕餐にお招きになり,昨年同国ご訪問時の接遇に謝意を表されました。

 都内及び近郊へのお出ましとしては,陛下は国会開会式に臨まれ,また,両陛下にて全国戦没者追悼式を始め,毎年ご臨席になっている日本国際賞,国際生物学賞,日本芸術院賞,日本学士院賞などの授賞式のほか,今年も数多く行われた各種周年記念式典などへのご臨席があり,節目の年の式典ではお言葉を述べられました。今年も5月のこどもの日,9月の敬老の日のほか,12月の障害者週間それぞれにちなんで,関連施設をご訪問になり関係者を励まされました。また,6月には産業施設のご視察として,微細製造技術を有する医療用器具の製造会社に行幸になり,産業奨励のご意向を示されました。都内及び近郊へのお出ましは合計45回ありました。

 例年ご臨席になっている日本学術会議主催の国際会議としては,3月に(平成21年度分)京都府で行われた第14回国際内分泌学会議オープニングセレモニー及びレセプションに,また8月には(平成22年度分)茨城県で行われた第21回IUPAC化学熱力学国際会議開会式及びレセプションにご臨席になりました。

 今年の公的な地方行幸啓は9府県(京都,神奈川,静岡,岐阜,愛知,茨城,千葉,奈良,埼玉)にわたりました。全国植樹祭(神奈川),全国豊かな海づくり大会(岐阜),国民体育大会(千葉)などの式典にご臨席になり,併せて,地方の文化,福祉,産業の事情をご視察になりました。今年は平城遷都1300年に当たり,奈良市での記念祝典にご臨席になるとともに地方事情をご視察になりました。その折に平城京最初の元明天皇及び最後の光仁天皇の御陵にご参拝になったほか,ご由緒寺院などをご訪問になりました。この1年に公的に地方行幸啓先でご訪問になった市町村数は29市,5町,1村になります。

 今年は須崎御用邸に4月上旬にお出ましになりましたが,その途次,真鶴町(神奈川県)の魚つき保安林や伊東市(静岡県)の里山「池のさと」をご散策になりました。また,7月に那須御用邸にお出ましになり,例年どおり農家をご訪問されたほか,一昨年環境省に移管された旧那須御用邸用地を那須自然保護官と共にご散策になり,自然を楽しまれました。

 宮中祭祀は,陛下は恒例の祭典のほか,東山天皇三百年式年祭,反正天皇千六百年式年祭,孝安天皇二千三百年式年祭,應神天皇千七百年式年祭などこの1年に執り行われた 28回の祭典に列せられました。なお,昨年より新嘗祭は「夕の儀」は従来どおり出御になり「暁の儀」は時間を限ってお出ましになっており,また毎月1日の旬祭は5月と10月以外はご代拝により行われています。

 「日本産魚類検索-全種の同定」には,陛下はその第一版(平成5年)からハゼ類の項目に関わってこられましたが,この度,その第三版の改訂が行われることになり,皇居内生物学研究所で,月に3回ほど編集者の中坊徹次京都大学教授と生物学研究所の職員らを交えて,ハゼの分類の検討を行っていらっしゃいます。月に1度,国立科学博物館分館で開催されます魚類分類研究会に,今年は6回お出ましになっています。また,2月には国立科学博物館で開催された天皇陛下御即位20年記念展示「ハゼの世界とその多様性」を皇后陛下とご一緒にご覧になりました。

 陛下は今年も例年どおり,皇居内生物学研究所の田で種籾(たねもみ)のお手まき,お田植えをなさり,お手刈りをなさいました。また,粟(あわ)はお孫様方とご一緒に種をまかれ,刈り取られ,新嘗祭の折,お手刈りになった水稲と共にその一部をお供えになりました。また,神嘗祭に際しては,お手植えになった根付きの稲を神宮にお供えになりました。

 陛下は平成15年の前立腺がんのご手術後,再発に対するご治療としてお続けいただいているホルモン療法の副作用として骨密度の低下による骨粗鬆症(こつそしょうしょう)発症の予防を始めご健康維持のため,ご運動に努めていらっしゃいます。早朝には御所の近くを,また日曜日の朝には東御苑をご散策になり,ご公務のない週末や休日にはテニスなどのご運動に努めていらっしゃいます。2月初めに急性腸炎様のご症状がみられ,検査の結果,ノロウイルスによる急性腸炎と診断されました。また,6月,葉山御用邸にご滞在中,発熱など感冒のご症状があり,大事を取って御用邸からのお出ましを一部お取りやめになりました。

天皇陛下は12月23日,77歳のお誕生日をお迎えになります。

 当日は,午前9時に賢所における天長祭の儀のご拝礼をお済ませの後,宮殿で皇族方を始めとし,5回にわたり祝賀をお受けになり,また皇族方とお祝酒を共にされます。なお,この間3回にわたり長和殿ベランダに立たれ国民の参賀にお応えになります。午後は三権の長,閣僚,各界の代表者などとの宴会に臨まれた後,元側近奉仕者などとの茶会,次いで外交団を招かれての茶会に臨まれます。その後,御所に戻られ,侍従職職員からの祝賀をお受けになり,夕方には,この日最後の行事であるご進講者,ご関係者との茶会に臨まれ,非公式にお孫様方のご挨拶を受けられた後,皇后様,お子様方ご夫妻とお祝御膳をおとりになります。

 (以上、
宮内庁ホームページ より参照)(陛下 記者会見
-----------

日本の佳き未来を願い


 先帝陛下、および歴代陛下の時代に、慶びと苦難とを共にされた無数の臣民方々と無数の先達諸侯の恩功を偲び、幾多の先人の恩恵あればこそ、現下の国土と実りと我が身の存在ありと感謝いたし、毅然たる日本の恢復を願って止みません。今後に多少の紆余曲折、艱難辛苦が重なろうとも、この日本が、本来在るべき原点に立ち還る時は必ず来る。良識英民のみなさまの存在が、子々孫々の世代から感謝される時は必ず到来します。その後裔の世代が今日の時代を振り返り、今の時代を考証する時に、国思うみなさまと共に、日の丸のもとに胸を張れる一人でありたく思います。

平成22年12月23日


島津 義広


関連記事

・・・。

Category: 日本の病原  


創価学会

バーニング

・・・。


関連記事

麻生太郎 vs 鳩山由紀夫

Category: 政治  

関連記事

ジェネレーションY~地球未来図~

Category: 報道  


品川・・・創価学会吉本芸人
NHK・・・不払い宣言するぞ


自分の環境を変えれるのだから
選挙権を持てる国で暮らす選択権もあなた方にありますね

税金は日本で生活するうえで使用するインフラに対するもの
これは義務であり参政権を得る権利には値しません


極論で言うと解りやすいです

もし、あなたの国と日本が戦争したとしたら
あなたはどうしますか?

おそらくは自分の国に帰り敵国日本と戦うでしょう

参政権を持ち、日本の政治を変え有事の時には日本を捨てる

無責任だとは思わないのですか?

参政権とはその国と運命を共にする者にだけ

与えられるもの

同時に国民はその責任も担うのです


あなた方は日本国民ではありませんから

日本と云う国とその政治に対し何の責任もありません

ですから、限られた時間、楽しい日本生活を送り

良い思い出をつくり帰国してください

永住を決意されたのなら、つまりこの国で死ぬ気でおられるのなら

日本国籍の取得をお勧めします

この国を愛して頂けるのは国民としてとても嬉しい

当然政治に参加する資格も発生いたします


反面、反日精神で日の丸を焼いたり踏んだり出来る方には

その資格すら無いのは云うまでもありません


国籍と云うモノを簡単に考えてはいけない


利益や権力の為だけに自分の国籍を捨てる方もおられるようですが

日本人に成りすまし政界にもぐりこみ

同胞を増やすことに躍起ですね

この方々が捨てたのは国籍だけでなく人としての良心とプライドであり

下劣で卑怯で(ニュートラル)で、信用のない 卑しく

哀れな人間の姿です





関連記事

バカの愛が日本を滅ぼす

Category: 売国奴  


バカである




関連記事

岡崎トミ子などと同じ穴のムジナのアホ

Category: 売国奴  



今日ボクが見た風景


<帰国後受けた総聯系新聞のインタビューでは「日本海」をわざわざ「朝鮮東海」と言い換えて答えていました>という内容については、下記のような記事がネットで検索出来ます。


 中央と地方の役割

 ―朝・日間では過去の清算問題がいまだに解決されていない。日本ではいわゆる「北朝鮮脅威論」が世論をミスリードし、有事立法の制定といった動きもあるが。

 朝鮮の人々がそれに対してどのような見解を抱いているかは正確には知らないが、日本の国会で有事立法のような問題が論議されるからといって、日本社会全体が軍国主義復活の道に進もうとしているわけではない。例えば、われわれのような地方の人との交流を行えば、それがはっきりと分かるだろう。

 地域間交流を進めるうえでは、過去の歴史問題をはじめ基本的な問題について認識を深めておくことが必要だ。両国間の懸案問題について言えば、日本では「拉致問題」と関連した世論が存在する。朝鮮ではそれを「行方不明者」として扱っている。いずれにせよ政府間交渉の障壁となっていることに間違はいない。

 だからといって、そうした問題の解決に地域があたることはない。基本的な問題は正確に認識する必要はあるが、そうした論議は政府に任せ、地域では独自のことを推し進めていくべきだ。そのような過程で、基本的な問題も自然に浮上していくのではないか。それがバイパスという意味だ。全員が中央政府のようなことを言っていては一歩も進まない。

引き続き交流の論議

 ―地域交流の展望は。

 朝・日友好親善協会の宋浩京会長と会談した際、地域交流をいかに進めていくかという論議を今後も引き続き深めていくことで一致した。これと関連した実務協議も行った。

 われわれは羅先市と境港市の間に定期航路を開設するという構想を持っている。まずは人の往来、交流を増やしていくことが必要だ。

 私も機会を見つけて再び朝鮮を訪れたい。次回は平壌だけではなく、地方都市にも行ってみたい。とくに日本海、いや朝鮮東海の沿岸地帯などを回ってみたい。 (金志永記者)

朝鮮新報 平成十四年八月八日 

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2002/8/0809/61.htm


 「朝鮮東海」という言い換えよりも、


<「拉致問題」と関連した世論が存在する。朝鮮ではそれを「行方不明者」として扱っている。いずれにせよ政府間交渉の障壁となっていることに間違はいない。だからといって、そうした問題の解決に地域があたることはない。>

という発言の方が知事として問題ではないだろうか。


  そして、翌平成十五年七月二日玄界灘で鳥取県境港市の共和水産(株)所有の巻き網漁船「第十八光洋丸」が、南朝鮮の興亜海運のコンテナ船「フンア・ジュピター」に衝突されて沈没し、乗組員一人が死亡、六人が行方不明になったという朝鮮人による玄界灘殺人事件 、行方不明者を必死で捜索中に、片山善博が何をしていたかというと、伝統旅館の女将などと一緒に観光交流促進のために韓国を訪問していた。


http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/07/04/20030704000030.html

 <鳥取県PRのため本社を訪問した片山善博知事

2003年7月4日、朝鮮日報

(一部抜粋) 日本の片山善博鳥取県知事(51)が4日、伝統旅館の女将など、観光交流促進のための使節団と共に訪韓した。


片山知事はこの日、朝鮮(チョソン)日報社を訪問して「イラク戦争、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核問題、重症急性呼吸器症候群(SARS)などの影響で、相互の往来が激減した」としながら、「来月には鳥取に美しい『日韓友好交流公園』も誕生するので、多くの人に訪れてほしい」と述べた。>


つまり片山氏は北朝鮮だけでなく、南朝鮮にも「非常に」気を遣っているのです。

 片山氏の著書「地域交流が外交を変える」(剱持佳苗プロローグ、エピローグ 光文社新書 平成十五年)によると、朝鮮とのつながりは、片山氏が自治省の役人時代の昭和五十九年(一九八四年)に海外における土地対策の調査で南朝鮮に行った事がきっかけで、その後、独学で朝鮮語(片山氏は韓国語と書いています)を勉強して身につけ、その後何度か南朝鮮に行ったそうです。

(同書 p九十九~百二より抜粋)


 そして、片山氏は同書に「鳥取県はいち早く外国人に対する偏見のなくなった地域ではないだろうか」として下記のように書いています。

<たとえば、県庁では在日韓国人の方が何人も働いている。そのうち公務員試験を受けて入ってきた一般職の職員も二人いる。日本国籍のない在日朝鮮人を一般職として受け入れているのは、今のところ四十七都道府県のなかで鳥取県だけだと思う。他県では、在日韓国人に対して試験の門戸を開いているところはあるが、受け入れるまでには至っていない。 

合格させないのか、優秀な人材が公務員試験を受けないのか、どちらかわからない。

 しかし、在日でも二世や三世ともなれば日本人同様言葉も意識も考え方も日本国民と同じで、かつ能力も備わった人材であるなら、たとえ日本国籍がなくても合格させるべきと私は思う。>

(同書p百二十五)


 つまり、片山氏にとり「外国人」とは在日朝鮮人であり、その在日朝鮮人の優秀な人間を公務員として鳥取県は初めて採用したと自画自賛しているわけです。

 しかし、その「日本人同様言葉も意識も考え方も日本国民と同じ」「二世・三世」の「外国人」という異常な存在をどのように考えているのでしょう。


 外国人と国民とが同じ権利を有している国はありません。

 その同じ権利を求めているのが、「在日朝鮮人」という異常な存在の外国人たちなのです。

「在日コリアンの権利が、日本国籍を持っている人と比べて一つでも欠けることがあってはいけない」

(平成二十一年十二月十二日 鳥取市尚徳町で行われた永住外国人に地方参政権を付与する法案の早期立法化を目指したシンポジウムにて李宇海弁護士)


 片山氏は同書で

<外国人に対する偏見がなくなるという事は、人権に対する感覚も鋭敏になるということだ。>

(同書p百二十五)

 と書いています。



 それを裏付けるように、片山氏は「人権擁護法案」の地方版とも言える条例の制定に心血を注ぎます。

 片山氏は知事在任中の平成十四年六月の県議会一般質問において「地方レベルの人権救済制度の必要性」を表明し、平成十六年十二月にいわゆる人権擁護法案の地方版ともいえる「鳥取県人権救済手続条例案」という我が国で初めての条例を提案し、県議会に提出し、修正後「鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例」が平成十七年九月十二日に県議会で可決成立し、翌平成十八年六月一日に施行することとされたが、結局、平成十九年四月、片山氏の退任に伴い新知事として平井伸治氏が就任し、平成二十一年三月二十五日、施行されないまま廃止されました。


 つまり、今の「朝鮮人・支那人」のための民主党政権だからこそ、必要とされ組閣の一員となるべくしてなった片山善博氏なのです。

 岡崎トミ子などと同じ穴のムジナのアホ


関連記事

中国人の土地買い占め

Category: 政治  
鳥取県、三朝温泉が中国人に買い占められていた
  北海道でもニセコ別荘地のほかに23ヘクタールが「中国系」
**************************************

 水資源と森林資源がつぎつぎと中国資本に買い占められている。
 何が狙いなのか。
不気味な動きが伝えられてきたが、ついにNYタイムズが特筆して報道した(30日)。
 
 中国資本による日本企業買収はまだ1億2000万ドル程度(中小零細企業だから)。
 北海道の森林地帯が23ヘクタールも買われたことが騒がれ、調べると『中国系』。さらによく調べると香港を拠点のフランスのデベロッパーということが分かった。

 ニセコ別荘群に投資しているのは中国最大最強の投機集団「温州」の商人らで、開発したのはニトリである。
 三重県でも相当の森林資源が中国系企業によって買い占められ、話題を呼んだ。

 そして鳥取県三朝温泉郷。「そりゃ日本人に売りたいけど、買いに来たのは外国人だった。温泉にくる外国人も殆どが中国人」と地元の不動産業者。温泉旅館の女将も「歓迎」(フアンイン)と中国語を覚えているそうな。
 
 鳥取の温泉は皆生温泉(米子市)のほうが有名、近くに「ゲゲゲ」の水木しげる通りがある境港をひかえ、観光客はこちらに集中したが、県央倉吉の南郊外に開けた温泉郷は客足が遠のいていた。開発が裏目に出て、大リゾート計画も暗礁に乗り上げ、新しい出資者を捜してきた。
 三朝温泉開発に乗り出すのは上海のデベロッパーと言われる。
    
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関連記事

« »

12 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク