FC2ブログ

今日ボクが見た風景

キーストン

Category: 稀代の優駿たち  


そこには信頼関係や
愛情が存在する

掛け替えの無い絆が生まれた時
単に経済動物として扱えない人の心

その悲哀を感じると

馬を競馬を
愛さずにはいられない




6歳から種牡馬入りすることが決定していたキーストンは現役最後のレースとして大レースである有馬記念ではなく地元阪神競馬場で開かれる阪神大賞典(2007年現在の3月開催の芝3000mと異なり当時は12月開催の芝3100m)に出走し、5頭立ての少頭数ではあったが、堂々の1番人気に支持されていた。

キーストンはいつものようにスタートから快調に逃げ続けた。4コーナーを回った時点では、他馬に差を詰められたものの、まだ手応えには余裕があった。しかしながら、直線を向いて追い出しを図った一瞬、ゴール手前約300mの地点で突然キーストンは「左前第一指関節完全脱臼」を発症、前のめりにバランスを崩して、騎乗していた山本正司は落馬してその衝撃で脳震盪を起こして意識を失った。

キーストンの左前足は、かろうじて皮一枚でつながっている状態であったが、残る3本の脚で昏倒する山本の元へと近付いて行き、まるで安否を気遣うかのように鼻面を摺り寄せた。それにより意識を回復した山本は、キーストンが激痛で暴れないようにと手綱を抑えて首を抱き、近づいてきた来た馬場係員に手綱を預けたのち、再び意識を失って倒れた。

本命馬の競走中止という事態に、観客席は騒然となったが、この出来事を目にした観客達は、やがて息を呑み沈黙したという。また、関西テレビのアナウンサー・松本暢章による実況も、次第に涙声になっていった。そして、キーストンはその日のうちに、予後不良として安楽死の処置を施された。

その後山本は騎手に復帰し、数年後には騎手を引退して調教師に転身したが、それからも、山本はキーストンの事を思い出すと、涙が止まらなくなってしまうと語っている。

このエピソードは人と馬の絆の深さを象徴するものとして現在でも語り継がれている。

$今日ボクが見た風景



キーストンの血統 (フェアウェイ系(ファラリス系)
Polymelus5×5=6.25%、Orby5×5=6.25%)


*ソロナウェー
Solonaway
1946 鹿毛 Solferino 1940
鹿毛 Fairway 1925 Phalaris
Scapa Flow
Sol Speranza 1934 Ballyferis
Sunbridge
Anyway 1935
鹿毛 Grand Glacier 1923 Grand Parade
Glaspia
The Widow Murphy 1927 Pomme-de-Terre
Waterwitch



*リツトルミツジ
Little Midge
1957 鹿毛 Migoli 1944
芦毛 Bois Roussel 1935 Vatout
Plucky Liege
Mah Iran 1939 Bahram
Mah Mahal
Valerie 1939
鹿毛 Sir Cosmo 1926 The Boss
Ayn Hali
Dereham 1931 Friar Marcus
Lysandra F-No.11-f

関連記事
スポンサーサイト



« »

02 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク